兼六園とは?

けんろく‐えん〔‐ヱン〕【兼六園】

石川県金沢市にある池泉回遊式庭園加賀藩主前田侯の庭として延宝年間(1673〜1681)ころ造られ、文政年間(1818〜1830)に補修宏大(こうだい)・幽邃(ゆうすい)・人力蒼古(そうこ)・水泉眺望の六勝を兼ね備えることから名づけられた。岡山後楽園水戸偕楽園(かいらくえん)とともに日本三名園の一。

兼六園の画像

兼六園 (石川県)

名称
兼六園
区分
特別名勝
所在地
石川県金沢市兼六町

資料一覧
解説
金沢城外郭にあたる家臣居住区域に,延宝4年(1676)に五代藩主前田綱紀造営した蓮池庭を造営したのを契機として,文政5年(1822)に十二代斉広が敷地東南隅の台地竹沢殿を建て,新しく造営したのが兼六園である。蓮池門に掲げられた園名の扁額松平定信の筆になる。十三斉泰のときに大改修が行われ,8km遠方から辰巳用水を引いて池に導き瀑布曲水噴泉など多彩な景を造りだした。

兼六園

名称: 兼六園
ふりがな けんろくえん
種別 特別名勝
種別2:
都道府県 石川県
市区町村 金沢市兼六町
管理団体 石川県(大11・11・6)
指定年月日 1922.03.08(大正11.03.08)
指定基準 名1
特別指定年月日 昭和60.03.20
追加指定年月日 大正13.02.28
解説文: 石川縣経営ニ属シ明治七年之ヲ公園ト爲ス舊ト加賀藩主前田氏別墅ニシテ文政年中大成セラレ松平定信名リルニ兼六園ヲ以テス洛陽名園記所謂宏大幽邃人カ蒼古水泉眺望ノ六勝ヲ兼ヌトノ意ニ出ツ其ノ名能リ其ノ景致ニ適ヘリトシテ称セラル

金沢城外郭にあたる家臣居住区域に,延宝4年(1676)に五代藩主前田綱紀造営した蓮池庭を造営したのを契機として,文政5年(1822)に十二代斉広が敷地東南隅の台地竹沢殿を建て,新しく造営したのが兼六園である。蓮池門に掲げられた園名の扁額松平定信の筆になる。十三斉泰のときに大改修が行われ,8km遠方から辰巳用水を引いて池に導き瀑布曲水噴泉など多彩な景を造りだした。

兼六園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 02:18 UTC 版)

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール




  1. ^ a b c 「日本の道100選」研究会 2002, p. 100.
  2. ^ ミシュラン観光版で兼六園が三つ星に-石川県内から21カ所が掲載、金沢経済新聞、2016年3月30日閲覧
  3. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 101.
  4. ^ 開園時間・入園料等 兼六園めぐり、兼六園観光協会、2019年6月8日閲覧
  5. ^ a b 兼六園の歴史、兼六園HP、2016年3月30日閲覧
  6. ^ 入園券
  7. ^ この時代には「兼六公園」という通称もあった。兼六園下交差点やバス停はこれに倣って「公園下」の名称で呼ばれた時代もある。
  8. ^ 洛陽名園記
  9. ^ 天理図書館報ビブリア. (学)天理大学出版部. (2012年10月 2012) 
  10. ^ a b 長山 2007.
  11. ^ 橋本確文堂 1997資料編
  12. ^ 橋本確文堂 1997本編
  13. ^ 北陸中日新聞 平成6年6月21日
  14. ^ a b 明治紀念之標、兼六園図鑑(石川新情報書府)、2016年3月30日閲覧
  15. ^ 唐崎の松、兼六園図鑑(石川新情報書府)、2016年3月30日閲覧
  16. ^ 下郷稔著『兼六園歳時記』(能登印刷出版部 1993年
  17. ^ 成巽閣のみどころ、成巽閣HP、2016年3月30日閲覧
  18. ^ 金沢市防災マップ ~校下(地区)別~ 金沢市役所、2016年5月11日閲覧。
  19. ^ 人口統計ラボ 石川県金沢市兼六町2016年5月11日閲覧。
  20. ^ a b 町丁別人口・世帯数【改正後】”. 金沢市 (2018年4月1日). 2018年4月24日閲覧。
  21. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月24日閲覧。
  22. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年4月24日閲覧。
  23. ^ 『官報』号外第70号、昭和40年6月15日「自治省告示第91号」
  24. ^ 金沢市立小中学校通学区域一覧”. 金沢市. 2018年4月24日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兼六園」の関連用語

兼六園のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兼六園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright © 2021 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兼六園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS