合わせとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 合わせ > 合わせの意味・解説 

あわせ〔あはせ〕【合(わ)せ】

他の語と複合して用いる。

㋐物と物とを合わせること。「背中合わせ」「顔合わせ

比べ優劣を争うこと。「物合わせ」「歌合わせ

釣りで、当たりがあったときに、口に針がかかるようにする操作。さおの穂先すばやく持ち上げ動作など。

婚姻

「—の事ありて、同じ里より年かまへなる女房持ちしに」〈浮・諸国ばなし・四〉

《飯に取り合わせる物の意》おかず。副食物

「—いと清らに調じて」〈宇津保・国譲下〉

[下接語] 朝顔合わせ従兄弟(いとこ)合わせ・犬合わせ(うぐいす)合わせ・牛合わせ後ろ合わせ歌合わせ裏合わせ絵合わせ音合わせ・面(おも)合わせ・貝合わせ顔合わせ家族合わせ菊合わせ句合わせ食い合わせ草合わせ組み合わせ毛抜き合わせ香合わせ小鳥合わせ語呂(ごろ)合わせ・詩合わせ背中合わせ炊き合わせ抱き合わせ付け合わせ詰め合わせ手合わせ取り合わせ(とり)合わせ・根合わせ鉢合わせ花合わせ万句合わせ向こう合わせ虫合わせ文字合わせ物合わせ盛り合わせ


あわせ あはせ 【合・会】

〔名〕 (動詞「あわせる(合)」の連用形名詞化

① 物と物とを一つ重ねること。寄せてくっつけること。いっしょにすること。

日葡辞書(1603‐04)「ニマイ auaxeni(アワセニ) カミヲ コシラユル」

男女性行為男女交合

書紀720神代上(水戸本訓)「遂に合交(みアハセ)せむとす。而も其の術(はけ)を知らず

夫婦にすること。結婚

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)四「あはせの事ありて、同し里より、年かまへなる女房持しに」

④ 戦わせること。対抗させること。また、比べ優劣を争うこと。物合わせ。「歌合わせ」「絵合わせ」「貝合わせ」などと熟し用いることが多い。〔十巻本和名抄(934頃)〕

玖波集(1356)雑体鳥の二つぞ羽をかさねたる のあはせの声はこまかなれ〈二条良基〉」

(5) (飯にとり合わせる食物の意。合子に盛ることから(花鳥余情)とも、合わせ混じえて調理するから(日本語源)ともいう) 副食物。おかず。あわせのみ。あわせもの

宇津保(970‐999頃)国譲下「粥(かゆ)のれう、あはせ、いときよらに調じて」

志不可起1727)「あはせ 田舎にて膳(ぜん)の調菜(てうさい)を云」

(6) 音、声、動きなどを、他のものの進行に調和させること。

邪宗門(1909)〈北原白秋外光印象・青き光「幻燈伴奏(アハセ)の進行曲(マアチ)」

(7) 釣りで、が餌にかかる瞬間に、針を口にうまくひっかけること。

(8)手札場札とを合わせる意) 天正カルタなどで行なうばくち、または遊戯。めくって場のと合わせ、同種のものがあれば取り数を多く取ったものを勝ちとする。

雍州府志(1684)七「賀留多〈略〉互所得之其紋之同者紋無相同負是謂合(アハセ)」

談義本百談(1748)四「よみの、あはせのとて、二月三月毎夜遊び

(9)あわせやき合焼)」の略。

雑俳柳多留一一六(1832)「腸をぬくさより合せにする積り

(10) 四〇文をいう、魚屋符丁

洒落本卯地臭意(1783)「夕岸(ゆふかし)で、こら程な(あぢ)が、あわせ(四十)程あった」


合わせ


合わせ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合わせ

読み方:あわせ
かな表記:あはせ

サ行下二段活用動詞合わす」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
合わす」の口語形としては、サ行下一段活用動詞合わせる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/05 05:58 UTC 版)

合わせ(あわせ)




「合わせ」の続きの解説一覧



合わせと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合わせ」の関連用語

合わせのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合わせのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合わせ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS