石原慎太郎とは?

石原慎太郎(いしはら・しんたろう)

1932年(昭7)、神戸生まれ俳優歌手石原裕次郎実弟長男石原伸晃衆議院議員次男石原良純俳優一橋大学卒。
神奈川県湘南高校在学中に斎藤栄らと同人誌湘南文芸」を発行
一橋大学在学中に、「一橋文芸」を復刊し、1954年に「灰色の教室」を発表
1955年(昭30)、「文藝手帖同人となる。
1955年(昭30)、「太陽の季節」で第一回文学界新人賞を受賞し、1956年(昭31)には第34芥川賞受賞。“太陽族”“慎太郎刈り”という流行語生み出す
1957年(昭32)、「宝石」の座談会現代スリルを語る」に出席
1958年(昭33)、「宝石」にハードボイルド水中花」を発表
1958年(昭33)、「若い日本の会」を結成
1967年(昭42)に発表した「待伏せ」は日本文藝家協会の「文学選集33 昭和43年版」に収録される。
1968年(昭43)、参議院議員選挙当選
1969年(昭44)、小田実との共著日本について語ろう」により第31回文春秋読者賞を受賞
1970年(昭45)、「化石の森」にて第21芸術選奨文部大臣賞受賞
1972年(昭47)、衆議院議員選挙当選
1975年(昭50)、東京都都知事選落選
1976年(昭51)、環境庁長官就任
1980年(昭55)、日本外洋帆走協会会長就任
1986年(昭61)、「生還」にて第16平林たい子文学賞受賞
1987年(昭62)、運輸大臣就任
1988年(昭63)、イエローリボン賞受賞
1995年(平7)に衆議員議員辞職
1999年(平11)、東京都知事就任



石原慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 03:56 UTC 版)

石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年昭和7年)9月30日 - )は、日本作家政治家




注釈

  1. ^ 園田学園女子大学名誉教授田辺眞人によれば、「私の祖母が、そのあたり一帯のかつての地主につながる家柄だったんですが、その祖母が、石原慎太郎さんが作家デビューして有名になった頃、こんなふうにいっていたのを記憶しています。"あの人は昔、大手に住んでいたんや。大手で慎太郎も裕次郎も生まれたんよ。あのへんは明治くらいまで一本松という大きな立派なの木があって、石原一家はその松の木の南側の家に住んでいたんよ。山陽電鉄東須磨駅と板宿駅の間に、昔は大手という駅があって、そのすぐそばやった。" (父親の潔さんは) そこから電車で会社に行ってはったようですよ。家は山下汽船の社員寮で、一見長屋風だったらしい。あの辺は比較的階層が高い人が住んでいて、いわゆる中産階級より少し上のクラスの人が住むところでした。だから社員寮もかなり立派で、造りは長屋風といっても、それぞれ独立した一軒家だったようです。もうその家はとっくにとりこわされていますし、当時のことを知る人もまずいないでしょうね」という[2]
  2. ^ 「数学の世界で世界的な業績を残した岡潔氏が、ハルトークスの残した数学での難問の多くをわずかな時間で解いてしまったのは、岡氏自身の述懐だと芭蕉の俳句の研究に没頭し、芭蕉が名句をものしたとほぼ同じ季節を選んで『奥の細道』を旅して、芭蕉が眺めたと同じ風物を同じ季節同じ時刻に眺め彼の名句を観賞したことによるそうな」と石原は紹介している
  3. ^ 同点の最高点96点は他に、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』と、古井由吉の『仮往生伝試文』を福田和也は挙げている。それぞれ216頁と199頁[25]
  4. ^ 店童(てんどう)とは、海運会社独特の制度で、商店でいえば丁稚に相当し、宿舎と食事は確保してくれる代わりに、給料は一切なかった。便所掃除、社員磨き、使い走り。店童(てんどう)は上司から命じられれば何でもやらなければならなかった。時には、入れや、なじみの遊郭女郎菓子を届けることまでやらされた[48]
  5. ^ 母・光子が広島県人であるのは古くから知られていた。1971年に出版された『日本人研究 <第2巻>』 (板坂康弘著、流動) 広島県人の項、259-260頁に「石原慎太郎は父の勤務につれてあちこちで育ったが、血脈は広島である。石原も躁鬱気質の典型的な広島県人」と論じている。
  6. ^ 佐野眞一は、「ちなみに一橋大には商学部経済学部、法学部、社会学部の四学部があり、入学試験は第二志望まで希望することができた。慎太郎は公認会計士を目指していたので、おそらく商学部を志望していたはずである。だが入学試験の成績が第一志望の商学部の水準に達しなかったのか、実際に入ったのは法学部だった」としている[56]。なお新制大学への移行当時は、商学部・経済学部・法学社会学部の3学部であったが、慎太郎が入学する前年の1951年(昭和26年)に学部改組が行われ、法学社会学部が法学部と社会学部に分離した[57]

出典

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 佐野眞一著『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』45-46頁
  3. ^ 知事の部屋/知事のプロフィール|東京都によると、最終学歴は「一橋大学法学部卒業」となっている
  4. ^ 石原文学作品売り上げベスト10”. 石原慎太郎公式サイト (2003年). 2015年4月16日閲覧。
  5. ^ 石原慎太郎公式サイト”. 2015年4月16日閲覧。
  6. ^ 新潮日本文学〈62〉石原慎太郎集 (1969年)譜
  7. ^ 江藤淳・石原慎太郎 著『断固「No」と言える日本 戦後日米関係の総括』光文社カッパ・ホームス、1991年。
  8. ^ a b 浅見淵『浅見淵著作集第1巻』(河出書房新社、1974年)
  9. ^ a b c 栗原裕一郎豊崎由美『石原慎太郎を読んでみた』(原書房、2013年)19頁、28頁
  10. ^ a b c 伊藤整「石原慎太郎君のこと」(『新鋭文学叢書』月報)(筑摩書房、1960年)
  11. ^ 『てっぺん野郎』195-196頁
  12. ^ 「『太陽の季節』および文學界新人賞選評」(文學界 1955年7月号に掲載)
  13. ^ 「第34回芥川賞選評(1956年1月23日選考)」(文藝春秋 1956年3月号に掲載)芥川賞-選評の概要-第34回
  14. ^ デジタル大辞泉『太陽族』 - コトバンク
  15. ^ 石原都知事が製作する特攻隊映画 2005年8月23日
  16. ^ 鳥濱トメさん顕彰碑」除幕式レポート 2007年10月5日
  17. ^ 「特攻の母」顕彰碑建立 知覧町 2007/10/04付 西日本新聞朝刊
  18. ^ a b 「【日本よ】石原慎太郎 花見の頃に」産経2009年4月7日
  19. ^ 田原総一朗×石原慎太郎「田中角栄論」BLOGOS
  20. ^ 2016年10月17日のツイート
  21. ^ "同性愛嫌い"の石原慎太郎が書いた「BL小説」がすごいリテラ
  22. ^ 西村賢太との対談『en-taxi』2011年7月
  23. ^ 三島由紀夫 著『美の襲撃―評論集』「石原慎太郎氏の諸作品」1961年。
  24. ^ 三島由紀夫 著『決定版 三島由紀夫全集〈31〉評論(6)』「石原慎太郎氏の諸作品」 新潮社、2003年、6月。
  25. ^ a b 福田和也 著『作家の値うち』(飛鳥新社、2000年)132頁
  26. ^ 『石原慎太郎を読んでみた』22頁、310-311頁
  27. ^ 石原慎太郎、集英社に小説売り込むも拒絶される…徳洲会事件で検察が追及の可能性も | ビジネスジャーナル
  28. ^ (参考文献「航空『2強対決』11選」杉浦一機著 中央書院発行)
  29. ^ a b 西条泰 『石原慎太郎 「暴走老人」の遺言』 石原慎太郎が国民に残した「遺言」新刊JP
  30. ^ 国会質疑等
  31. ^ 2013年10月16日 衆議院本会議等
  32. ^ 石原慎太郎氏に脳梗塞報道 事務所は否定zakzak 2013年3月28日
  33. ^ 石原氏「入院は軽い脳梗塞、政治活動は継続」読売新聞 2013年3月30日
  34. ^ 2013年2月12日(火) 予算委員会”. 衆議院インターネット審議中継 (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  35. ^ H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】1/2” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  36. ^ H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】2/2” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  37. ^ 【石原氏の質疑詳報(下)】「子孫のために環境問題アピールを」(2/7ページ)”. 産経新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  38. ^ 維新・石原代表が原子力協定に賛成表明 大阪系「出て行け」と反発” (2014年3月6日). 2014年8月8日閲覧。
  39. ^ 「結いは護憲政党」…維新・石原氏、合流に慎重” (2014年4月10日). 2014年8月8日閲覧。
  40. ^ 【維新分党】再び石原氏新党結成へ 結い合流めぐり橋下氏と決裂” (2014年5月28日). 2014年6月5日閲覧。
  41. ^ 維新、橋下系37人・石原系は23人 野党再編に一歩” (2014年6月6日). 2014年6月6日閲覧。
  42. ^ a b 次世代・石原慎太郎氏は比例名簿下位に「後輩を1人でも多く」産経新聞 2014年11月29日配信
  43. ^ a b c 【さらば石原慎太郎】引退会見詳報(1) - 産経ニュース 産経新聞 2014年12月16日配信
  44. ^ 「豊洲百条委「石原氏、東ガス社長と会談」 大矢氏証言 会見と食い違い」東京新聞2017年3月12日 朝刊
  45. ^ 「(7)上原英治東京ガス元会長「都に豊洲には土壌汚染があると強調した」」産経ニュース2017.3.11 20:31
  46. ^ 東京新聞 2017年3月10日 夕刊
  47. ^ 『豊洲移転』櫻井よしこ「産経新聞」2017.4.3
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『てっぺん野郎』28-35頁
  49. ^ a b “石原慎太郎・裕次郎の母”. グレートマザー物語 (テレビ朝日). (2002年2月24日). オリジナル2002年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20021202203720/http://www.tv-asahi.co.jp/mother/contents/100/backnumber/20224.html 2017年2月16日閲覧。 
  50. ^ 『人事興信録』
  51. ^ a b 『てっぺん野郎』476頁
  52. ^ a b 『てっぺん野郎』124-129頁
  53. ^ 『てっぺん野郎』180頁
  54. ^ 2014年(平成26年)2月12日 衆議院予算委員会
  55. ^ 石原慎太郎公式ウェブサイト 宣戦布告 鮮烈デビュー『太陽の季節』芥川賞受賞
  56. ^ a b c d e 『てっぺん野郎』217-219頁
  57. ^ 一橋大学/キャンパスガイド|大学受験パスナビ:旺文社
  58. ^ 「太陽族映画に反発 各地で観覧を禁止」『朝日新聞』1956年8月3日付朝刊。
  59. ^ ISHIHARA - ラビットハウス
  60. ^ 佐々 淳行 著『軍師・佐々淳行―「反省しろよ慎太郎だけどやっぱり慎太郎」 危機管理最前線〈2〉』 文藝春秋、2007年、10月
  61. ^ a b 石原都知事が辞任表明…新党結成、衆院選出馬へ - 読売新聞 2012年10月25日
  62. ^ a b c 石原都知事が辞職表明、 新党結成、衆院選立候補を検討 - 朝日新聞 2012年10月25日
  63. ^ 石原知事辞任:「マイ・ウェイ」演奏の中、都庁を去る - 毎日新聞 2012年10月31日
  64. ^ 石原氏、太陽の党旗揚げ…「第3極」結集目指す - 読売新聞 2012年11月13日
  65. ^ 維新と太陽 合流ありきの疑問残す - 信濃毎日新聞 2012年11月20日
  66. ^ 石原氏親子3人、全員当選 - 産経ニュース 2012年12月17日
  67. ^ http://www.sankei.com/life/news/150429/lif1504290014-n1.html
  68. ^ 沖ノ鳥島#日本の対抗措置
  69. ^ a b 石原慎太郎・江藤淳共著『断固NOといえる日本 戦後日米関係の総括』1991年 p96
  70. ^ 高原明生「歴史を逆行させてはならない」新崎盛暉、岡田充、高原明生、東郷和彦、最上俊樹『「領土問題」の論じ方』岩波書店、2013年、33ページ。
  71. ^ “「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議”. 産経新聞. (2010年5月28日). オリジナル2010年5月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100530091145/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/396540/ 2011年1月18日閲覧。 
  72. ^ “【日本よ】石原慎太郎 尖閣、国家としての試練”. 産経新聞. (2010年10月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101004/plc1010040339002-n3.htm 2010年10月4日閲覧。 産経新聞社連載の「日本よ」のコラム2003年(平成15年)2月3日号や2010年(平成22年)10月4日号などで言及している。
  73. ^ 石原都知事「結構なこと」 尖閣映像流出巡り発言 2010年11月5日配信
  74. ^ [1]産経新聞2012.7.7「東京都の購入計画をめぐる石原知事の主な発言」
  75. ^ 西条 泰 『石原慎太郎 「暴走老人」の遺言』 石原慎太郎が国民に残した「遺言」
  76. ^ 【日本よ】石原慎太郎 歴史的に無効な憲法の破棄を 2012年、3月5日
  77. ^ 2012年11月30日記者クラブ討論会
  78. ^ a b 元首はだれか 「象徴」に揺れる解釈(政治の中の天皇:3)1989年1月10日 朝日新聞朝刊
  79. ^ 石原慎太郎 『「アメリカ信仰」を捨てよ』 光文社、2001年。「憲法改正までに十年をかけるという意見が膾炙しているが、しかしそんな呑気なことでいいのだろうか」
  80. ^ 石原慎太郎『「日米安保」は破棄できる』文芸春秋、8月号、2009年。など
  81. ^ キッシンジャー機密文書を入手 米国が警戒した日本の核武装、右傾化」 
  82. ^ 中華人民共和国を念頭に置いたもの。
  83. ^ 「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」石原都知事
  84. ^ “都知事、核保有の模擬実験は可能「3カ月でできる」”. 47NEWS. (2011年8月5日). http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080501001085.html 2011年8月6日閲覧。 [リンク切れ]
  85. ^ 橋下君を首相にしたい 軍事国家になるべきだ 石原慎太郎氏インタビュー』朝日新聞2013年4月5日
  86. ^ 【靖国参拝】維新・石原氏、自民・野田聖氏も - MSN産経ニュース 「日本維新の会の石原慎太郎共同代表は終戦の日の15日昼、東京・九段北の靖国神社を参拝した。自民党の野田聖子総務会長も同日午後、参拝した。」
  87. ^ 石原知事、出自の記事「卑劣」と批判
  88. ^ 石原氏 従軍慰安婦は「自ら身体を売って稼いでいた」 =韓国サーチナ 8月28日(火)14時16分配信
  89. ^ 「独占手記 国を貶めて新聞を売った『朝日』の罪と罰」週刊新潮2014年10月9日号
  90. ^ 2005年9月27日、都議会本会議にて、靖国神社参拝をやめるよう追及した吉田信夫(共産党)に対しての発言。ジョン・ボルトンが同様に「国際連合本部ビルの最上層10階分がなくなったとしても何ら困らない」と発言している
  91. ^ 2008年3月20日新聞台新聞夜視界
  92. ^ 朝日新聞2006年7月4日
  93. ^ 『FACTA』2007年3月号
  94. ^ a b <北京五輪>「大国の度量」とネット世論も支持、批判繰り返した石原都知事の招待で―中国”. Record China (2008年1月15日). 2017年5月3日閲覧。
  95. ^ 「中国が反日サイト閉鎖 「社会不安招く」と当局」共同通信2004年8月31日
  96. ^ 「「反日先鋒」がサイト閉鎖声明」毎日新聞2005年5月3日
  97. ^ 『朝日新聞』2008年8月12日
  98. ^ “石原知事が北京五輪開会式に痛烈ダメ出し”. リアルライブ. (2008年8月16日). http://npn.co.jp/article/detail/27015068/ 2016年11月6日閲覧。 
  99. ^ “知事の部屋/知事フォトギャラリー|東京都”. 東京都. (2010年1月20日). http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/PHOTO/s21/211201.htm 2017年5月5日閲覧。 
  100. ^ 『産經新聞』2001年5月8日
  101. ^ 「「独裁国家なんだからしっかりしろ」石原知事、毒餃子で苦言」政治も‐地方自治ニュース:イザ! 産経新聞2008年1月31日
  102. ^ 中央日報 - 石原都知事「日本が第2次大戦起こして植民地が独立」 中央日報2008年2月15日。なお、五星紅旗の4小星は星条旗と異なり、社会階層を意味する。
  103. ^ “石原知事記者会見(平成24年10月25日)”. 東京都. (2012年10月29日). http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/KAIKEN/TEXT/2012/121025.htm 2014年6月22日閲覧。 
  104. ^ 石原 慎太郎 前東京都知事の告白 「中央官僚支配を壊す」 日経ビジネス2012年11月1日
  105. ^ 【社会部プレミアム対談】石原知事×橋下市長 教育の破壊的改革を追求(産経新聞)2011年12月25日
  106. ^ 「反中ではなく反中共だ」 中国週刊誌、石原慎太郎氏インタビュー果敢報道
  107. ^ 【中国BBS】石原慎太郎氏の入院に「やったあ、いい気味!」と喜びの声
  108. ^ “「中国の属国化を防ぐ」 石原氏発言要旨”. MSN産経ニュース. (2014年6月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140622/stt14062219560007-n1.htm 2014年6月22日閲覧。 
  109. ^ 石原慎太郎都知事のふざけた「差別感覚」 - Web現代 MouRa BIGLOBE edition
  110. ^ ニューズウィーク』日本版 2002年6月19日 第17巻23号 通巻812号 P.27
  111. ^ 石原都知事、「中国が北朝鮮を合併するのが一番楽」 AFP・BBニュース2009年1月13日付
  112. ^ 韓国、石原都知事発言に反発 沈黙の政府にも批判 茨城新聞2009年1月14日
  113. ^ 石原都知事発言に北朝鮮「容赦しない」 スポニチ・アネックスニュース 2009年1月17日
  114. ^ 石原慎太郎 『国家なる幻影』 文藝春秋、2001年10月
  115. ^ 朝鮮学校への補助金 3氏が「支給しない」2014年2月8日配信
  116. ^ 民主が中国寄り、自民が韓国・北朝鮮寄りな理由とは?2012年9月13日配信
  117. ^ 『芸能人別帳』ちくま文庫
  118. ^ 石原慎太郎『「日米安保」は破棄できる』文芸春秋、8月号、2009年。など
  119. ^ 横田空域の一部返還/一歩前進、米軍支配は続く
  120. ^ 反発はアメリカの嫉妬? 石原都知事、トヨタリコールで発言 Response.
  121. ^ しんぶん赤旗 2011年10月29日 2面
  122. ^ アパルトヘイトへの加担の罪 2008年9月20日閲覧
  123. ^ “【石原知事会見詳報 (1) 】外国人参政権「危ない試み。発想おかしい」 (1/3ページ)”. 産経新聞. (2010年1月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100115/lcl1001152329003-n1.htm 2010年1月15日閲覧。 
  124. ^ “石原都知事、「絶対反対」 永住外国人への地方参政権付与に”. 日本経済新聞. (2010年1月15日). http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100115AT3B1501B15012010.html 2010年1月15日閲覧。 
  125. ^ “外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を-石原都知事”. 時事通信. (2010年1月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010011500801 2010年1月15日閲覧。 
  126. ^ “石原都知事 永住外国人の地方選挙権「絶対反対」”. スポーツニッポン. (2010年1月15日). http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100115150.html 2010年1月15日閲覧。 
  127. ^ “外国人参政権 都議会で答弁 知事「絶対反対だ」 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2010年3月4日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100304/tky1003041204000-n1.htm 2010年3月10日閲覧。 
  128. ^ 慎太郎「当然だ!」…日韓発言誤報TBS社員が送検 夕刊フジ2004年12月15日
  129. ^ 『朝日新聞』2000年4月12日
  130. ^ LARIMER, TIM; Sakamaki, Sachiko (April 24), “Rabble Rouser”, TIMEasia (Tokyo) 155 (16), http://www.time.com/time/asia/magazine/2000/0424/cover1.html 
  131. ^ 「あきれたメディア事情」石原慎太郎エッセイ『日本よ』 2003.06.02 産経新聞
  132. ^ “'There's No Need For an Apology'”, TIMEasia (Tokyo) 155 (16), (April 24), http://www.time.com/time/asia/magazine/2000/0424/int.ishihara.html 
  133. ^ 産經新聞2001年5月8日
  134. ^ 東京都立大学人文学部フランス文学専攻教員一同「石原東京都知事に発言の撤回を求める」 2004年10月31日、2004年11月1日更新、2010年2月21日取得。なお、同声明の中で、「相手国の言語と文化をいたずらに貶めて恥じないような人物を、東京都の長の座に、そして大学設置主体の最高責任者の座に戴いてしまったことの不幸を、良識ある東京都民、現・東京都立大学の教職員、学生諸君とともに心より嘆く」と述べ、また、「フランス語の講師が8人云々」の発言に対し、「現・東京都立大学において、フランス語を学ぶ学生は、毎年、数百人の規模で存在しており、また、人文学部フランス文学専攻に在籍する学生の数(昼間部・夜間部の上限定数、各学年それぞれ9名・3名)がゼロであった年度など、いまだかつて一度もなかった」とも述べている。
  135. ^ 東奥日報』2007年3月19日
  136. ^ 『朝日新聞』2000年4月26日
  137. ^ 「姜尚中氏の福岡応援に石原知事反発 『怪しげな外国人』」『朝日新聞』2006年8月30日。
  138. ^ 「石原都知事 小学生が売春で1000万円稼ぐ日本人を嘆く」『週刊ポスト』2011年2月25日号
  139. ^ 『親は知らない―ネットの闇に吸い込まれる子どもたち』 中央公論新社2010年11月ISBN 9784120041709
  140. ^ 『毎日新聞』2007年4月28日
  141. ^ 「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事 Asahi.com 2011年3月14日
  142. ^ 大震災は「天罰」と石原知事 「津波で我欲洗い落とせ」 共同通信2011/3/14 21:00
  143. ^ 石原知事、天罰発言撤回・謝罪「深く傷つけた」 YOMIURI ONLINE 2011年3月15日
  144. ^ 「自国民にまで毒舌」…石原都知事の「天罰」発言を非難=韓国
  145. ^ 石原都知事、原発で暴言数々
  146. ^ 『2030年に30-40%程度以上でいいのか』社団法人原子燃料政策委員会 (2006年)
  147. ^ 石原慎太郎知事、「原発推進論者」と発言”. Gay Life Japan (2011年3月25日). 2012年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。
  148. ^ 『東京臨海風力発電所開所式に出席』大つかたかあき
  149. ^ “「構わず首相を殴れ」 観閲式めぐり石原都知事が発言”. 北海道新聞. (2010年6月20日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/237582.html 2010年6月20日閲覧。 
  150. ^ 東京中央郵便局:都が建て替え認める都市計画決定 毎日新聞 2009年3月6日[リンク切れ]
  151. ^ 東京新聞2012年3月10日付朝刊したまち版26頁「石原知事会見ファイル 9日発言」。
  152. ^ 「次代の日本と世界を担う若者とは…」平成17年度第1回「〜東京ビッグトーク〜石原知事と議論する会」議事概要 H17.8.5
  153. ^ 石原知事臨時記者会見録 平成18 (2006) 年1月18日 (水)
  154. ^ [リンク切れ]都議会ネットリポートno_4/04.htm
  155. ^ [リンク切れ] 東京都議会本会議議事録 2007-1/d5117211.htm
  156. ^ カフェ難民の報道おかしい 石原都知事 東奥日報 2008年10月3日[リンク切れ]
  157. ^ [リンク切れ] 石原都知事: 「山谷は200〜300円」発言を撤回 毎日新聞 2008年10月11日
  158. ^ [リンク切れ]石原知事、派遣村問題で国に苦言「大事な現場を知らない」 MSN産経ニュース 2009年1月5日
  159. ^ a b 石原慎太郎エッセイ「日本よ」「祭司たる天皇」 産経新聞、2006年。
  160. ^ a b c “石原氏、予算委で“独演会”…憲法や尖閣諸島で「神道の祭司である天皇陛下に、国民を代表してぜひぜひ参拝していただくことをお願いしてほしい」”. 読売新聞社. YOMIURI ONLINE. (2013年2月12日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130212-OYT1T00987.htm 2013年2月12日閲覧。 
  161. ^ “【日本よ】石原慎太郎 天皇陛下の勇気 - MSN産経ニュース”. 産経新聞. (2012年4月2日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120402/imp12040203120002-n1.htm 2012年10月15日閲覧。 
  162. ^ 石原慎太郎 衆議院予算委員会国会議事録 2013年、2月12日。
  163. ^ 『「アメリカ信仰」を捨てよ』 光文社、2000年、11月。「憲法改正までに十年をかけるという意見が膾炙しているが、しかしそんな呑気なことでいいのだろうか」
  164. ^ 『文藝春秋』1959年8月号
  165. ^ 『週刊文春』1960年12月12日号
  166. ^ “石原慎太郎氏「君が代は歌詞を変えて歌う」と発言 「斉唱が義務」の教員もそんなことが許されるのか?”. J-CASTニュース. (2012年3月4日). http://www.j-cast.com/2014/03/04198326.html 2014年3月21日閲覧。 
  167. ^ 三島由紀夫・石原慎太郎の対談『守るべきものの価値』(月刊ペン 1969年11月号に掲載)
  168. ^ 尚武のこころ 三島由紀夫対談集』(日本教文社、1970年。1986年再刊)に所収。
  169. ^ 『決定版 三島由紀夫全集第40巻・対談2』(新潮社、2004年)に所収。
  170. ^ 『産経新聞』2002年10月21日
  171. ^ はてなブックマーク - 「宮内庁ごときが決める問題ではない」石原知事が反発 五輪招致 皇太子さまご協力問題 - MSN産経ニュース 2008.7.4
  172. ^ asahi.com: 君が代不起立で処分は違法 173人が提訴 東京地裁 - 石原都政特集 2007年2月9日
  173. ^ “石原慎太郎氏「君が代は歌詞を変えて歌う」と発言 「斉唱が義務」の教員もそんなことが許されるのか?”. J-CASTニュース. (2012年3月4日). http://www.j-cast.com/2014/03/04198326.html 2014年3月21日閲覧。 
  174. ^ (2005年6月都議選応援演説)
  175. ^ 『産経新聞』2005年9月5日
  176. ^ 『真実の性教育』(1972年,光文社)
  177. ^ "同性愛嫌い"の石原慎太郎が書いた「BL小説」がすごいリテラ
  178. ^ 都青少年健全育成条例改正案: PTA団体など、都に成立求め要望書/東京 毎日新聞 2010年12月4日 地方版
  179. ^ 石原都知事:同性愛者「やっぱり足りない感じ」毎日jp 2010年12月7日
  180. ^ 日本 東京都知事は同性愛者差別発言を撤回すべき | Human Rights Watch
  181. ^ 【肥田美佐子のNYリポート】米人権団体が石原都知事の同性愛差別発言に「ノー」 ウォールストリートジャーナル日本版
  182. ^ 元東京都知事石原慎太郎氏宛て警告(HTML版)元東京都知事石原慎太郎氏宛て警告(文書) 日本弁護士連合会2014年4月22日
  183. ^ TSSA2010 ラズベリー賞の発表!!” (日本語). PRESS. Tokyo SuperStar Awards (2010年12月8日). 2010年12月10日閲覧。
  184. ^ “石原都知事、TSSAラスベリー賞を受賞” (日本語). GAY LIFE JAPAN (東京都: コチ株式会社). (2010年12月9日). http://www.gaylife.co.jp/?p=1286 2010年12月10日閲覧。 
  185. ^ 朝日新聞』1999年9月18日
  186. ^ NPO法人JKSK「異議あり-偉そうな男たちの言葉の暴力- (松信章子)
  187. ^ 週刊女性』2001年11月6日号
  188. ^ 『朝日新聞』 東京版 2004年9月25日付「中学生の性交渉条例で禁止せず 知事が表明」
  189. ^ 文學界2016年10月号128ページ
  190. ^ 文學界2016年10月号129ページ
  191. ^ 沢木耕太郎著 沢木耕太郎ノンフィクションIII 時の廃墟 ISBN 4163648704 p.222『シジフォスの四十日』
  192. ^ 週刊プレイボーイ1975年11月25日号
  193. ^ “「大年増の厚化粧が...」 石原慎太郎氏の小池氏罵倒、「逆効果」の気配【都知事選2016】”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年7月27日). https://www.j-cast.com/2016/07/27273726.html?p=all 2018年3月25日閲覧。 
  194. ^ “「お父さんには大変お世話になりました」 小池百合子氏が石原良純に放った余裕の笑顔【都知事選2016】”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年8月1日). https://www.j-cast.com/2016/08/01274112.html?p=all 2018年3月25日閲覧。 
  195. ^ “「枝野は本物の男に見える」 石原慎太郎氏が絶賛(衆院選2017)”. ハフポスト. (2017年10月17日). https://m.huffingtonpost.jp/2017/10/16/shintaros-twitter_a_23245397/ 2018年7月1日閲覧。 
  196. ^ The World Today Archive - Japan's Le Pen 2002.5.2 (英語)
  197. ^ 「中国が北朝鮮と合併するのがいちばん楽」 中央日報2009年1月14日(日本語)
  198. ^ 石原都知事が「現代美術は無」-仏メディアが批判(2006.4.28 しんぶん赤旗)
  199. ^ Nationalism in Japan:Beware the populists(日本のナショナリズム:ポピュリストを警戒せよ) エコノミスト2012年10月6日(英語)
  200. ^ [2] 産経新聞 2014年3月24日配信
  201. ^ 【日韓国交50年】歴史問題も霊感商法も“どこ吹く風”…統一教会と蜜月「日本の大物政治家」たち デイリーNK 2015年6月22日
  202. ^ l 祝辞全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会: シンポジウム】、全国犯罪被害者の会を支援するフォーラム代表/首都大学東京理事長高橋宏氏全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会: シンポジウム】。
  203. ^ 松村恒夫「犯罪被害者の現状と必要な支援」内閣府,2008年
  204. ^ 「犯罪被害者週間」国民のつどい」内閣府,2006年
  205. ^ 『てっぺん野郎』
  206. ^ あした21 (2002年) 11月号のご案内
  207. ^ あした21 (2005年)1月号のご案内
  208. ^ 霊友会 新年会
  209. ^ 東京都知事選 共産党が推す吉田万三氏 自公民が支える石原都政変える確かな力 2007.3.1 しんぶん赤旗
  210. ^ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle
    /politics/69566/
    [リンク切れ]
  211. ^ 『週刊文春』2007年3月29日号
  212. ^ 石原慎太郎『法華経を生きる』 ISBN 4344400011
  213. ^ 教育改革に関する意見 戸塚ヨットスクール
  214. ^ THE DEMON IN THE PROTOCOLS (Garry Greenwood,英語)
  215. ^ 『崇教真光』誌平成13年12月号
  216. ^ 『崇教真光』誌 平成16年12月号
  217. ^ 1999/05/31, 日本経済新聞
  218. ^ 石原慎太郎『法華経を生きる』217頁
  219. ^ a b 『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』19頁
  220. ^ a b 落魄(らくはく)とは、落ちぶれること
  221. ^ a b c d e f g h 斎藤貴男吉田司『石原慎太郎よ、退場せよ!』190頁
  222. ^ a b c d e f g h i j k l m 『てっぺん野郎』47-58頁
  223. ^ a b c d e f g 『てっぺん野郎』173-174頁
  224. ^ a b c d e f g 『てっぺん野郎』62-66頁
  225. ^ 石原慎太郎『法華経を生きる』99頁
  226. ^ 石原慎太郎『法華経を生きる』100頁
  227. ^ a b c d 『てっぺん野郎』255-259頁
  228. ^ a b c 『てっぺん野郎』262-263頁
  229. ^ a b c d 『てっぺん野郎』153-154頁
  230. ^ 『てっぺん野郎』39頁
  231. ^ a b c 『てっぺん野郎』404頁
  232. ^ 慎太郎は小泉が首相に就任する以前のインタビューで「小泉君は女房と同じ横須賀の出身で、親戚筋なんだ。血がつながってないんで、ほっとしているけど (笑)」と述べている (系図でみる近現代より)
  233. ^ 「日本民族の危機」(岡潔博士)販売〜上映・講演会
  234. ^ 田原総一朗のタブーに挑戦! 10.07.06)”. JFN. (2010年7月6日). http://www.ustream.tv/recorded/8105327 
  235. ^ 『正論』2012年3月号 50-91頁
  236. ^ WAKE! UP+ 動画+読売テレビウェークアップ!ぷらす2012年12月1日配信分(配信日に閲覧))[リンク切れ]







固有名詞の分類

自由民主党の国会議員 北川知克  宮澤洋一  石原慎太郎  進藤一馬  中西一郎
たちあがれ日本の人物 藤井厳喜  唯是一寿  石原慎太郎  戸塚進也  足高慶宣
東京都知事 美濃部亮吉  東龍太郎  石原慎太郎  安井誠一郎  青島幸男
日本の芸能人 赤木蘭子  三谷幸喜  石原慎太郎  深見亮介  峯崎亜里沙
日本の小説家 南房秀久  別唐晶司  石原慎太郎  大島真寿美  岡田幹治
日本の映画監督 イワモトケンチ  三谷幸喜  石原慎太郎  花堂純次  折田至
日本の脚本家 鈴木卓爾  三谷幸喜  石原慎太郎  藤咲あゆな  なかむら治彦
日本の評論家 森田浩一郎  中津燎子  石原慎太郎  上野昂志  山崎行太郎
推理作家 斎藤栄  栗本薫  石原慎太郎  ファン・セヨン  島久平
日本の推理作家 斎藤栄  栗本薫  石原慎太郎  末浦広海  本城雅人
芥川賞受賞者 室井光広  李恢成  石原慎太郎  赤瀬川原平  高城修三
官能小説家 北原童夢  宇能鴻一郎  石原慎太郎  藍川京  団鬼六
日本の探検家 藤井宣正  近藤重蔵  石原慎太郎  堀江謙一  吉阪隆正

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「石原慎太郎」の関連用語

石原慎太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石原慎太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石原慎太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS