子育てとは? わかりやすく解説

こ‐そだて【子育て】

読み方:こそだて

[名](スル)子供を育てること。育児

[補説]  
2016年実施したあなたの言葉辞書載せよう。2016キャンペーンでの「子育て」への投稿から選ばれた優秀作品

親から貰った愛情を、自分の子供返すこと。
hatayanさん

40億年の遺伝子リレー後世に渡すバトン
レバニラバニラさん

宇宙人人間していく過程
おまささん

笑い宝箱良いこと悪いこと笑いになる。ザックザック毎日子供たちから笑い飛び出してくる。育て度に箱の中笑いの宝が溜まっていく!!
nikosakuさん

◆大変大変大変大変楽しい大変大変大変大変。
ふくタローさん

子供と共に自分自身一緒に成長していくこと。
なこさん

体験している時は無我夢中で過ぎてしまうけど、終わってみると後悔感じることが多くて、またやり直してみたいと思うもの。
前向きサンタさん

見返り求めず愛をあたえ、ささえ、子供向き合うこと。
むきぶつさん


子育て

作者氏家弘子

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


子育て

作者古寺

収載図書フーコー短編小説傑作選 26 彼の時代
出版社新風舎
刊行年月2007.8


子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 09:36 UTC 版)

子育て(こそだて)とは、を育てることである[1]


  1. ^ 広辞苑.
  2. ^ 野田 (1995), p. 108.
  3. ^ 広辞苑 育児.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 世界大百科事典 澤田 (1988).
  5. ^ a b c 野田 (1995), p. 109.
  6. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  7. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  8. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  9. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  10. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  11. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  12. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  13. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  14. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  15. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  16. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  17. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  18. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  19. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  20. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  21. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  22. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  23. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  24. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  25. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  26. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  27. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  28. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  29. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  30. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  31. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  32. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  33. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  34. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  35. ^ 子育て情報ハンドブック 2009 [要ページ番号]
  36. ^ 野田 (1995), p. 110.
  37. ^ 武田 2002 [要ページ番号]
  38. ^ 石原 (1969).
  39. ^ 福田 2003 [要ページ番号]
  40. ^ “海外移住者が最も住みやすい国ランキング。1位はスイス、日本は18位”. エキサイトニュース (エキサイト株式会社). (2014年10月28日). http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52176476.html 2014年11月2日閲覧。 [リンク切れ]



子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 22:08 UTC 版)

荻野綾子」の記事における「子育て」の解説

長女モデルデビューしており三井不動産商業マネジメントCHUMSなどの広告活躍幼少時代は母である荻野綾子ハワイ過ごしたため、バイリンガルである。

※この「子育て」の解説は、「荻野綾子」の解説の一部です。
「子育て」を含む「荻野綾子」の記事については、「荻野綾子」の概要を参照ください。


子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 09:24 UTC 版)

進化心理学」の記事における「子育て」の解説

生殖は、女性にとって大きなコストがかかる男性にとっても大きなコストがかかる場合がある個体から見ると、繁殖や子育てに使うことのできる資源時間限られており、それらを消費すれば、自分の将来の状態や生存繁殖影響が及ぶ親の投資においては生まれた子どもへの消費は、適合度他の構成要素のための消費犠牲にして行われる(Clutton-Brock 1991年Trivers 1972年)。適合度構成要素Beatty 1992年)には、生まれた子どもの状況、親の将来繁殖近親者の援助を通じ包括的適合度Hamilton 1964年)を含んでいる。親の投資理論は、生活史理論一部であるRobert Triversによる親の投資理論予想するのは、女性は子どもの授乳育児保護において多くの投資を行うので、つがい形成においては男性よりも相手慎重に選び男性少な投資を行うので、女性へ接触競争するということである(Bateman原理を参照)。親の労力性差は、性的選択強さ決定する要因として重要である親の投資が子どもにもたらす利益大きい。親の投資は、子どもの状態、成長生存最終的には子どもの生殖における成功関与する。しかし、こうした利益もたらそうとすれば捕食者から子どもを守るためのケガリスク増加や、子どもの世話をする間に他のつがい形成をする機会を失うことや、次の生殖のための時間を失うことなどのコストがかかるのである全体として、親は、利益コストの差を最大にするように選択されており、親による世話も、利益コスト多く上回るように進化していると考えられるシンデレラ効果とは、継子が、継父母により、身体的精神的性的に虐待されたり、無視されたり、殺されたり、その他のいじめを受ける可能性が、実子よりかなり高いということである。この効果の名前はおとぎ話シンデレラから付けられた。おとぎ話シンデレラは、継母義姉妹から虐待受けたDalyWilson1996年)は、次のように述べた。「進化考え方は、子ども殺し最も重要なリスク要因発見もたらした継母継父存在である」。親の投資労力貴重な資源であり、適合度高めるために労力効果的に配分しようとする性向生き残っている。親の意思決定左右する適応問題には、子どもの父親正確に特定する問題と、親の投資適合度増加置き換える必要や能力に基づいて自分の資源子どもたち配分する問題がある継子たちは、継父母適合度にとって、けっして重要な存在ではない。継父母は、継子は常に選択上の不利益をこうむるべきだという考え容易に取りつかれる(DalyWilson1996年、p64-65)。しかし彼らは、全ての継父母が、継子虐待しようとするわけではない述べており、また全ての実父母虐待を防ぐ保証になるわけではない述べている。彼らは、継父母による継子世話は、実の父母に対するつがい形成初期の労力見なしている。

※この「子育て」の解説は、「進化心理学」の解説の一部です。
「子育て」を含む「進化心理学」の記事については、「進化心理学」の概要を参照ください。


子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 14:46 UTC 版)

森まさこ」の記事における「子育て」の解説

少子化担当大臣時代新しい子ども、子育て支援新制度作られ関連三法改正おこなわれた関連三法平成24年8月成立した子ども・子育て支援法」、「認定こども園法一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法一部改正法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」。内容としては、 認定こども園幼稚園保育所を通じ共通の給付(「施設給付」)及び小規模保育等への給付(「地域型保育給付」)の創設認定こども園制度改善幼保連携型認定こども園改善等) 地域実情応じた子ども・子育て支援利用者支援地域子育て支援拠点放課後児童クラブなどの「地域子ども・子育て支援事業」)の充実を掲げ地域型保育給付制度化し、都市部における待機児童解消、子どもの数が減少傾向にある地域における保育機能確保などに対応した施設制度別に分かれている推進体制統合し内閣府子ども・子育て本部設置された。

※この「子育て」の解説は、「森まさこ」の解説の一部です。
「子育て」を含む「森まさこ」の記事については、「森まさこ」の概要を参照ください。


子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:58 UTC 版)

マンション」の記事における「子育て」の解説

マンションは子育てを行っている世代入居者も多いが、成長期の子どもは立体的なものに対する感覚未発達であり、高いところに住むという意識が薄い。建築基準法上ではベランダの手すりの安全上必要な高さは110cm以上とされているが(建築基準法施行令126条)、これでは子どもの転落事故発展することもある。 日本では近年自治体によって「子育て支援マンションに関する条例制定する例が増えている。多くの場合実態さまざまであるが、多く一定の基準を満たすことで「子育てマンション」と認定し結果としてマンション資産価値上がるというものである基準としては、共用部分キッズルーム設けるなどがある。

※この「子育て」の解説は、「マンション」の解説の一部です。
「子育て」を含む「マンション」の記事については、「マンション」の概要を参照ください。


子育て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 10:17 UTC 版)

スキル」の記事における「子育て」の解説

ハーバード大学発達中の子供に関する研究機関によると、子供たち成長するにつれて人生課題乗り越えるのに役立一連のコアスキルについて、子供たち人生成功するために必要なスキルは以下の五つである: 計画具体的な目標計画立てて実行できること 集中力特定の時間重要なこと集中する能力 自制心感情だけでなくストレスの多い状況への対応方法制御する 空気読み私たち周りの人々状況気づくだけでなく、私たちどのようにフィットするかを理解する 柔軟性変化する状況適応する能力。 特に重要な2つの期間がある幼児期(3〜5歳)と青年期1326歳)である。

※この「子育て」の解説は、「スキル」の解説の一部です。
「子育て」を含む「スキル」の記事については、「スキル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「子育て」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「子育て」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子育てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子育てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子育て (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの荻野綾子 (改訂履歴)、進化心理学 (改訂履歴)、森まさこ (改訂履歴)、マンション (改訂履歴)、スキル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS