ブルーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > ブルー > ブルーの意味・解説 

ブルー【blue】

読み方:ぶるー

[名・形動

青色藍色(あいいろ)。

ゆううつであること。また、そのさま。「—な一日

ブルーの画像
#0075c2/R:0 G:117 B:194/C:100 M:40 Y:0 K:0

ブルー

作者高見恭子

収載図書ブルー
出版社マガジンハウス
刊行年月1989.9
シリーズ名アンアンの本

収載図書ブルー
出版社マガジンハウス
刊行年月1996.4
シリーズ名MAG Poket


ブルー

作者デヴィッド・ブルックス

収載図書迷宮都市
出版社福武書店
刊行年月1992.11


ブルー

作者ゆう

収載図書ゆきのまち幻想文学賞小品集 7
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1997.11


ブルー

作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書少女神第9号
出版社理論社
刊行年月2000.1


ブルー

作者吉野佳穂

収載図書フーコー短編小説傑作選 8
出版社フーコー
刊行年月2001.7


ブルー

作者ジョン・マリー

収載図書熱帯産の蝶に関する二、三の覚え書き
出版社ソニー・マガジンズ
刊行年月2005.1


ブルー

名前 BlueBleuBrouBruBrue

ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 14:16 UTC 版)

英語: blueフランス語: bleu




「ブルー」の続きの解説一覧

ブルー(Blue/青色)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 16:46 UTC 版)

ヒトの虹彩の色」の記事における「ブルー(Blue/青色)」の解説

ブルーの目(碧眼ともいう)はストロマの中のメラニンの量によって形成される。短い波長の光はレイリー散乱により反射される存在するメラニン色素ユーメラニンという種のものであるメラニン色素生後数年のうちに一気形成されるため、ブルーの目を持つ幼児環境次第でとともに暗くなっていくことがある。ブルーの目は遺伝的に劣性であり、学者エイバーグとその研究者達は論文をヒューマン・ジェネティックスに発表し、OCA2遺伝子触媒考えられているHERC2遺伝子の8番目のイントロンがOCA2遺伝子働き抑えメラニン色素形成減らしているとした。さらに、エイバーグは6,000年から10,000年前黒海周辺一つ個体突然変異によりブルーの目が誕生したとしている(ブラウンスポットのあるブルーの目はこれに属さない)。 ブルーの目は北欧コーカソイド(白人)に多く見られ南ヨーロッパにも存在しインド中央アジア中東にも少数見られる2002年発表アメリカで1936年から1951年にかけて生まれた人の33.8%が青であり、1899年から1905年生まれた人のブルーの目の割合57.4%に比べると劇的に減っている。また、西ユーラシア人以外でワールデンブルグ症候群やアルビニズムなどの疾患によって青い目発生する場合がある

※この「ブルー(Blue/青色)」の解説は、「ヒトの虹彩の色」の解説の一部です。
「ブルー(Blue/青色)」を含む「ヒトの虹彩の色」の記事については、「ヒトの虹彩の色」の概要を参照ください。


ブルー(演:南智章)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:06 UTC 版)

映画かよ。-Like in Movies-」の記事における「ブルー(演:南智章)」の解説

VHSから警察潜入しているスパイ警察側著作権法違反にあたる無断上映会などを取り締まるために、轟刑事のような人物を、半グレ・ヲタの会に潜入させて調査しているので、VHS側も、逆スパイすることで捜査網かいくぐろうとしているのであった。(出演第17話

※この「ブルー(演:南智章)」の解説は、「映画かよ。-Like in Movies-」の解説の一部です。
「ブルー(演:南智章)」を含む「映画かよ。-Like in Movies-」の記事については、「映画かよ。-Like in Movies-」の概要を参照ください。


ブルー(ヒュー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 05:47 UTC 版)

ボーグ」の記事における「ブルー(ヒュー)」の解説

『新スタートレック』スタートレック:ピカード』に登場する。 アーゴリス星団不時着したボーグ偵察船からU.S.S.エンタープライズD回収されるボーグ集合体から離れクルー接する事で、自我確立され、サード・オブ・ファイブ (Third of Five) が正式名称だが、ジョーディ・ラ=フォージによって「ブルー(原語ではヒュー)」と名付けられた。彼は人間社会の中で温和で思慮深い性格身に付けた。 エンタープライズクルー葛藤はあったものの、最終的には悪意なくブルーを集合体返すが、ボーグ内では異質の存在であり、周囲の者までもが彼の考え態度影響され自我目覚めさせられることとなった集合意識ではない「個」の概念直面した彼らは自己の存在意義存在目的見出せず、混乱はブルーのいるキューブ全体に波及しバラバラの状態となった。 そこにデータの兄であるローア現れリーダーとなったことでキューブ内の事態収束する。しかしローア掌握したボーグたちを使って事件起こす。 『スタートレック:ピカード』では、ロミュラン人支配する休眠中のボーグ・キューブ内で集合意識から切り離されたドローンたちの再生プロジェクト指導者となっている。人工生命のソージをかばったために、ロミュラン人工作員ナリッサに殺される

※この「ブルー(ヒュー)」の解説は、「ボーグ」の解説の一部です。
「ブルー(ヒュー)」を含む「ボーグ」の記事については、「ボーグ」の概要を参照ください。


ブルー(38 - 40話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/16 04:30 UTC 版)

ウルトラマンSTORY 0」の記事における「ブルー(38 - 40話)」の解説

星の声」に導かれ異星から古代地球に渡って来た一団の長。ケムラー毒ガス死んだゾフィーと仲が良かった牛の子供を不思議な儀式長の笛でどこかに送る。ゾフィーが彼と出逢った時には既に寿命尽きかけており、地球護るよう約束して力尽きピグモン転生する。

※この「ブルー(38 - 40話)」の解説は、「ウルトラマンSTORY 0」の解説の一部です。
「ブルー(38 - 40話)」を含む「ウルトラマンSTORY 0」の記事については、「ウルトラマンSTORY 0」の概要を参照ください。


ブルー(G〈ガムリウス〉・ブルー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 19:12 UTC 版)

トレジャーハンターG」の記事における「ブルー(G〈ガムリウス〉・ブルー)」の解説

レッドの弟。一見すると女の子のような容姿をしているが、れっきとした男性である。まだ子どものため、甘えん坊で常に兄のレッドの後をついて歩いている。「おにゃにゅみにゅー」など、妙な口癖多数持ち合わせている

※この「ブルー(G〈ガムリウス〉・ブルー)」の解説は、「トレジャーハンターG」の解説の一部です。
「ブルー(G〈ガムリウス〉・ブルー)」を含む「トレジャーハンターG」の記事については、「トレジャーハンターG」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブルー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ブルー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:31 UTC 版)

語源

名詞

ブルー

  1. 青。青色藍色
  2. 憂鬱な。ブルース調の。
  3. 下品な。猥褻な。
  4. ステーキで、限りなく生に近い焼き

発音(?)

ぶ↗る↘ー

「ブルー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ブルーと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブルーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブルーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒトの虹彩の色 (改訂履歴)、映画かよ。-Like in Movies- (改訂履歴)、ボーグ (改訂履歴)、ウルトラマンSTORY 0 (改訂履歴)、トレジャーハンターG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS