合わせとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 合わせ > 合わせの意味・解説 

あわせ〔あはせ〕【合(わ)せ】

読み方:あわせ

他の語複合して用いる。

㋐物と物とを合わせること。「背中―」「顔―」

比べて優劣を争うこと。「物―」「歌―」

釣りで、当たりがあったときに、魚の口に針がかかるようにする操作。さおの穂先すばやく持ち上げ動作など。

婚姻

「―の事ありて、同じ里より年かまへなる女房持ちしに」〈浮・諸国ばなし・四〉

《飯に取合わせる物の意》おかず。副食物

「―いと清らに調じて」〈宇津保・国譲下〉

[下接語] 朝顔合わせ従兄弟(いとこ)合わせ・犬合わせ(うぐいす)合わせ・牛合わせ後ろ合わせ歌合わせ裏合わせ絵合わせ音合わせ・面(おも)合わせ・貝合わせ顔合わせ家族合わせ菊合わせ句合わせ食い合わせ草合わせ組み合わせ毛抜き合わせ香合わせ小鳥合わせ語呂(ごろ)合わせ・詩合わせ背中合わせ炊き合わせ抱き合わせ付け合わせ詰め合わせ手合わせ取り合わせ(とり)合わせ・根合わせ鉢合わせ花合わせ万句合わせ・向こう合わせ虫合わせ文字合わせ物合わせ盛り合わせ


合わせ


合わせ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合わせ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/05 05:58 UTC 版)

合わせ(あわせ)




「合わせ」の続きの解説一覧

合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 22:46 UTC 版)

侍道3」の記事における「合わせ」の解説

相手攻撃を受ける瞬間タイミング良く一瞬だけ防御ボタンを押すことに成功すると、相手攻撃無力化したうえで自身の硬直をなくす「合わせ」が発動するここから下のパターン移行することが可能。相手強攻撃の「合わせ」に成功する一定確率で「見切り」が発生する見切った技はリスト登録されそれ以後タイミングよくボタン押さなくても自動で「合わせ」が発動するうになる。もともとは第1作『侍』にあった要素で、『2』では廃止されていた。

※この「合わせ」の解説は、「侍道3」の解説の一部です。
「合わせ」を含む「侍道3」の記事については、「侍道3」の概要を参照ください。


合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 05:58 UTC 版)

落ち」の記事における「合わせ」の解説

不安定な状態経由せず、2つ異な物事合致してしまう安定化作用によって笑い起きる。逆のパターンが「へん」である。

※この「合わせ」の解説は、「落ち」の解説の一部です。
「合わせ」を含む「落ち」の記事については、「落ち」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合わせ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「合わせ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



合わせと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合わせ」の関連用語

合わせのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合わせのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合わせ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの侍道3 (改訂履歴)、落ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS