ノートとは? わかりやすく解説

ノート【note】

読み方:のーと

[名](スル)

書き留めること。また、書き留めたもの。記録手記覚え書き。「—をとる」

注解注釈。「フット—」

ノートブック」「ノートパソコン」の略。

音楽で、音。楽音音調。「ブルー—」


ノート【Noto】


ノート [note](データ)

シーケンサーまたはシーケンスソフト記録される音符情報のこと。すべての場合で「音符」に読み変えればテクニカル文章読みやすくなる。ノートに関する情報チャンネルごとに送信されるチャンネル・メッセージ含まれ、音を出せ命令する「ノート・オン」と音を止めろ命令する「ノート・オフ」、鍵盤押さえ速さを示す「オン・ベロシティ」と鍵盤離す時の「オフ・ベロシティ」がある。

ノート

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集 第2巻 草稿・ノート編
出版社筑摩書房
刊行年月1999.12


ノート

作者伊東哲哉

収載図書四百小説
出版社創英社
刊行年月2006.10


「ノート(ある日の)」


ノート

名前 NoteNoth

ノートブック

(ノート から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 07:28 UTC 版)

ノートブック英語: notebook)は、複数のを金具やで束ねた文房具である。帳面(ちょうめん)、筆記帳(ひっきちょう)などと呼ばれたりもする(以下、ノートと略す)。


  1. ^ 安田和生「和製英語の語形」『時事英語学研究』第1971巻第10号、日本メディア英語学会、1971年、 33-42頁、 doi:10.11293/jaces1962.1971.10_33
  2. ^ 相澤一美、磯達夫「小学校4年生教科書及び副読本に使用されているカタカナ英語の分析」『小学校英語教育学会紀要』第11巻、小学校英語教育学会、2011年、 37-42頁、 doi:10.20597/jesjnl.11.0_37


「ノートブック」の続きの解説一覧

ノート

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:07 UTC 版)

名詞

ノート

  1. (「ノートブック」の略)学習執筆のために使う白紙等を製本したもの。
  2. 要約した記録
  3. 音符
  4. ノート型パソコンノートパソコン略称ラップトップコンピュータのこと。
  5. 持続時間によるアロマオイルなどの香り分類

語源

関連語

語義1

翻訳


「ノート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ノート」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う債券の一覧

    CFDで取り扱う債券は、日本やアメリカ合衆国などの国債先物が銘柄として用意されています。国債先物は、主に機関投資家などが取引を行っているものです。なお、先物は期限の決められた商品のため、期日までに決済...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ノートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノートブック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのノート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS