関連会社とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 関連会社の意味・解説 

かんれん‐がいしゃ〔クワンレングワイシヤ〕【関連会社】

資本参加役員派遣などによって、他の会社から支配を受ける会社のうち、子会社以外の会社

[補説] 会計上の判定基準は、支配する会社議決権20パーセント以上を有する態とされるが、重要な融資技術提供など、実質的にその会社から受ける影響大きいと認められた場合は、20パーセント未満でも関連会社となることがある


関連会社

関連会社とは、企業当該企業子会社有する場合には、当該子会社を含む。)が、出資人事資金技術取引等の関係を通じて子会社以外の他の企業財務及び営業又は事業方針決定に対して重要な影響与えることができる場合における当該子会社以外の他の企業をいいます。

関連会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 14:19 UTC 版)

関連会社(かんれんがいしゃ)とは、会計学ないし会計実務の用語の一つ。会社(当該会社が子会社を有する場合には、当該子会社を含む。)が、出資人事資金技術取引等の関係を通じて、子会社以外の他の会社(会社に準ずる事業体を含む。以下同じ。)の財務及び営業又は事業の方針決定に対して重要な影響を与えることができる場合における当該他の会社のことである[1]。この定義を影響力基準という。言い換えれば、自社との関係で、人事、技術、取引、資本等によって、支配とはいわないまでも、意思決定に重大な影響力をもつ会社のことである(支配されていれば子会社となる)(会社法で規定される会社計算規則にも同様の定義がある)。




「関連会社」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関連会社」の関連用語

関連会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関連会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
新日本有限責任監査法人新日本有限責任監査法人
2001-2021 Ernst & Young ShinNihon All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関連会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS