小屋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 小屋 > 小屋の意味・解説 

こ‐や【小屋】


しょう‐おく〔セウヲク〕【小屋】

読み方:しょうおく

小さな家。こや。

自分の家へりくだっていう語。


小屋

作者小池まや

収載図書微弱陣痛
出版社近代文芸社
刊行年月1993.11


小屋

作者田畑立郎

収載図書小屋
出版社美研インターナショナル
刊行年月2005.7


小屋

作者三砂ちづる

収載図書月の小屋
出版社毎日新聞社
刊行年月2008.1


小屋

読み方:こや

  1. 芝居をする建物即ち今で云へば劇場のこと。〔歌舞伎
  2. 劇場のこと。小屋掛けをして芝居演じたことから始つた。
  3. 劇場映画館。〔掏摸
  4. 劇場演芸場芝居小屋省略。〔盗〕
  5. 興行に使う建造物総称で、昔仮設小屋で芝居をしたのに始まる。

分類 掏摸歌舞伎、盗/犯罪芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小屋

読み方:オヤ(oya)

所在 福井県小浜市


小屋

読み方:コヤ(koya)

所在 山形県西置賜郡飯豊町


小屋

読み方:コヤ(koya)

所在 茨城県石岡市


小屋

読み方:コヤ(koya)

所在 茨城県結城郡八千代町


小屋

読み方:コヤ(koya)

所在 千葉県流山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小屋

読み方
小屋おおく
小屋おおや
小屋こや

小屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 16:21 UTC 版)

小屋こや: hut ハット、: Hütte ヒュッテ)とは、小さくて簡単な造りの建物[1]




  1. ^ 大辞林「小屋」
  2. ^ 日本では、禅宗で「座して半畳、臥して一畳」などと言い、また、俗に「起きて半畳、寝て一畳」や「「座って半畳、寝て一畳」などとも言い、「生きる」ということであれば、実際には小屋程度の空間があれば、工夫しさえすれば、人間は快適に生きてゆくことができる。また、洋の東西を問わず、「小欲知足」(しょうよくちそく、おのれの内に起こる欲を小さくして、むしろ わずかなもので足りることをさとり、それによって深い幸福感を実感して暮らすこと。)で幸せに暮らしている人々がいる。
  3. ^ ひとつには、ECの対日経済戦略報告書において、「日本は、ウサギ小屋に住む仕事中毒者の国だ」と記述された、と理解されたからである。ただし(ウサギ小屋を)「『小さく狭い家』、と訳すのは誤訳だ」という人もいて、「本来は集合住宅を指す用語だった」と言う人もいる。後述。なお、アメリカでは郊外に家を持つ人々では、たしかに通常 広い家に暮らしている人は多いが、大都市では家賃は高く、狭い部屋に住んでいる人々もいる。日本でも、田舎では、昔から現代まで、かなり広い家屋に暮らしている人々もいる。
  4. ^ 『日本は世界で第何位?』(岡崎大五著・新潮新書)


「小屋」の続きの解説一覧

小屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/28 01:33 UTC 版)

白馬鑓温泉」の記事における「小屋」の解説

山小屋である「白馬鑓温泉小屋」だけが季節営業している一軒宿秘湯温泉街存在しない例年7月上旬から9月下旬だけの営業で、期間外閉鎖され建物雪崩避けるために解体される毎年6月下旬から小屋の組み立て行っている組み立て解体容易な構造のため、簡素な造り山小屋である。自家発電温泉山小屋のため、21時以降は消灯となる。 「白馬鑓温泉小屋」は山小屋あるため部屋相部屋であり、食事一般温泉旅館と比べて簡素である。また、混雑期1つのふとんに2人で寝るほど混雑することがあるみやげ物としては、山小屋売店に「白馬鑓温泉ロゴ入りタオルTシャツなどがある。 解体式の山小屋 キャンプ指定地

※この「小屋」の解説は、「白馬鑓温泉」の解説の一部です。
「小屋」を含む「白馬鑓温泉」の記事については、「白馬鑓温泉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小屋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小屋

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:44 UTC 版)

和語の漢字表記

(こや)

  1. こやを参照

「小屋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白馬鑓温泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS