乙とは?

読み方:おつ

(1)時刻などを表す際に用いられる十干二番目にあたる語。
(2)(1)から、二番目や上から二段階目を意味する語。
(3)ネット上において「おつかれさま」を意味するスラング

いつ【乙】

⇒おつ


おつ【乙】

常用漢字] [音]オツ(呉) イツ(漢) [訓]きのと おと

[一]オツ

十干二番目。きのと。「甲乙

順位で、第二位。「乙種

[二]イツ

きのと。「乙卯(いつぼう)」

二番目。「乙夜(いつや)」

文末止めるしるし。「不乙(ふいつ)」

[三]〈おと〉「乙姫(おとひめ)・乙女(おとめ)」

名のり]お・き・くに・たか・つぎ・と・とどむ

難読早乙女(さおとめ)・独乙(ドイツ)・乙甲(めりかり)・乙張(めりはり)


おつ【乙】

【一】[名]

十干第二。きのと。

甲を第一位としたときの第二位。「甲乙をつけがたい」

物事図式的に説明するときなどに、甲・丙などとともにものの名代わりに用いる語。「甲乙丙三人」「甲乙の距離」

邦楽で、甲(かん)より一段低い音(おん)。⇔甲(かん)。

【二】形動

【一】4低音の意から》普通と違って、なかなかおもしろ味わいのあるさま。味(あじ)。「乙な事を言う」

普通とは違って変なさま。妙。「乙にすます」

始めて出勤した時は—な感じがした」〈二葉亭・浮雲

アクセント【一】ツ、【二】はオ


き‐の‐と【乙】

《「木の弟(と)」の意》十干の2番目。おつ。


めり【乙/減り】

動詞「め(減)る」の連用形から》

へること。出費損失

一年殆んど五割の—が立つ」〈魯庵社会百面相

邦楽で、音の高さ低くすること。特に尺八でいう。⇔甲(かり)。


おと【弟/乙】

【一】[名]

上代男女の別なく、兄弟または姉妹の関係にある者のうち年少の者。おとうとまた、いもうと。⇔兄(え)。

其の木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)を留めて」〈記・上〉

の子。おとご。

「姉が手を引き、—は抱く」〈浄・油地獄

狂言面の一。不器量な若い女の面。乙御前(おとごぜ)。おたふく。おかめ。

【二】[接頭]名詞に付いて、

年下の、年が若い、末の、などの意を表す。「—おじ(弟叔父)」「—ご(弟子)」

年若美しい意を表す。「—たなばた(弟棚機)」「—たちばなひめ弟橘媛)」


おつ【乙】

1 〔名〕

十干第二番目。きのと。〔黒本本節用集(室町)〕

② (十干順位第二位にあるところから)

(イ) 甲(こう)に次ぐもの。また、甲に次いで第二位にあるもの。物事順位第二番目

令義解718考課「試律令十条。〈略〉全通甲。通八以上。為乙」

風姿花伝140002頃)六「かやうなる品々所々を、かぎらで甲おつなからんほどの為手(して)ならでは

(ロ) 第一位、または最高に及ばない状態。

評判記秘伝書(1655頃)ちはのへんたうの事「男のいはく、わが身しんだいもおつ也」

音声楽器の音で、甲(かん)に対して一段と低く下がるもの。また、低く、しんみりした音や調子

太平記14C後)二一「真都(しんいち)三重の甲を上ぐれば、覚一初重の乙(ヲツ)に収めて歌ひすましたりければ」

漢籍を読む際に文章切れ目朱点を入れたり、文字が脱落している箇所そのかたわらに注記したりすること。

(5) 能楽囃子(はやし)の打ち方一種太鼓軽く打ち、撥(ばち)を革からすぐに離さずに打ち出す「どん」という音。また、小鼓の時は、打つと同時にしらべのにぎりをゆるめて発する「ぱ」という音。

(6) 「甲」などとともに、人や物の名代わりとして用いる。

義血侠血(1894)〈泉鏡花〉六「乙者(オツ)も劣らずを向けたりき」

(7) うすぼんやりしている人をいう近世の上方方言。〔新撰大阪詞大全(1841)〕

(8) 物事の状態。具合調子。おつあい。

洒落本蕩子筌枉解(1770)平蕃曲こんにゃ見せまへにしかけておつが悪くはおらァもふ乗りかいやうと思ふ

(9) 物事道理理屈また、事情

滑稽本六阿彌陀詣(1811‐13)初「一度位は負けてやっても好うござりますと、おつを云はれてさすがの亭主も」

2形動

① 普通と違って、一種しゃれた情趣があるさま。

洒落本辰巳之園(1770)「『このごろ名代の、六部女郎さ』『おつな子だね』」

② 普通と異なっているさま。一風変わっていて変なさま。

洒落本通言総籬(1787)二「『ゆふべどけへお出なんした。京町かへ』『フウおつな事をいふの。〈略〉おれが京町へ行った沙汰はまだ聞かなんだ』」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「始て出勤した時は異(オツ)な感じがした」

〔自ラ五(四)


き‐の‐と【乙】

〔名〕 (木の弟の意) 十干(じっかん)の第二。おつ。いつ。

曾丹集(11C初か)「きのと 冬深く野はなりにけり近江なるいぶきのと山雪ふりぬらし」


おつう【乙】

〔副〕

変に。妙に。むやみに。やたらと。

歌舞伎八重霞曾我組糸(1823)大切「お前先刻からおつうわしをはぐらかすが」

② しゃれて。じょうずに。

黄表紙三筋緯客気植田(1787)上「こぞうめが、をつう口舌をしかけをる」


かな・でる【奏・乙】

1 〔自ダ下一〕 [文]かな・づ 〔自ダ下二〕 舞をまう。舞って手を動かす

古事記(712)下「爾に其の大前小前宿禰、手を挙げ膝を打ち、儛(ま)ひ訶那伝(カナデ)〈訶より下の三字は音を以ゐよ〉歌ひ参来(まゐき)つ」

堀河百首(1105‐06頃)冬「広前(ひろまへ)の庭火の光あきらけくかなづる袖を見るぞ嬉しき〈隆源〉」

2 〔他ダ下一〕 [文]かな・づ 〔他ダ下二

① 鞭(むち)などを振る。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

② 琴などの弦楽器を弾く。音楽奏する。〔書言字考節用集(1717)〕

邪宗門(1909)〈北原白秋魔睡秋の瞳「やはらかに葬送(はうむり)のうれひかなでて、過ぎゆきし Trombone(トロムボオン)いづちいにけむ」

音楽奏するように、さまざまな情趣様相表現する。

俳句世界(1954)〈山本健吉〉四「挙句(あげく)(最後の句)に至るまでの間に、場面情趣豊かな変化を奏(カナ)でて行く」


おと【弟・乙】

1 年下の者を表わす

きょうだいの関係にある者で年下の者。父母とも同じである必要はなく、また、男女かかわらずいう。弟または妹。⇔兄(え)。

古事記(712)上「唯其の弟(おと)木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)のみを留めて」

長子でない子をいう。特に末子をいうことが多い。おとご。

幸若和泉が城室町末‐近世初)「五人はなむしにて乙はひめにてぞ候ひける」

③ 若い娘の通称

*虎明本狂言枕物狂室町末‐近世初)「『いひや、そのややがむすめに、おとといふてあるは』『扨はそのおとでござるか』」

④ =おとごぜ乙御前)③

2 〔接頭〕 年若い者の意を表わす

① 人を表わす語、または人名に付けて年下の、末の、次の、などの意を表わす。「おと叔父」「おとご(弟子)」

② (人名または人を表わすの上に付けて美しい、または愛する、かわいいの意をそえる。「おとたちばなひめ弟橘媛)」「おとたなばた(弟棚機)」


めり【減・乙】

〔名〕 (動詞「める(減)」の連用形名詞化

① 減ること。費用のかかること。出費損失

人情本春色雪の梅(1838‐42頃か)三「此の土地へ来て色でもして居りゃア、一両や二両の、めりの出るのは当然だ」

賄賂(わいろ)。挨拶(あいさつ)がわりに出す金銭

邦楽で、基本調子音高)より少し低く下げること。また、そのよう下げた音。⇔甲(かり)。

京大二十冊本毛詩抄(1535頃)二〇「楽の声がかりもせず又めりもせぬよう」


読み方:キノト(kinoto)

十干第二


読み方:オトoto

ネコ古名


読み方:オツ(otsu)

所在 茨城県筑西市


読み方:オツ(otsu)

所在 長野県小諸市


読み方:オツ(otsu)

所在 香川県小豆郡土庄町


読み方:オツ(otsu)

所在 高知県安芸郡奈半利町


読み方:オツ(otsu)

所在 高知県高岡郡佐川町


読み方:オツ(otsu)

所在 熊本県球磨郡五木村


読み方:キノト(kinoto)

所在 新潟県胎内市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 08:44 UTC 版)

(おつ、きのと)は、十干の2番目である。




「乙」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/28 10:49 UTC 版)

発音

名詞

(きのと)

  1. きのと十干の2番目。

形容動詞

(おつ)

  1. かわりばえがし、があるさま。

活用

ダ型活用
乙-だ

略語

(おつ)

  1. インターネット・スラングおつかれさまの略。

造語成分

  1. 若いの。(例)乙女おとめ乙子おとご乙姫おとひめ

熟語

関連語

十干

文字 五行
コウ きのえ
オツ きのと
ヘイ ひのえ
テイ ひのと
つちのえ
つちのと
コウ かのえ
シン かのと
ジン みずのえ
みずのと

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乙」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS