乙とは? わかりやすく解説

いつ【乙】

読み方:いつ

⇒おつ


おつ【乙】

読み方:おつ

常用漢字] [音]オツ(呉) イツ(漢) [訓]きのと おと

[一]オツ

十干二番目。きのと。「甲乙

順位で、第二位。「乙種

[二]イツ

きのと。「乙卯(いつぼう)」

二番目。「乙夜(いつや)」

文末止めるしるし。「不乙(ふいつ)」

[三]〈おと〉「乙姫(おとひめ)・乙女(おとめ)」

名のり]お・き・くに・たか・つぎ・と・とどむ

難読早乙女(さおとめ)・独乙(ドイツ)・乙甲(めりかり)・乙張(めりはり)


おつ【乙】

読み方:おつ

【一】[名]

十干第二。きのと。

甲を第一位としたときの第二位。「甲―をつけがたい」

物事図式的に説明するときなどに、甲・丙などとともにものの名代わりに用いる語。「甲―丙の三人」「甲―の距離」

邦楽で、甲(かん)より一段低い音(おん)。⇔甲(かん)。

【二】形動

【一】4低音の意から》普通と違って、なかなかおもしろ味わいのあるさま。味(あじ)。「―な事を言う」

普通とは違って変なさま。妙。「―にすます」

始めて出勤した時は―な感じがした」〈二葉亭・浮雲

アクセント【一】ツ、【二】はオ


き‐の‐と【乙】

読み方:きのと

《「木の弟(と)」の意》十干2番目。おつ。


めり【乙/減り】

読み方:めり

動詞「め(減)る」の連用形から》

へること。出費損失

一年殆んど五割の―が立つ」〈魯庵社会百面相

邦楽で、音の高さ低くすること。特に尺八でいう。⇔甲(かり)。


おと【弟/乙】

読み方:おと

【一】[名]

上代男女の別なく、兄弟または姉妹関係にある者のうち年少の者。おとうとまた、いもうと。⇔兄(え)。

其の木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)を留めて」〈記・上〉

末の子。おとご。

「姉が手を引き、―は抱く」〈浄・油地獄

狂言面の一。不器量な若い女の面。乙御前(おとごぜ)。おたふく。おかめ。

【二】接頭名詞に付いて

年下の、年が若い、末の、などの意を表す。「―おじ(弟叔父)」「―ご(弟子)」

年若く美しい意を表す。「―たなばた(弟棚機)」「―たちばなひめ弟橘媛)」


読み方:キノト(kinoto)

十干第二


読み方:オトoto

ネコ古名


読み方:オツ(otsu)

所在 茨城県筑西市


読み方:オツ(otsu)

所在 長野県小諸市


読み方:オツ(otsu)

所在 香川県小豆郡土庄町


読み方:オツ(otsu)

所在 高知県安芸郡奈半利町


読み方:オツ(otsu)

所在 高知県高岡郡佐川町


読み方:オツ(otsu)

所在 熊本県球磨郡五木村


読み方:キノト(kinoto)

所在 新潟県胎内市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 08:44 UTC 版)

(おつ、きのと)は、十干の2番目である。




「乙」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 08:46 UTC 版)

時空の竜騎兵リバーサー」の記事における「乙」の解説

お館さま息子次男禿頭性格比較兄弟の中で一般人に近い性格

※この「乙」の解説は、「時空の竜騎兵リバーサー」の解説の一部です。
「乙」を含む「時空の竜騎兵リバーサー」の記事については、「時空の竜騎兵リバーサー」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 00:42 UTC 版)

ココロ (トラボルタの曲)」の記事における「乙」の解説

500年後未来で、ココロシステムの捜索隊加わり二号機とココロシステムの起動立ち会う

※この「乙」の解説は、「ココロ (トラボルタの曲)」の解説の一部です。
「乙」を含む「ココロ (トラボルタの曲)」の記事については、「ココロ (トラボルタの曲)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乙」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:26 UTC 版)

発音(?)

名詞

(きのと)

  1. きのと十干2番目。

形容動詞

(おつ)

  1. かわりばえがし、があるさま。

活用

ダ型活用
乙-だ


略語

(おつ)

  1. インターネット・スラングおつかれさまの略。

用法

単に相手ねぎらうために用いられるともあれば、相手特定の立場あるものだと決めつけてあしらうために用いられることもある。

造語成分

  1. 若いの。(例)乙女おとめ乙子おとご乙姫おとひめ

熟語

関連語

十干

文字 五行
コウ きのえ
オツ きのと
ヘイ ひのえ
テイ ひのと
つちのえ
つちのと
コウ かのえ
シン かのと
ジン みずのえ
みずのと

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「乙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乙」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乙のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの時空の竜騎兵リバーサー (改訂履歴)、ココロ (トラボルタの曲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS