制作とは? わかりやすく解説

せい‐さく【制作】

読み方:せいさく

[名](スル)芸術作品などを作ること。「肖像画を―する」「番組の―スタッフ


制作


制作(キャメロット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:00 UTC 版)

Fate/Grand Order (アニメ)」の記事における「制作(キャメロット)」の解説

奈須は劇場版オファー受けた際、『FGO』のアニメ化第六章アニメ化では大きく異なるという理由から喜びと不安が半々だったとダ・ヴィンチとのインタビューの中で話している。その後テレビシリーズ版バビロニア」で『FGO全体空気感描かれ劇場版FGO』では第六章一つチャプターとしてアニメ化するという方針立てられた。また、前後編とはいえ総合上映時間3時間と限られているため、舞台版「キャメロット」を参考にアニメ化が行われた。 また、後編制作期間中は新型コロナウイルス感染拡大していたため、キャスト収録個別に行われた

※この「制作(キャメロット)」の解説は、「Fate/Grand Order (アニメ)」の解説の一部です。
「制作(キャメロット)」を含む「Fate/Grand Order (アニメ)」の記事については、「Fate/Grand Order (アニメ)」の概要を参照ください。


制作(FoxTail)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 01:43 UTC 版)

Fate/EXTRA CCC」の記事における「制作(FoxTail)」の解説

たけのこ星人は「恋する乙女」(『Fate/Prototype』のアンソロジーブック「Fate/Prototype Tribute Phantasm」に収録)にて初めFateシリーズ参加しており、武内崇同作からたけのこ星人アクションを得意としていると判断し編集部相談しキャスター主役とした、コミカライズとは一味違う作品作ってもらおうという方針決まったたけのこ星人アクション主体とした漫画制作したいと考えており、オファーもらった時はわくわくしていたと武内との対談の中で振り返っている。 この時点では、まだゲーム発売されておらず、『EXTRA』のキャスター番外編という位置づけになる予定であり、物語長さ単行本1、2程度になると考えられていた。ゲーム発売される半年前、奈須きのこがサクラファイブの設定持ち込んできたため、『FoxTail』の位置づけが「CCC」のサブルート変更された。奈須がたけのこ星人らにおおまかなストーリー構成示したのもこの時期である。 キャスターらと敵対するセイバー鈴鹿御前にするというアイデアは、たけのこ星人による提案である。また、キャスター対にするため、キャスターと同じパーツ取り入れられており、武内デザイン意図『鉄腕アトム』におけるアトムアトラスたとえている。当初は優しげで『月姫』のアルクェイドに似たようなデザインだったが、没個性的かつ、Fate世界観かみ合わないことを思い悩んでいた。その後、奈須からより顔をきつくしてほしいという要望出され武内からも女子高生にしてはどうかと提案された。たけのこ星人これらの提案が非常に助かったダ・ヴィンチとのインタビューの中で話している。鈴鹿御前設定構築にはTYPE-MOONFateシリーズ歴史考察担当する作家森瀬繚らも協力している。 たけのこ星人手探りの状態からバトルシーン描いたコンプエースとのインタビューの中で話している。たけのこ星人悩んだ場面として2巻における鈴鹿御前・メルトリリス・パッションリップの三人登場する回を挙げている。メルトリリスとパッションリップは『Fate/EXTRA CCC』で既に登場していたことから当初の場面はすぐに終わる予定だったが、担当編集者である藤原後押しもあり、当初の予定よりもバトルシーン増えた

※この「制作(FoxTail)」の解説は、「Fate/EXTRA CCC」の解説の一部です。
「制作(FoxTail)」を含む「Fate/EXTRA CCC」の記事については、「Fate/EXTRA CCC」の概要を参照ください。


制作(スーパーX2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:28 UTC 版)

スーパーX」の記事における「制作(スーパーX2)」の解説

脚本 検討用脚第三稿では、浦賀水道での戦闘ゴジラ放射熱線放たず小田原沖まで移動したため、スーパーX2そのまま追撃して芦ノ湖対決するが、その後に現れたビオランテによって撃墜されるという展開であった。『vsビオランテ』のポスターはこの脚本を元にしており、ゴジラ足元の湖面描かれているメカは、デザイン決定前のスーパーX2である。 反射鏡装備するというアイデアは、監督・脚本大森一樹よるものである。 特技監督川北紘一は、熱線一発で艦艇破壊するゴジラ強さ先に見せることで、その熱線ファイヤーミラー跳ね返すスーパーX2戦闘力の高さを強調する演出としたと語っている。 再上陸したゴジラとの対決は、大阪ビジネスパークではなく鳴門海峡行われる予定であった。 絵コンテでは、大阪ビジネスパーク戦にてスーパーX2ミサイル命中してゴジラビル倒れ込むというシーン存在した遠隔操作という設定特撮スタッフ側によるもので、オペレーターシーン特撮班で描かれ初期コンテに基づいている。 デザイン デザインコンペ形式選定が行われた。造型横山宏よるものを基にしている。そのほか河森正治スタジオぬえスタジオOX長沼孝東宝映像美術)らによるデザイン案が描かれている。選定理由について川北は、横山の案がスーパーX後継機として最も安心できるものであった述べている。 造形 造型ビーグル担当ミニチュアは、ロング用のサイズものとアップ用のサイズ1/35スケール)のものが造られた。大サイズ発泡ウレタン製で、表面FRPコーティングしている。ファイヤーミラーの展開は、展開ギミック備えたものを差し替えている。ミサイル上昇ギミックは、スーパーXミサイルランチャー流用している。両モデルとも、2009年時点で東宝倉庫保管されていることが確認されている。 このほか墜落用の発泡スチロールモデル作られた撮影 浦賀水道シーン東宝プール撮影された。 発進シーンなどの撮影はB班によって行われた。 その他 『ゴジラvsモスラ』でのモスラゴジラ熱線鱗粉反射するという能力は、デザイナー青井邦夫ファイヤーミラー設定をもとに発想したものである。

※この「制作(スーパーX2)」の解説は、「スーパーX」の解説の一部です。
「制作(スーパーX2)」を含む「スーパーX」の記事については、「スーパーX」の概要を参照ください。


制作(メーサー殺獣光線車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(メーサー殺獣光線車)」の解説

サンダ対ガイラ』の初期脚本では登場しておらず、監督本多猪四郎特撮見せ場作るために加筆し登場させた。書籍ゴジラ画報』では、イギリス特撮テレビ番組『サンダーバード』登場する特殊車両影響を受けている記述している。 井上泰幸原案豊島睦がデザイン起こした可動する砲塔は、撮影カメラクレーンヒントになっているミニチュアは、『怪獣大戦争』登場したAサイクル光線車デザイン豊島睦、渡辺明)をベースとして、15分の1(約2メートル)と30分の1(約1メートル)の大小ミニチュアが2台ずつ作られた材質用いられているのは、木材FRP鉄板など。牽引車は、大サイズM24戦車、小サイズ61式戦車足回りそれぞれ使用している装置車・牽引車とも自走できないので、走行・パラボラアームの上下動ともどもピアノ線引っ張りながら行っている。発光部分にはヨウ素ランプ用いている。電源内蔵しておらず、操演用のピアノ線から送電している。 小型のミニチュア2台は『ゴジラ対ガイガン』に牽引車なしで登場し点火して燃やされた。助監督の井上英之は、ミニチュア燃やしたのは東宝映像社長田中友幸指示であった証言している。同作品では大サイズパラボラ部の支柱がなく、小サイズドーム部分が赤い塗装施されている。 木曽川でのL作戦で、メーサー車が水平に樹木切り倒すシーンは、木に火薬仕込み光線触れタイミングで着火させている。本番直前特撮監督円谷英二思いついたもので、本多喜んだという。美術の井上泰幸は、とても効果的驚いたが、打ち合わせ段階では出ない案だったので現場大変であったと述懐している。 『サンダ対ガイラ』では合成スタッフ務めていた特撮監督川北紘一は、後年ビデオ東宝特撮未使用フィルム大全集』制作の際にサンダ対ガイラ』でのメーサー殺獣光線車未使用フィルム多数発見し当時撮影時間をかけて撮影されていたことを認識したという。 『サンダ対ガイラ』の宣伝資料として、メーサー殺獣光線車各部詳細な設定公開されていた。 『ゴジラ対ガイガン』での光線発射シーンは『サンダ対ガイラ』からの流用だが、新撮部分にも同じ光学合成施して自然につながるよう編集されている。流用部分では、ガイガンメガロ逃げ回るシーンガイラ映っている。 『サンダ対ガイラ』の映画公開年度(1966年)の末尾2ケタ取って66メーサー殺獣光線車という名称を商品名とする玩具など発売されている。 海外での名称はデッドリー・レーザー・ガン。

※この「制作(メーサー殺獣光線車)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(メーサー殺獣光線車)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(92式メーサー戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(92式メーサー戦車)」の解説

登場理由について特技監督川北紘一は、スーパーX2TCシステムなども含め派手な戦闘シーン見せ意図があり、また川北自身メーサー兵器好きだったからと述べている。 デザインは、イラストレーター横山宏による原案をもとに美術助手として『ゴジラvsビオランテ』参加した長沼孝清書した外観カメイメージしたものとなっている。Gフォース仕様カラーリング検討された。 造型オガワモデリング担当ミニチュアは、アップ撮影用の大型モデル(約90センチ18分の1サイズ)が1台ロング撮影用の小型モデル(約60センチ28分の1サイズ)が2台造られたが、小型モデルのうち1台劇中破壊シーン使われた。タイヤ回転可能だ自走はできず、走行操演表現しているそのほかデザイン検討時のカポック発泡スチロールモデルも、電飾などを施され撮影使われている。 『ゴジラvsスペースゴジラ』での完成作品では未登場であるが、DVD収録されているメイキング映像未使用シーンでは、Gフォース陸戦部隊として登場しており、九州上陸したゴジラ迎撃している。資料によっては、Gフォース所属機として紹介されている。 その後ミニチュアは『超星神グランセイザー』で超古代文明兵器改造された。白いテープ表面貼って転用している。2009年時点でグランセイザー登場時の態で東宝倉庫保管されていることが確認されている。 2019年円谷英二ミュージアム限定公開される特別映像夢の挑戦 ゴジラ須賀川現る』でもレストアされたミニチュア使用された。上部ミサイルポッドサーチライト差し替えられているゴジラ関連作品への登場は『vsデストロイア以来となった

※この「制作(92式メーサー戦車)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(92式メーサー戦車)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(93式自走高射メーサー砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(93式自走高射メーサー砲)」の解説

特技監督川北紘一は、音楽担当伊福部昭に「メーサーマーチ」の新曲書いてもらいたい望み伊福部創作意欲かき立てるため脚本にないメーサータンクの新型登場させたと述べている。 決定デザイン西川伸司87式自走高射機関砲(略称は87AW)やゲパルト自走対空砲イメージしたものとなっている。当初は通常の戦車数倍巨大車両という想定で、3連装のメーサー砲が束ねられたスパイラルメーサーとしてデザインされたが、モスラバトラなどの飛行怪獣登場するということで、対飛行怪獣想定して砲塔部を対空戦車換装したものを基にしたデザインとなった。ただし、『ゴジラvsモスラ劇中ではモスラ成虫などの、飛翔している怪獣狙って攻撃するシーン無く、『ゴジラvsデストロイア』にて、飛行して逃げデストロイア完全体に対して攻撃行ったのが初となる。前晴彦青井邦夫によるデザイン案では、『モスラ』登場する原子熱線砲模したものも存在したGフォース仕様カラーリング検討されている。 造型小川モデリング担当モデルは1両しか造られていない基礎部分既存ミニチュア流用している。ミニチュア自走せず、操演走行表現しているデザイン段階では、92式よりも大型という想定であったが、ミニチュアは同サイズとなったためコックピットサイズ比が異なっている。 ミニチュアは、細い砲身先端金属パーツ付けていたため、走行時に砲身重み揺れてしまい、『vsメカゴジラ以降は支柱追加された。特技監督川北は、デザイン惚れ込んだが、もっと見栄えのするボリュームでも良かったかもしれない述懐している。また、メーサー攻撃機ともども、もっと劇中活かしたかったとも述べている。 『ゴジラvsスペースゴジラ』での完成作品では未登場であるが、DVD収録されているメイキング映像未使用シーンでは、Gフォース陸戦部隊として登場しており、九州上陸したゴジラ迎撃している。この時車両は、砲塔後部のレーダーパラボラ状に変更されている。資料によっては、Gフォース所属機として紹介されている。 その後ミニチュアは『超星神グランセイザー』で超古代文明兵器改造された。2009年時点でグランセイザー登場時の態で東宝倉庫保管されていることが確認されている。 2019年円谷英二ミュージアム限定公開される特別映像夢の挑戦 ゴジラ須賀川現る』でもレストアされたミニチュア使用された。ゴジラ関連作品への登場は『vsデストロイア以来となった

※この「制作(93式自走高射メーサー砲)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(93式自走高射メーサー砲)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(93式メーサー攻撃機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(93式メーサー攻撃機)」の解説

決定デザイン青井邦夫企画段階では完全な攻撃ヘリコプター型やティルトローター型のデザイン案が候補挙がっており、スーパーXIIIとして登場させる案も存在した脚本では攻撃用ヘリコプターメーサー兵器搭載した機体と書かれていた。川北は、ヘリコプター操演大変なため、ローターのないジェット機型に変更してもらった述べている。 ミニチュアは、オガワモデリングが製作を担当撮影モデルは、44センチメートル(1/50サイズ)のものが2機制作された。操演ピアノ線によって行われるが、回転シーン尾翼支柱固定して撮影している。平成ゴジラシリーズ特技監督である川北紘一が最も気に入っていると言及している兵器である。 川北は、モスラバトラの関係を主軸とするため、空中攻撃機登場させつつメカ描写抑えめにしたと述べている。また、メーサー攻撃機については、デザイン惚れ込んだ映像では線が細くA-10攻撃機V-107 バートルのようなボリュームがあってもよかった述懐している。 劇中未登場ながらも『ゴジラvsスペースゴジラ』では国連Gフォースにも参加してゴジラ攻撃する予定だった。資料によっては、Gフォース所属機として紹介されている。カラーリングGフォース仕様変更されている。 『VSモスラ』のテレビ放送では、登場シーンカットされている。

※この「制作(93式メーサー攻撃機)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(93式メーサー攻撃機)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(95式冷凍レーザータンク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(95式冷凍レーザータンク)」の解説

特技監督川北は、スーパーXIIIともどもゴジラメルトダウン食い止めるための手段として冷凍砲を装備したメカ登場必然であった述べている。 デザイン西川伸司担当。未製作映画モスラVSバガン』の企画時描かれ新型原子熱線砲車が元になっている。 造型オガワモデリング製。撮影用に作製されミニチュアモデル1台だけだが、合成によって多数配備されているように演出されている。メインボディは強度持たせるため、アルミ板をボルト組んでいる当初は次世代メーサーシステムと銘打った、近未来的なデザイン新型メーサー兵器とするデザイン案もあった。 その後ミニチュアは『超星神グランセイザー』で超古代文明兵器改造された。2009年時点で東宝倉庫保管されていることが確認されている。 2019年円谷英二ミュージアム限定公開される特別映像夢の挑戦 ゴジラ須賀川現る』でもレストアされたミニチュア使用された。ゴジラ関連作品への登場は『vsデストロイア以来となった

※この「制作(95式冷凍レーザータンク)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(95式冷凍レーザータンク)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(90式メーサー殺獣光線車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:00 UTC 版)

メーサー兵器」の記事における「制作(90式メーサー殺獣光線車)」の解説

デザイン丸山浩また、砲身カバー分割されるアイデア西川伸司アイデアである。当初は66メーサー車をそのまま使う案もあったが、最終的には66式の改良後継型として、より現代的なディティール仕上げられた。牽引車タイヤ式にするという意見もあったが、監督の手塚昌明のこだわりにより、オリジナルと同じ装軌車両となった丸山による初稿では、単独のメーサー戦車として描かれていた。 メーサー殺獣光線車登場させた理由について、手塚ゴジラ以外の東宝特撮映画象徴位置づけている。 撮影用ミニチュアとして大小2種類モデル造られているほか、原寸大牽引車セットも造られた。95式冷凍レーザータンク除くと純粋なメーサー兵器車内操縦席の様子が描かれたのは初めてである。ミニチュアは、ラジコンによって自走昇降が可能となっている。 『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の絵コンテでは、90式メーサー車を護衛艦ヘリコプター用飛行甲板搭載しゴジラとの海戦検討されていた。最終的には不採用とされたが、このシーン用に作られた爆破ミニチュアモデルは、首都高速道路ゴジラ放射熱線を受けて爆発・炎上する場面で使用された。

※この「制作(90式メーサー殺獣光線車)」の解説は、「メーサー兵器」の解説の一部です。
「制作(90式メーサー殺獣光線車)」を含む「メーサー兵器」の記事については、「メーサー兵器」の概要を参照ください。


制作(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:29 UTC 版)

帝一の國」の記事における「制作(映画)」の解説

プロデューサー務めたフジテレビ若松央樹は、帝一の派閥入り描いた1年生編」と、帝一たちが生徒会長の座を巡って戦う「2年生編」をどのようにして1本映画にまとめるべきか悩んだと、実写映画版のトークショー明かしている。同席した監督永井聡も、果たして帝一が生徒会長になれるか否かまでを描かないと、原作知らない観客納得できないだろうと話している。また、映画化にあたり原作者古屋オリジナルエピソードの制作も許可したが、永井原作良さが出なかったため、実行しなかったことを明らかにしている。 キャスティング 実写映画化にあたり永井舞台版のファンをがっかりさせたくないという理由から、舞台版とは異なキャスティングにした。ただし、舞台版で帝一役演じた木村了堂山圭吾役で起用したことについては、永山舞台版における木村演技評価した結果よるものである。

※この「制作(映画)」の解説は、「帝一の國」の解説の一部です。
「制作(映画)」を含む「帝一の國」の記事については、「帝一の國」の概要を参照ください。


制作(滅亡迅雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:09 UTC 版)

ゼロワン Others」の記事における「制作(滅亡迅雷)」の解説

ゼロワン』のテーマテレビシリーズ本編描き切っていることから人工知能危う部分など、ハードな側面踏み込んだものとして、永夢の過去掘り下げた『仮面ライダーエグゼイド』小説のように、やる以上は意味のあるものを書くものとなったまた、本作品の結末について脚本高橋バッドエンドではないものの少なくともハッピーエンドではないと語っている。 Vシネクストは、テレビシリーズ映画でもないファン向けのよりコアな作品作れるため、大人っぽいキャラクターたちの思想や、クールな雰囲気であることから、子供向けドラマのような演出や画は抑えられている。

※この「制作(滅亡迅雷)」の解説は、「ゼロワン Others」の解説の一部です。
「制作(滅亡迅雷)」を含む「ゼロワン Others」の記事については、「ゼロワン Others」の概要を参照ください。


制作(アニメ映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 09:54 UTC 版)

妖獣都市」の記事における「制作(アニメ映画)」の解説

妖獣都市アニメ化企画は、マッドハウスによるオムニバス映画迷宮物語』の一編である「走る男」を観たプロデューサーによって持ち込まれた。 監督務めた川尻善昭36歳であり、当時は大人向け作品がほとんどなかったため、大人楽しめるアニメ作るという目標立てていたと、氷川竜介との対談の中で振り返っている。川尻は『北国の帝王』(1973年)のような骨太な男の映画」を好んでいたものの、商品として成立させるべくロマンス叙事性といった要素を取り入れていた。また、川尻あらゆる国のあらゆる人が見て理解できるストーリー構成目指しており、特に本作について原作良さ伝え気持ち大きかったため、客観的な目線がすごく養われたと氷川との対談の中で振り返っている。 当初マッドハウス側は35分のOVAという説明を受けていたが、絵コンテができた段階マッドハウス側のプロデューサーである丸山正雄を通じて80分のOVAだったことが判明する作品完成優先させたい川尻は、増量用のプロット急遽作成し、既にできていた35分の絵コンテそのままに前後途中部分書き足す形でシーン伸ばした。たとえば、当初の構想では、空港の場面から始まり教会の場面で物語締めくくる予定だったが、追加分では冒頭蜘蛛女登場する場面書き加えられた。 本作冷たい空気感を表現したい思っていた川尻は、青系のセル絵の具適切に配置することで、撮影後多彩な色彩を表現できるという考えから、青を基調とした色遣いにした。その一方で、本作現実東京舞台としていたため、日常的な風景を「妖美世界」として切りとるのに苦心した振り返っている。

※この「制作(アニメ映画)」の解説は、「妖獣都市」の解説の一部です。
「制作(アニメ映画)」を含む「妖獣都市」の記事については、「妖獣都市」の概要を参照ください。


制作(実写映画版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 23:09 UTC 版)

破裏拳ポリマー」の記事における「制作(実写映画版)」の解説

2014年頃、制作プロダクション「ダブル・フィールド」の丸田順悟タツノコプロ実写化企画持ちかけ同社側も創立55周年記念企画検討していたことからこれを快諾しその後にKADOKAWA参加経て正式に企画として立ち上げられた。監督には映画赤×ピンク』で丸田組んだ坂本浩一起用され彼の意とするアクション中心作品である『破裏拳ポリマー』の実写化となったキャラクターデザインには、バンダイ退社したばかりの野中剛KADOKAWA側の提案により起用された。実制作作業野中によるポリマーデザイン最初に行われ近年のアメコミヒーロー映画のようなリアリティのあるヒーロー日本の制作状況下で作ること目指された。 スーツ造型ブレンドマスター担当したが、女性キャラクターであるポリマーアルテミスのみ、JAP工房衣裳として手がけた坂本本作品のターゲットについて、オリジナル視聴していた40代以上の層や現代特撮ヒーロー作品視聴している若者層のほか、若い女性層にも「イケメンバディもの」としての魅力感じてもらいたいとしている。

※この「制作(実写映画版)」の解説は、「破裏拳ポリマー」の解説の一部です。
「制作(実写映画版)」を含む「破裏拳ポリマー」の記事については、「破裏拳ポリマー」の概要を参照ください。


制作(非クラシカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 23:42 UTC 版)

第61回グラミー賞」の記事における「制作(非クラシカル)」の解説

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカルベックカラーズColors)』 - Julian BurgSerban Ghenea、David "Elevator" GreenbaumJohn HanesBeck HansenGreg Kurstin、Florian Lagatta、Cole M.G.N.、Alex PascoJesse Shatkin、Darrell ThorpCassidy Turbin(エンジニア)。Chris BellmanTom CoyneEmily LazarRandy Merrillマスタリング・エンジニア)。 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカルファレル・ウィリアムス 最優秀リミックスド録音 ハイム "Walking Away" (Mura Masa Remix) - Alex Crossanリミキサー

※この「制作(非クラシカル)」の解説は、「第61回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(非クラシカル)」を含む「第61回グラミー賞」の記事については、「第61回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(没入型オーディオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 23:42 UTC 版)

第61回グラミー賞」の記事における「制作(没入オーディオ)」の解説

最優秀没入型オーディオ・アルバム(改名アラン・パーソンズ・プロジェクトEye in the Sky:35th Anniversary Edition』 - アラン・パーソンズ(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Dave DonnellyPJ Olssonアラン・パーソンズ(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。アラン・パーソンズ、(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(没入型オーディオ)」の解説は、「第61回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(没入型オーディオ)」を含む「第61回グラミー賞」の記事については、「第61回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(人生オワタの大冒険2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 07:57 UTC 版)

人生オワタの大冒険」の記事における「制作(人生オワタの大冒険2)」の解説

2020年8月15日には続編となる『人生オワタの大冒険2』が公開された同作公開にあたり作者キングは「Flashあと少しで終わるので、令和最初で最後Flashゲームとして本作作ったという旨ツイート行なっているほか、電ファミニコゲーマーの記事によると、キング『2』の制作にあたり3か月ほど休業したとされている『2』音楽キングの別作品ロッコちゃん』などへの楽曲提供行ったAsagen担当している。

※この「制作(人生オワタの大冒険2)」の解説は、「人生オワタの大冒険」の解説の一部です。
「制作(人生オワタの大冒険2)」を含む「人生オワタの大冒険」の記事については、「人生オワタの大冒険」の概要を参照ください。


制作(非クラシカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 15:53 UTC 版)

第54回グラミー賞」の記事における「制作(非クラシカル)」の解説

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカルアリソン・クラウスユニオン・ステーション『ペーパー・エアプレーン(Paper Airplane)』 - マイク・シプリーエンジニア)。Brad Blackwoodマスタリング・エンジニア)。 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル) ポール・エプワース(英語版最優秀リミックスド録音 Benny Benassi&Gary Go "Cinema" (Skrillex Remix) - スクリレックスリミキサー

※この「制作(非クラシカル)」の解説は、「第54回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(非クラシカル)」を含む「第54回グラミー賞」の記事については、「第54回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンド・サウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 15:53 UTC 版)

第54回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンド・サウンド)」の解説

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム デレク・アンド・ザ・ドミノスいとしのレイラ40周年記念スーパー・デラックス・エディション)(Layla and Other Assorted Love Songs (Super Deluxe Edition))』 - エリオット・シャイナー(英語版)(サラウンド・ミックス・エンジニア)。ボブ・ラドウィック(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Bill Levenson、エリオット・シャイナー(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンド・サウンド)」の解説は、「第54回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンド・サウンド)」を含む「第54回グラミー賞」の記事については、「第54回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(非クラシカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 14:47 UTC 版)

第56回グラミー賞」の記事における「制作(非クラシカル)」の解説

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカルダフト・パンクランダム・アクセス・メモリーズRandom Access Memories)』 - Peter Francoミック・グゾウスキーFlorian Lagatta、Daniel Lernerエンジニア)。Bob Ludwigマスタリング・エンジニア)。 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカルファレル・ウィリアムス 最優秀リミックスド録音(非クラシカルラナ・デル・レイ "Summertime Sadness" (Cedric Gervais Remix) - Cedric Gervaisリミキサー)(『Born to Die所収

※この「制作(非クラシカル)」の解説は、「第56回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(非クラシカル)」を含む「第56回グラミー賞」の記事については、「第56回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンド・サウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 14:47 UTC 版)

第56回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンド・サウンド)」の解説

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム ポール・マッカートニー『ライヴ・キス2012Live Kisses)』 - アル・シュミット(英語版)(サラウンド・ミックス・エンジニア)。トミー・リピューマ(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンド・サウンド)」の解説は、「第56回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンド・サウンド)」を含む「第56回グラミー賞」の記事については、「第56回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンド・サウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 16:08 UTC 版)

第57回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンド・サウンド)」の解説

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム (Best Surround Sound Album) ビヨンセビヨンセBeyoncé)』- Elliot Scheiner(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Bob Ludwig(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。ビヨンセ・ノウルズ(サラウンド・プロデューサー)。 ウラディーミル・アシュケナージ and Philharmonia OrchestraBeppe: Remote Galaxy』 - Morten Lindberg(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Morten Lindberg(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Morten Lindberg(サラウンド・プロデューサー)。 David Miles HuberChamberland: The Berlin Remixes』 - David Miles Huber(サラウンド・ミックス・エンジニア兼サラウンド・マスタリング・エンジニア兼サラウンド・プロデューサー) ピンク・フロイド『対(20周年記念デラックス・エディション)(The Division Bell (20th Anniversary Deluxe Box Set))』 - Damon Iddins、Andy Jackson(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Damon Iddins、Andy Jackson(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。 Song ZuyingYu LongChina Philharmonic OrchestraEpics Of Love』- Hans-Jörg Maucksch(サラウンド・ミックス・エンジニア兼サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Günter Pauler(サラウンド・プロデューサー)。 ベンジャミン・ザンダー&フィルハーモニア管弦楽団マーラー交響曲第2番復活」(Symphony No. 2 'Resurrection')』 - Michael Bishop(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Michael Bishop(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Elaine Martone(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンド・サウンド)」の解説は、「第57回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンド・サウンド)」を含む「第57回グラミー賞」の記事については、「第57回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 23:33 UTC 版)

ウルトラマンタイガ」の記事における「制作(映画)」の解説

当初から、ニュージェネレーションヒーローズの登場決まっており、『タイガ』のテレビシリーズ最終回ヒロユキの力を借りずとも実体化できるようになったことを打ち明けられないタイガヒロユキ関係性を描くため、「ウルトラマンタイガ卒業スペシャル」というワードから『3年B組金八先生』のOBのようにニュージェネレーションヒーローズたちの中でヒロユキタイガの別れを描くものとなった物語は、『タイガ』のテレビシリーズ半年となっている。 トライスクワッド3体の共闘シーンは、実体化できることカミングアウトするシーン直前にあったため、台本にはなかったが急遽追加された。 ラストシーンタイガたちの社員証のくだりがあったため、その逆算からテレビシリーズ最終回ラストシーンでも社員証のくだりが入れられた。

※この「制作(映画)」の解説は、「ウルトラマンタイガ」の解説の一部です。
「制作(映画)」を含む「ウルトラマンタイガ」の記事については、「ウルトラマンタイガ」の概要を参照ください。


制作(非クラシカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 01:41 UTC 版)

第55回グラミー賞」の記事における「制作(非クラシカル)」の解説

最優秀エンジニアド録音 ヨーヨー・マStuart Duncanエドガー・メイヤークリス・シーリ『ゴート・ロデオ・セッションズ(The Goat Rodeo Sessions)』 - Richard Kingエンジニア)。Richard Kingマスタリング・エンジニア)。 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル) ダン・オーバック(英語版) (ザ・ブラック・キーズEl Camino』、ドクター・ジョンLocked Down』等) 最優秀リミックスド録音(非クラシカルネロ英語版) "Promises (Skrillex & Nero Remix)" - スクリレックスリミキサー

※この「制作(非クラシカル)」の解説は、「第55回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(非クラシカル)」を含む「第55回グラミー賞」の記事については、「第55回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(OVA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 10:15 UTC 版)

THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!」の記事における「制作(OVA)」の解説

本作は、アイドルファンである主人公(のちの特別プロデューサー)と小鳥、そしてアイドル達との交流表現したいという坂上考えからOVAとして制作された。アニメーション製作スタッフ『THE IDOLM@STER』好きだという理由で選ばれた

※この「制作(OVA)」の解説は、「THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!」の解説の一部です。
「制作(OVA)」を含む「THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!」の記事については、「THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!」の概要を参照ください。


制作(電脳学園IV エイプハンターJ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 11:43 UTC 版)

電脳学園」の記事における「制作(電脳学園IV エイプハンターJ)」の解説

本作は、『バトルスキンパニック』同様、漫画家みんだ☆なお眠田直)を中心に開発すすめられた。これまでの電脳学園シリーズをはじめとするガイナックス作品群に対してユーザーからプレイ時間が短いという指摘寄せられたため、漫画的なテンポでユーザー混乱するだろうとみんだらは判断し本作ではアドベンチャーゲームパート長くするなどして、テンポ下げ方針取られた。アドベンチャーゲームならミステリがよいという提案もあったが、物語の中殺人起こすと『電脳学園シリーズ世界観かみ合わなくなるため、探し物変更された。みんだの提案により、『ブレードランナー』からヒントを得る形で探索対象決定した。「急激に進化したサルたちが人間社会溶け込み、それを主人公が追う」という設定について、みんだは「ロボットサル置き換えただけで馬鹿らしくなるというのが根底にある」と、『美少女ゲーム最前線』でのインタビューの中で述べている。また、みんだは前述のインタビューの中で人間見分けつかないものを探すというアイデアアドベンチャーゲームに合うとは考えていたが、まさか通るとは思っていなかったとも話しており、企画通したガイナックスに対して感謝言葉述べている。本作キャラクターデザイン・原画末次徹朗が担当しCG作監玉谷純が務めたまた、プログラム生田雄大担当した

※この「制作(電脳学園IV エイプハンターJ)」の解説は、「電脳学園」の解説の一部です。
「制作(電脳学園IV エイプハンターJ)」を含む「電脳学園」の記事については、「電脳学園」の概要を参照ください。


制作(アニメ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:55 UTC 版)

デビルマンレディー」の記事における「制作(アニメ版)」の解説

その制作にあたっては、週1回脚本家集まって会議行い方向性統一を図るといった試みや、テレビアニメという枠組みの中で出来る限り現実感実写感を醸成すべく、舞台都内東京近郊実在する場所とし、それを丹念なロケハン取材と、慎重な色彩設計に基づきリアルに描き出す、といった工夫努力なされたデザインについて苦労多かったようで、例えば、一般的にアニメでは人物の服装あまり変わらないことが多いのに対し本作品の登場人物たちは現実同じく毎回違う服装であり、ジュンなどに至っては変身の度に服が破れなおかつモデルという職業あいまって頻繁に服装変わる。そのため、キャラクターデザイナー西岡忍は膨大な数ファッション雑誌購入し悪戦苦闘することとなったという。また、色彩設計中山久美子原色など、いわゆるアニメっぽい色を避けるよう監督に念を押されていたといい、加えて本作品は夜や地下など暗めのシーンが多いことや前述の服装膨大な種類重なって、その色彩設計にはかなり苦労したという。 一方で本編作画について安定したとは言い難く、回によってキャラクターの顔がかなり違ってしまっている。これは、各作画監督個性力量違いはもちろん西岡デザイン美し反面、非常に繊細で再現難しかったことが大きな原因である。しかし、当の西岡多忙から本編にはほとんど関われず、その悔しさ唯一作画監督担当した最終話LDジャケット、『デビルマンレディー アニメーションメモワール』の描き下ろしなどにぶつけたといい、その甲斐あってそのどれもが極めて質の高い仕上がりとなっている。特にLDジャケットについては、本編猟奇的かつ官能的な雰囲気を非常に美しく表現することに成功しており、平野俊貴小中千昭に「本編暴力描写性描写自主規制せねばならない中で表現であってLDジャケット雰囲気こそが本来描きたかったものである」と評されている。 音楽は、渡辺俊幸作曲した当時テレビアニメとしては珍しくフルオーケストラによる収録が行われた。 スタッフには、小中千昭諸冨洋史古怒田健志村井さだゆき長谷川圭一赤星政尚丸山浩など、平成ウルトラマンシリーズ関わった人物が多い。その中でも、脚本古怒田長谷川赤星、モンスターデザインの丸山は、本作品がアニメデビュー作である。

※この「制作(アニメ版)」の解説は、「デビルマンレディー」の解説の一部です。
「制作(アニメ版)」を含む「デビルマンレディー」の記事については、「デビルマンレディー」の概要を参照ください。


制作(チェイサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:04 UTC 版)

ドライブサーガ」の記事における「制作(チェイサー)」の解説

プロデューサー大森敬仁によれば最初の案ではチェイス好きになる女の子を出す予定だったが、逆に彼がテレビシリーズ見せなかった姿を見せようということになり、「人間化するチェイス」というコンセプト定まったという。また、三条から最初にもらったメモ終わりにアクセル出せますか?」と書いてあったなど、照井登場初期構想段階から盛り込まれていた。このことは、警官仮面ライダーの共演企画本作まで実現していなかったことや、照井役の木ノ本嶺浩アクセル共通項の多い『ドライブ』への出演望んでいたという噂を、『W』のメインライターでもあった三条が耳にしたことから取り入れられた。なお、プロデューサー望月によれば木ノ本本作への出演依頼した際にマネージャーから「ようやく来ましたか! 遅いです。」と言われたそうで、木ノ本当時衣裳着られるよう体重を落とし万全の態勢で撮影臨んだという。 プロデューサー補の小髙史織によればチェイス心を通わせる少年田宮洋役の吉田晴登は『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のオーディションをきっかけに出演することとなったそうで、石田にも絶賛されたという。 「テレビシリーズでいうと、ちょうど事件谷間時期」に相当する本作を、「最終回を見終わった後のファンに『あのころチェイスかわいかったな〜』なんて懐かしく思ってもらえれば」と評した三条は、木ノ本泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ役の竹内涼真並んでいる姿を見るため、彼らの共演シーン撮影見学行ったという。また、その現場にて照井と亜樹子電話シーン木ノ本と石田で盛り上がりシナリオにない台詞加えられたが、それについて三条ところには「"ある人物"の名前を急いで考えてほしい」と連絡来たという。その"ある人物"とは照井竜の娘の名前である。 撮影2015年12月までに完了しており、同年12月2日夜に池袋のとある会場40 - 50人のキャストスタッフ集まって打ち上げパーティー開催された際には、チェイサー / 狩野洸一の上遠野太洸や竹内素顔が、週刊女性によって報じられている。

※この「制作(チェイサー)」の解説は、「ドライブサーガ」の解説の一部です。
「制作(チェイサー)」を含む「ドライブサーガ」の記事については、「ドライブサーガ」の概要を参照ください。


制作(第3期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:37 UTC 版)

チーズスイートホーム」の記事における「制作(第3期)」の解説

北本2013年から14年海外研修制度ヨーロッパ滞在した際、ヨーロッパ各国担当編集者出版関係者話を聞く中で、彼らがこなみが大切にしてきたものを汲み取っていることに気づき今の状態のまま終わらせるのはもったいないと感じようになった北本はメインターゲットである子どもたちに新しい「チー」を贈りたい考え、再アニメ化には最新技術導入考えていた。一方で第1期・第2期フランスでヒットしたのはアメリカ的ビジュアルストーリー展開でないところにある考え最新技術導入しつつもこれまでのファン受け入れ方法模索した最終的に本作初めてのテレビシリーズ制作となるマーザ・アニメーションプラネット第3期の制作に携わることとなり、監督には草野公紀が起用された。北本第1期・第2期経験から、新人はこうすべきという思考ではいるのではなく、「この作品どうしたら良いか」ということ自分なりに仮説立ててから一緒に模索してくれるため、新人草野第3期監督起用したCGWORLDとのインタビューの中で述べている。草野初め北本会った際、単行本8巻の帯についた毎日思い出」というキャッチコピー引き合いに出し、「テレビシリーズ1年間子どもたち興味を引き続けなくてはいけないだけれども日々の淡々とした日常チー楽しんでいるということアニメーションとして伝えたい」と話した。 マーザとの模索の末、チーデザインにおいてはキャラクターとしてのチー」を優先するという方針とられたフランスで販売されていたフィギュアを基に現実よりも頭が大きく丸顔下ぶくれの、暖かみのあるデザインとなったまた、草野子猫よたよたした動き野生思わせるしなやかな動きさらには原作描かれるコミカルな動き意識したほか、チーらしい動きを表現するために、チーモデル骨格の首の部分工夫した演出においてはチー動きメインにする方針がとられ、その一環として動かすべき背景そうでない背景とでデフォルメをつけ、視聴者疲れないようにする工夫施された

※この「制作(第3期)」の解説は、「チーズスイートホーム」の解説の一部です。
「制作(第3期)」を含む「チーズスイートホーム」の記事については、「チーズスイートホーム」の概要を参照ください。


制作(サラウンド・サウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 01:41 UTC 版)

第55回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンド・サウンド)」の解説

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム パトリシア・バーバー(英語版)『Modern Cool』 - ジム・アンダーソン(英語版)(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Darcy Proper(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Michael Friedman(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンド・サウンド)」の解説は、「第55回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンド・サウンド)」を含む「第55回グラミー賞」の記事については、「第55回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(非クラシカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 01:48 UTC 版)

第52回グラミー賞」の記事における「制作(非クラシカル)」の解説

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル) イモージェン・ヒープ(英語版)『Ellipse』 - イモージェン・ヒープ(エンジニア)。 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカルブレンダン・オブライエン - AC/DC悪魔の氷Black Ice)』 最優秀リミックスド録音(非クラシカルデヴィッド・ゲッタケリー・ローランド "When Love Takes Over" (Electro Extended Remix) - デヴィッド・ゲッタリミキサー)(『One Love所収

※この「制作(非クラシカル)」の解説は、「第52回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(非クラシカル)」を含む「第52回グラミー賞」の記事については、「第52回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンドサウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 01:48 UTC 版)

第52回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンドサウンド)」の解説

最優秀サラウンドサウンド・アルバム Robert Spanoアトランタ交響楽団合唱団Transmigration』 - Michael Bishop(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Michael Bishop(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Elaine Martone(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンドサウンド)」の解説は、「第52回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンドサウンド)」を含む「第52回グラミー賞」の記事については、「第52回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンド・サウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 13:39 UTC 版)

第53回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンド・サウンド)」の解説

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム マイケル・スターンKansas City Symphonyブリテン青少年のための管弦楽入門Britten's Orchestra)』- Keith O. Johnson(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Keith O. Johnson(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。David Frost(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンド・サウンド)」の解説は、「第53回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンド・サウンド)」を含む「第53回グラミー賞」の記事については、「第53回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(サラウンドサウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 08:25 UTC 版)

第50回グラミー賞」の記事における「制作(サラウンドサウンド)」の解説

最優秀サラウンドサウンド・アルバム ザ・ビートルズLOVE』 - Paul Hicks(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Tim Young(サラウンド・マスタリング・エンジニア。George Martinジョージ・マーティン(サラウンド・プロデューサー)。

※この「制作(サラウンドサウンド)」の解説は、「第50回グラミー賞」の解説の一部です。
「制作(サラウンドサウンド)」を含む「第50回グラミー賞」の記事については、「第50回グラミー賞」の概要を参照ください。


制作(柳生斬魔録)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:04 UTC 版)

デモンゲイズ2」の記事における「制作(柳生斬魔録)」の解説

9月15日から18日開かれた東京ゲームショウ2016にて、「PROJECT-KENGO-」と呼ばれていた大型アップグレード正式名称が「柳生斬魔録 コール・オブ・ザ・グリモダール」であることが明らかにされた。ディレクター安宅元也は、「柳生斬魔録」を『デモンゲイズ2』の最終形態称しており、「前作クリアできたユーザー全体半数だったことを悔しかったので、『デモンゲイズ2』はプレイヤー全員クリアできることを目指してきたが、難しいこと挑戦したい人を置いてきぼりにするわけにはいかないため、このような形にした」と述べている。前作においてグリモダール城で脱落者多かったことから、「柳生斬魔録」の舞台としてグリモダール城が選ばれたゲームライターベニー松山シナリオライター務め松山親交のある漫画家萩原一至敵キャラクター新たなる邪神」のデザイン手掛けた

※この「制作(柳生斬魔録)」の解説は、「デモンゲイズ2」の解説の一部です。
「制作(柳生斬魔録)」を含む「デモンゲイズ2」の記事については、「デモンゲイズ2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「制作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

制作

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:17 UTC 版)

名詞

せいさく

  1. 芸術作品などを作ること。

発音(?)

せ↗ーさく

動詞

活用

サ行変格活用
制作-する

「制作」の例文・使い方・用例・文例




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「制作」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



制作のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFate/Grand Order (アニメ) (改訂履歴)、Fate/EXTRA CCC (改訂履歴)、スーパーX (改訂履歴)、メーサー兵器 (改訂履歴)、帝一の國 (改訂履歴)、ゼロワン Others (改訂履歴)、妖獣都市 (改訂履歴)、破裏拳ポリマー (改訂履歴)、第61回グラミー賞 (改訂履歴)、人生オワタの大冒険 (改訂履歴)、第54回グラミー賞 (改訂履歴)、第56回グラミー賞 (改訂履歴)、第57回グラミー賞 (改訂履歴)、ウルトラマンタイガ (改訂履歴)、第55回グラミー賞 (改訂履歴)、THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU! (改訂履歴)、電脳学園 (改訂履歴)、デビルマンレディー (改訂履歴)、ドライブサーガ (改訂履歴)、チーズスイートホーム (改訂履歴)、第52回グラミー賞 (改訂履歴)、第53回グラミー賞 (改訂履歴)、第50回グラミー賞 (改訂履歴)、デモンゲイズ2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの制作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS