机とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > の意味・解説 

おしまずき〔おしまづき〕【×几/机】

読み方:おしまずき

脇息(きょうそく)。〈和名抄

つくえ。

「胸ふさがりて、ただ—にかかりて、夕の空に向かふのみ」〈笈日記・下〉

牛車(ぎっしゃ)の前後口の下に横に渡した仕切り板。〈名義抄


き【机】

読み方:き

[音](呉)(漢) [訓]つくえ

学習漢字6年

[一]〈キ〉

つくえ。「机案机下机上机辺浄机

ひじや腰を掛ける台。「床机(しょうぎ)」

[二]〈つくえ(づくえ)〉「経机脇机

難読文机(ふづくえ)


つき【机】

読み方:つき

つくえの異称

「夕間にはい倚り立たす脇—が下の板にもが」〈記・下・歌謡


つくえ【机/案】

読み方:つくえ

本を読み、字を書き、また仕事をするために使う台。ふづくえ。「—に向かう

飲食物盛った器をのせる台。食卓

高坏(たかつき)に盛り—に立てて母にあへつや」〈万・三八八〇〉

[補説] 歴史的仮名遣いは、従来「つきすゑ(坏据)」の音変化とし、「つくゑ」とされてきたが、平安初期の訓点に「つくえ」の表記があり、このほうが古い語とされる


作者庄野潤三

収載図書愛撫静物庄野潤三初期作品集
出版社講談社
刊行年月2007.7
シリーズ名講談社文芸文庫


読み方:ツクエ(tsukue)

所在 岩手県下閉伊郡田野畑村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
つくえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 14:25 UTC 版)

(つくえ)は、読書や文書の作成、各種の事務などに用いられる家具の一種。


  1. ^ a b 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 意匠分類定義カード(D7) 特許庁


「机」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 07:48 UTC 版)

事務機器」の記事における「机」の解説

机はかつて「ペンと紙とで作業していた」という時代には、一般勉強用や手紙を書くのようなものが利用されていたが、事務という作業書類制作したり、他の者との連携を図るうになると、会議用いられるテーブルオフィス環境必要な家具であり、OA化が進んだ時代にはいわゆるOAテーブルないしOAデスクのような情報化特化し作業姿勢ケーブル配線利便性にも配慮した家具類も利用されるようになってきている。

※この「机」の解説は、「事務機器」の解説の一部です。
「机」を含む「事務機器」の記事については、「事務機器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「机」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 06:41 UTC 版)

読み

名詞

  1. つくえ家具一つ

翻訳

つくえ — 「つくえ#翻訳を参照のこと

関連語

熟語

手書きの字形について


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「机」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



机と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

机のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



机のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの机 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの事務機器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS