一段とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一段 > 一段の意味・解説 

いち‐だん【一段】

【一】[名]

階段などのひときざみ。または、地位技能などの段階一つ。「段位が一段上がる

文章語り物などのひとくぎり。「義太夫を一段語る」

【二】[副]比べると、かなりのちがいのあるさま。ひときわ。いっそう。ずっと。「一段(と)りっぱになった」「スピードが一段(と)加わる」

アクセント【一】はイダン【二】はイチダン


いっ‐たん【一反/一段】

織物面積などの単位。→反(たん)


いち‐だん【一段】

1 〔名〕

文章語り物などの一区切り

延喜式(927)一「中臣進就座宣祝詞。毎一段畢祝部称唯

太平記14C後)六「不思議の記文一段(ダン)あり」

一つ事柄一件

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「すっぱり(きま)ったといふ所で証文の一段(イチダン)よ」

③ =いったん(一反)①

階段段階などのひときざみ。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5) 五十音図の横の一列

2 〔副〕

① (多く「と」を伴って用いる) ひときわ程度はなはだしいさま。きわだっているさま。いっそう。格別に。

新撰万葉(893‐913)上「終霄対翫凝思処、一段清光窮」

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「一段とそこつ成(なる)小性

② (「と」を伴い、後に打消表現伴って打消の意を強めることが多い) いっこうに。全く。

咄本・かす市頓作(1708)三「あたりのむかでをひろひとり、鍔(つば)にのせければ、百足一段と死なず」

3形動

ひときわ程度はなはだしいさま。きわだっているさま。格別の。

御伽草子あきみち室町末)「人をも人とせず、一だんの曲者なり」

② きわだってすばらしいさま。いっそうよいさま。

太平記14C後)三七「一段の清香、人の心を感ぜしむ」

浄瑠璃平仮名盛衰記(1739)二「『達者過(すぎ)てめいわくを致ます』『夫(それ)は一段、どこにおいやる対面したい』」


いっ‐たん【一反・一段】

〔名〕

① (土地面積の単位) ⇒たん(段・反)①

② (「一端」とも) (布帛大きさ単位) ⇒たん(段・反)②

③ (距離の単位) ⇒たん(段・反)③

④ (船の帆の幅を示す単位) ⇒たん(段・反)④




一段と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一段」の関連用語

一段のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一段の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS