組み立てとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 組み立ての意味・解説 

くみ‐たて【組(み)立て】

読み方:くみたて

組み立てること。また、その方法。「機械の―」

組み立てたものの構造構成組織。「内部の―を調べる」「文の―が良くない


組み立て

読み方:くみたて

タ行下一段活用動詞「組み立てる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

組み立て

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/18 17:06 UTC 版)

SNAREタンパク質」の記事における「組み立て」の解説

SNAREタンパク質小胞融合必要な力を提供するためには、トランスSNARE複合体へと組み立てられなければならない。4本のαヘリックス(シナプトブレビンとシンタキシンから1本ずつSNAP-25から2本)は集合してコイルドコイルモチーフを形成する。組み立て過程における律速段階はシンタキシンのSNAREドメイン結合である。このドメイン通常他のSNAREタンパク質相互作用できない閉じた」状態となっている。シンタキシンが「開いた」状態となると、各タンパク質N末端SNAREドメイン結合してトランスSNARE複合体形成開始されるSNAREドメインC末端向かってコイルドコイルモチーフを形成していく。 SMタンパク質Munc18(英語版)はSNARE複合体集合関与している考えられているが、その正確な機構未だ議論がある。Munc18はシンタキシンのSNAREドメイン結合して留め金のようにシンタキシンを閉じたコンフォメーション固定し、シンタキシンがSNARE複合体参加するのを阻害する。しかし、Munc18はトランスSNARE複合体の4-ヘリックスバンドルにも結合することができる。1つ仮説では、SNARE複合体の組み立ての間、Munc18の留め金はシンタキシンを閉じたコンフォメーションから解放する一方で、シンタキシンのN末端ペプチド結合したままであり(これによってシンタキシンのSNAREドメイン他のSNAREタンパク質結合できるうになる)、その後新たに形成された4-ヘリックスSNARE複合体へと再結合するとされる。この解離-再結合機構カルシウム依存的である可能性がある。この仮説はMunc18が小胞融合において重要な調節機能果たすという考え支持するもので、通常の状況ではSNARE複合体形成はMunc18によって妨げられているが、いったん形成開始されるとMunc18は融合触媒としてSNARE複合体の組み立て補助する

※この「組み立て」の解説は、「SNAREタンパク質」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「SNAREタンパク質」の記事については、「SNAREタンパク質」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 00:28 UTC 版)

ギャラクシートラッカ―」の記事における「組み立て」の解説

プレイヤーはこのタイミングで宇宙船作成を行う。このゲームのメインとなるフェーズに当たるすべてのタイル裏に配置され、組み立てを行うが、このゲームでは手番存在せず、全プレイヤー同時に手番を行う。最も早く組み立てを終了したプレイヤー砂時計回し制限時間設けることができる。なお、この時点でタイル1枚以上配置していれば、組み立て中にセットされ山札見て構わない山札4つ置かれ、うち3つプレイヤー手に取って確認することができる。

※この「組み立て」の解説は、「ギャラクシートラッカ―」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「ギャラクシートラッカ―」の記事については、「ギャラクシートラッカ―」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 17:48 UTC 版)

骨格標本」の記事における「組み立て」の解説

分類学的標本としてはこれで十分であるが、展示用などの場合、これらを生きていたときの状態につないで組み立てる。なお、現生動物であれば生きている状態わかっているので、それに合わせて組み立てればよいが、化石動物の骨がそろった場合、これをどのように組み立てるが正しいかは簡単には判断できない。これを生きていた状態を想定して組み上げられるようにするのを復元といい、古生物学においてはそれ自体大きな課題である。

※この「組み立て」の解説は、「骨格標本」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「骨格標本」の記事については、「骨格標本」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 08:17 UTC 版)

PC Building Simulator」の記事における「組み立て」の解説

顧客指定したゲームのスペック要望指定した予算 (日本円で4ないし5万以内等) に見合うマシン一から組み上げていく。パーツ組み込んだあとで正しく配線し、架空のOmega OSインストールする場合によっては3DMark実行して顧客望んでいる性能になっているかを確かめなければならない一部架空のメーカもあるが、AMDCooler MasterCorsair、EVGA(英語版)、Gigabyteなどの実在するメーカーともライセンス提携しており、実在するPCケースマザーボードグラフィックスボードHDDRAM電源使える

※この「組み立て」の解説は、「PC Building Simulator」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「PC Building Simulator」の記事については、「PC Building Simulator」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/23 00:53 UTC 版)

ケネックス」の記事における「組み立て」の解説

ロッドパーツに刻まれ窪みコネクタはめ込むという動作繰り返して何らかの形を題材とした物体構築していくのが基本的な遊び方である。ロッドパーツをコネクタパーツに組み合わせる方法は3パターンあり、ロッドパーツの先端部分をコネクタパーツにはめ込む方法、ロッドパーツの中腹部分をコネクタパーツへ垂直に連結する方法、そしてロッドパーツをコネクタパーツの中心の穴に通方法である。

※この「組み立て」の解説は、「ケネックス」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「ケネックス」の記事については、「ケネックス」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 19:19 UTC 版)

プチーチュカ」の記事における「組み立て」の解説

ブラン計画2機目のオービターの組み立ては1988年始まったほとんど完成していたが1993年計画正式に中止になり、完成はしなかった。いくつかの電子部品の組み立てが残っており、95-97%は完成していたとされる

※この「組み立て」の解説は、「プチーチュカ」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「プチーチュカ」の記事については、「プチーチュカ」の概要を参照ください。


組み立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 05:41 UTC 版)

ジュール・ヴェルヌ (ATV)」の記事における「組み立て」の解説

初のATV2002年4月9日公式にジュール・ヴェルヌ」と命名された。2003年1月末までにほとんどの部品組み立てられていた。これらの部品それぞれ異な工場作られたドッキングおよび燃料供給システムロシアRSCエネルギア作製し与圧部トリノのアレーニア・スパーツィオ、推進システムブレーメンEADSアストリウムが組み立てを行った推進システムブレーメン与圧部結合しその後機体試験のためにNoordwijkの欧州宇宙技術研究センター移された。2004年7月15日欧州宇宙技術研究センター到着した

※この「組み立て」の解説は、「ジュール・ヴェルヌ (ATV)」の解説の一部です。
「組み立て」を含む「ジュール・ヴェルヌ (ATV)」の記事については、「ジュール・ヴェルヌ (ATV)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「組み立て」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「組み立て」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「組み立て」の関連用語

組み立てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



組み立てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSNAREタンパク質 (改訂履歴)、ギャラクシートラッカ― (改訂履歴)、骨格標本 (改訂履歴)、PC Building Simulator (改訂履歴)、ケネックス (改訂履歴)、プチーチュカ (改訂履歴)、ジュール・ヴェルヌ (ATV) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS