舞台とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 舞台の意味・解説 

ぶ‐たい【舞台】

読み方:ぶたい

演劇舞踊・音楽などを行うために設けられた場所。ステージ。「—に上がる」「能—」「回り—」

1の上行われる演技演奏。「晴れの—をつとめる」「一人—」

小説など設定された時代状況など。「近未来を—とする映画

腕前見せる場所。活躍の場所。「世界を—に飛び回る


舞台

作者井上靖

収載図書井上靖全集 第2巻 短篇 2
出版社新潮社
刊行年月1995.6


舞台

作者白川ゆうき

収載図書蔵王おろし白川ゆうき作品
出版社慧文社
刊行年月2007.12


舞台

読み方:ぶたい,ぷたい

  1. 家屋ノコトヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・大分県
  2. 家屋を云ふ。
  3. 家屋のことをいう。

分類 大分県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

舞台

読み方:ブタイ(butai)

所在 福島県安達郡本宮町


舞台

読み方:ブタイ(butai)

所在 新潟県南魚沼市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

舞台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:54 UTC 版)

舞台(ぶたい、: stage)とは、演劇ダンス伝統芸能演芸など、舞台芸術の表現者が作品を演じるための、一定の空間。転じて、舞台芸術に属する作品のジャンルを指し「舞台」と呼ぶこともある。また、演壇などの、舞台に類似する機能をもった一定の空間や機構を指し、舞台と呼ぶことがある。


  1. ^ 重要有形民俗文化財/分類/民俗芸能、娯楽、遊戯に用いられるもの”. 国指定文化財等データベース (2017年3月19日). 2017年3月19日閲覧。


「舞台」の続きの解説一覧

舞台(講談)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 18:37 UTC 版)

嬉野雅道」の記事における「舞台(講談)」の解説

2015年 藤村源五郎一座人斬幕末伝』4月東京6月大阪7月札公演 藤村源五郎一座戦国列伝12月仙台大阪公演 2016年 藤村源五郎一座戦国列伝4月東京公演 劇団イナダ組亀屋ミュージック劇場5月札幌、東京公演 - 今まで講談師として舞台に上がっていたが、「亀屋ミュージック劇場」にて自身初の演技を行う。俳優デビュー作である

※この「舞台(講談)」の解説は、「嬉野雅道」の解説の一部です。
「舞台(講談)」を含む「嬉野雅道」の記事については、「嬉野雅道」の概要を参照ください。


舞台(劇団外部公演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 08:55 UTC 版)

白柳力」の記事における「舞台(劇団外部公演)」の解説

舞台版『世界どこにでもある、場所2』脚本提供2010年下北沢駅前劇場東日本大震災復興支援チャリティ公演ポチッとな。 -Switching On Summer-』脚本・演出2011年相鉄本多劇場ベイシア文化ホール相鉄本多劇場25周年記念公演男子ing!!脚本・演出2011年相鉄本多劇場) 『男子ing!!脚本・演出2012年新宿スペース107) 『ポチッとな。 -Switching On Summer-』脚本・演出2012年俳優座劇場相鉄本多劇場) 『コミックスGO GO脚本・演出2012年8月17日-26日俳優座劇場) 『男子ing!!脚本・演出2013年3月8日-17日俳優座劇場) 『ポチッとな。-Switching On Summer-』脚本・演出2013年7月10日-15日俳優座劇場) 『ミニチュア!!脚本・演出2014年3月19日-23日新宿スペース107) 『ヨビコー!~You be cool!~』脚本・演出ゲスト出演2014年10月22日-26日六行会ホール) 『ヘブンイレブン!』脚本・演出2015年3月11日-15日俳優座劇場) 『三ツ星願いを!』脚本・演出2015年7月8日-12日俳優座劇場) 『負けんな漫研!』脚本・演出2015年10月30日-11月3日新宿LIVE) 『ヨビコー!!You be cool!!~』脚本・演出2016年3月2日-6日六行会ホール) 『BANK BANG LESSON!!脚色演出2016年8月30日-9月4日六行会ホール) 『主人オオアリクイ殺され1年過ぎました脚色演出2016年10月5日-10日俳優座劇場) 『ミニチュア!!フリーペーパーナイス街~』脚本・演出2017年3月8日-12日俳優座劇場) 『負けんな漫研!』脚本・演出2017年9月6日-10日六行会ホールミュージカル『ハッピーマーケット!』脚本・演出作詞2017年11月22日-26日スペース・ゼロ) 『わが家最終的解決演出2018年3月28日-4月1日シアターサンモール) 『男子はつらくないよ?』脚本・演出2018年7月29日-8月4日三越劇場) 『明るお葬式るんるん2度死ぬ~』脚色演出2018年9月12日-17日俳優座劇場) 『熱血硬派くにおくん 乱闘演舞編』脚本・演出2018年11月21日-25日スペース・ゼロ

※この「舞台(劇団外部公演)」の解説は、「白柳力」の解説の一部です。
「舞台(劇団外部公演)」を含む「白柳力」の記事については、「白柳力」の概要を参照ください。


舞台(宝塚歌劇以外)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 08:16 UTC 版)

有馬稲子」の記事における「舞台(宝塚歌劇以外)」の解説

浪花の恋の物語1963年奇跡の人1964年芸術座) - アン・サリヴァン風と共に去りぬ1966年 - 1967年帝国劇場こけら落し作品) - スカーレット・オハラ浮かれ式部1972年帝国劇場双頭の鷲 L'Aigle à Deux Têtes原作ジャン・コクトー)(1979年3月博品館劇場浮雲 天と地と 噂の二人 絵島生島 細川ガラシャ夫人 THE LADY AND THE CLARINET 今夜あなたとクラリネット1990年博品館劇場放浪記1996年芸術座) - 日夏京子リチャード三世1999年彩の国シェイクスピア・シリーズ/演出蜷川幸雄武蔵坊弁慶 花と竜 智恵子抄 真田太平記 織田信長 宮本武蔵 嘆きのテレーズ原作エミール・ゾラ鹿鳴館原作三島由紀夫遠山の金さん 三人姉妹原作アントン・チェーホフ樅の木は残った わが愛 はなれ瞽女おりん1980年 - 2003年)(2003年 - 2007年代表作上演回数684回。

※この「舞台(宝塚歌劇以外)」の解説は、「有馬稲子」の解説の一部です。
「舞台(宝塚歌劇以外)」を含む「有馬稲子」の記事については、「有馬稲子」の概要を参照ください。


舞台(脚本・演出)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 08:30 UTC 版)

宮田健吾」の記事における「舞台(脚本・演出)」の解説

2005年秋 劇団Team Japan Spec.」公演遥かな乃主汰瑠寺】 東京:ウッディシアター中目黒 2017年9月 オリジナル朗読劇思い出コンビーフと共に東京:スタジオユーキース 2019年2月マグナとふしぎの少女神奈川神奈川県民ホール 2019年6月想い出コンビーフ乗せて】【想い出鐘が鳴る街】 東京APOCシアター 2019年9月 オフィス・デュオ制作ドクvol.1訪ねて3人キュン東京赤羽会館 出演平川大輔 / 代永翼 / 畠中祐 2020年2月想い出コンビーフ乗せて東京成増アクトホール 出演恒松あゆみ / 米内佑希 / 南早紀 (声優) / ランズベリー・アーサー / 山下七海 / 青山玲菜 / 伝坂勉 / 板橋玲奈 2020年2月 オフィス・デュオ制作ドクvol.2 【君を守る。そんなの猫飯前さ……】 東京成増アクトホール 出演伊東健人 / 濱健人 / 小松昌平

※この「舞台(脚本・演出)」の解説は、「宮田健吾」の解説の一部です。
「舞台(脚本・演出)」を含む「宮田健吾」の記事については、「宮田健吾」の概要を参照ください。


舞台(経歴)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:57 UTC 版)

春川芽生」の記事における「舞台(経歴)」の解説

初舞台2015年の「心は孤独なアトム」(森岡利行 作・演出)である。 2017年の「美少女戦士セーラームーン -Le Mouvement Final-」にオーディションで役を掴んだあと、汐月しゅう立道梨緒奈五十鈴ココとともに三人姉妹」でも共演した。 「NINJA ZONE」の舞台は坂本浩一原案総監督であり、春川の事は「ウルトラマンギンガS」から知っており、舞台公演での活躍などから「ウルトラマントリガー」へのオファー繋がったとされる

※この「舞台(経歴)」の解説は、「春川芽生」の解説の一部です。
「舞台(経歴)」を含む「春川芽生」の記事については、「春川芽生」の概要を参照ください。


舞台(出演番組・舞台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 09:55 UTC 版)

桂吉弥」の記事における「舞台(出演番組・舞台)」の解説

地獄八景浮世百景(舞台)※舞台に出る傍ら関西弁落語簡単なしぐさを指導劇団パロディフライ番外編時の旅人・戌』(舞台)※ブラザーズ一員として出演2006年3月21日 - 3月23日劇団パロディフライ番外編時の旅人・子』(舞台)※ブラザーズ一員として出演2008年5月15日 - 5月18日)- 中之島演劇祭2008参加作品 テノヒラサイズ人生大車輪(舞台) 桂米朝追善芝居 地獄八景亡者戯(舞台) はい!丸尾不動産です。~本日家をシェアします~(舞台、2019年6月29日 - 7月1日) はい!丸尾不動産です。~本日、家に化けて出ます~(舞台、2019年11月30日 - 12月1日いずれも兵動大樹矢野・兵動)とのダブル主演関西テレビカンテレ主催舞台作品シリーズとしてABCホール上演。で、同局月に1回レギュラー放送する『おうちで舞台~カンテレ劇場~』の第1回2020年6月14日の2:15 - 4:35)では、「本日、家に化けて出ます」のノーカット放送実施した。 はい!丸尾不動産です。~本日家で再会します~(舞台、2021年大阪公演9月4 - 7日にABCホール開催したほか、オンラインでの動画ライブ配信連動した姫路公演を、10月3日アクリエひめじ中ホール実施

※この「舞台(出演番組・舞台)」の解説は、「桂吉弥」の解説の一部です。
「舞台(出演番組・舞台)」を含む「桂吉弥」の記事については、「桂吉弥」の概要を参照ください。


舞台(ランプティ・パンプティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:38 UTC 版)

松本きょうじ」の記事における「舞台(ランプティ・パンプティ)」の解説

特に記載のないものは全て作・演出出演兼ねる。 東京ワルツ1982年新宿シアターモリエール) ザ・モンスターズ・ショウ(1982年新宿シアターモリエールAhレノン1982年新宿シアターモリエールアゲイン1983年新宿シアターモリエール出発1983年、作:つかこうへい 新宿シアターモリエールAh!レノン-もうひとつビートルズ-(1984年シアターグリーンビリー・ザ・キッド1984年アトリエ・フォンテーヌWELCOME1984年シアターグリーン) ZZZ...(1985年シアターグリーンギリガン君SOS!(1985年シアターグリーンモンキーパズル木の下で… UNDER THE "MONKY PUZZLE"(1986年ザ・スズナリ黄金狂時代-狂い咲きビリー・ザ・キッド-(1986年THEATER/TOPSWELCOME-月夜の晩セレナーデ-(1986年演出平井洋二シアターグリーン今朝デイリープラネット1987年ザ・スズナリエントロピー1987年THEATER/TOPSライ麦畑ジョン・レノン1987年THEATER/TOPSGRANDE-君によこたふ天の河-(1988年青山円形劇場今朝デイリープラネット1988年ザ・スズナリ) CHANNEL9 魔法の国地図1989年THEATER/TOPS東京箪笥事情1989年下北沢駅前劇場相鉄本多劇場)※オムニバス公演東京ナガレ者(作:佃典彦B級ホラーおつけもの(作:松本きょうじDO YOU BELIEVE IN MAGIC?(作:岡田惠和ガイジン(作:松本きょうじ妻四態原作筒井康隆エントロピー2(1989年シアターサンモールシャッフル-千年王国奇想天外譚-(1989年ザ・スズナリ名演小劇場現場主義!-てつがくプレシオザウルス-(1990年本多劇場大田区民プラザ

※この「舞台(ランプティ・パンプティ)」の解説は、「松本きょうじ」の解説の一部です。
「舞台(ランプティ・パンプティ)」を含む「松本きょうじ」の記事については、「松本きょうじ」の概要を参照ください。


舞台(緒川凛名義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 16:49 UTC 版)

緒川凛」の記事における「舞台(緒川凛名義)」の解説

PARTY』(team party)(会場・シアターミラクル)・(2008年12月) 『セブンデブ』(ソーダポップデブ)・(会場池袋シアターグリーン)・(2009年7月29日 - 8月2日) 『翔びなさい!アヒル』(テンダープロ)・(会場萬劇場)・(2010年5月7日 - 5月9日) 『まちかどのゆめ』(PROGRAM)(会場・アトリエフォンティーヌ)・(2010年9月23日 - 9月26日) 『ドラゴンビルサービス』(有名塾・EBAプロデュース)・(会場・あくとれ)・(2010年12月21日 - 12月26日) 『ONE ROOM × 同居可』(おねがい鋼鉄ビンタ)・(会場下北沢「楽園」)・(2011年9月14日 - 9月18日) 『“STRAYDOGProduce公演「母の散った夜」』(SPACE107)・(2013年4月3日-7日) 『ドブ恋2』(会場千本桜ホール)・(2013年9月18日29日のダニメンバーで参加) 『鯨岡桃子が、殺された理由(ワケ)』(会場中野あくとれ)・(2014年2月21日25日)初主演僕はそれを、青と呼ぼう。』(会場シアターグリーン BASE THEATRE)・(2014年3月26日30日主演ドブ恋3〜さよならさようなら。学芸大学〜』(会場千本桜ホール)・(2014年6月18日29日、ネズミチームで参加) 『勝手にしやがれ!ごめん、嘘!』(僕の劇団)・(会場・アートスペースサンライズホール)・(2014年10月14日18日Cチーム参加[Cチーム15日16時17日19時の回]) 惑星クリプトンVol.0『シロ芥川龍之介『白』より』(会場千本桜ホール)(脚本・演出・出演)(2015年2月5日8日女々ドブ恋4』(会場千本桜ホール)(2015年3月4日 - 15日) チーム・ギンクラBACK UP公演勅使河原オーシャンホテル』(会場山王Forest)(2015年5月20日 - 24日惑星クリプトンVol.1紫陽花下に死体は眠る』(会場シアターグリーンBOX in BOX)(脚本・演出・出演)(2015年7月22日 - 26日惑星クリプトンVol.2SMOKIN' LOVERS』(会場BAR BASE)(脚本・演出・出演)(2015年9月4日 - 13日sweet ampole『LOOP THE LOOP飽食の館〜』(会場シアターグリーンBASETHEATER )(2016年4月9日 - 17日) Aiyプランニング百円野菜、他。』(会場・サンモールスタジオ)(2016年5月3日 - 8日女々ドブ恋6』(会場千本桜ホール)(2016年6月7日 - 12日惑星クリプトンVol.3SMOKIN'LOVERSシケモク〜』(会場BARでんでけ)(脚本・演出・出演)(2016年9月8日 - 18日惑星クリプトンVol.4SMOKIN' LOVERSヤニクラ〜』(会場BARでんでけ)(脚本・演出・出演)(2016年9月18日 - 28日女々ドブ恋7』(会場千本桜ホール)(2016年10月18日 - 30日

※この「舞台(緒川凛名義)」の解説は、「緒川凛」の解説の一部です。
「舞台(緒川凛名義)」を含む「緒川凛」の記事については、「緒川凛」の概要を参照ください。


舞台(ガジラ公演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 03:08 UTC 版)

千葉哲也」の記事における「舞台(ガジラ公演)」の解説

※特に記載のないものはすべて鐘下辰男の作、演出脚色による。 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都1987年特攻隊必勝法1988年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都/新撰組の巻1988年曽根崎心中198819891991年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都/坂本龍馬暗殺の巻1989年Never Say Banzai鹿屋四人—(1989年) ぼくの学校戦場だった…(1989年お夏狂乱1990年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都1990年汚れっちまった悲しみに… Nへの手紙(19901995年tatsuya 最愛なる者の側へ(1991年1980年のブルーハープ(1991年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都III 錦小路素浪人1992年POPCORN NAVY 鹿屋四人1992年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都 かげろふ人(19932007年後藤を待ちながら…(1993年 原案千葉哲也光岡湧太郎アプレゲール19921994年女殺油地獄1993年 原作近松門左衛門) カストリ・エレジー(1994年闇の枕絵師(1995年) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都IV惡党1996年PW PRISONER OF WAR1997年温室の前(1997年 作:岸田國士仮釈放1997年 原作吉村昭) カストリ・エレジー(1998年) 龍を撫でた男(1999年 作:福田恆存) アーバンクロウ(2000年ベクター2001年ルート642002年) あるいは友をつどいて(2004年KASANE2004年ひかりごけ2006年 原作武田泰淳ヘル2007年 作:スエヒロケイスケ) さよなら渓谷2010年 原作吉田修一Happy Days幸せな日々〜(2012年

※この「舞台(ガジラ公演)」の解説は、「千葉哲也」の解説の一部です。
「舞台(ガジラ公演)」を含む「千葉哲也」の記事については、「千葉哲也」の概要を参照ください。


舞台(2003年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 17:02 UTC 版)

風博士」の記事における「舞台(2003年)」の解説

劇団21世紀FOXの第53公演タイトルも『風博士-KAZE HAKASE』(作北村想演出肝付兼太2003年)である。

※この「舞台(2003年)」の解説は、「風博士」の解説の一部です。
「舞台(2003年)」を含む「風博士」の記事については、「風博士」の概要を参照ください。


舞台(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 17:02 UTC 版)

風博士」の記事における「舞台(2019年)」の解説

シス・カンパニー公演 日本文シアターVol.6坂口安吾】「風博士」』と題しシス・カンパニー北村想が日本文学へのリスペクト込めてオリジナル戯曲上演する日本文学シアターシリーズ第6弾として、北村脚本寺十吾演出2019年11月から2020年1月にかけて東京世田谷パブリックシアターおよび大阪森ノ宮ピロティホールにて上演された。

※この「舞台(2019年)」の解説は、「風博士」の解説の一部です。
「舞台(2019年)」を含む「風博士」の記事については、「風博士」の概要を参照ください。


舞台(2001年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 14:56 UTC 版)

長崎ぶらぶら節」の記事における「舞台(2001年)」の解説

東京・帝国劇場にて、帝劇創立90周年記念帝劇11月特別公演として佐久間良子主演により2001年10月31日から11月25日まで上演された。

※この「舞台(2001年)」の解説は、「長崎ぶらぶら節」の解説の一部です。
「舞台(2001年)」を含む「長崎ぶらぶら節」の記事については、「長崎ぶらぶら節」の概要を参照ください。


舞台(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 14:56 UTC 版)

長崎ぶらぶら節」の記事における「舞台(2006年)」の解説

東京明治座にて石川さゆり特別公演として2006年5月4日から5月30日まで上演続いて大阪福岡名古屋にて上演された。脚本・演出金子良次。 初めての本格的な芝居として本作に取組んだ石川さゆりは、「歌探し」を続けてきた自身を愛八と重ねつつ、本作芸能生活転機となった作品としている。 2010年7月4年ぶりに再演し7月22日公演上演200回に達して歌手による同一演目長期公演としては史上初となった

※この「舞台(2006年)」の解説は、「長崎ぶらぶら節」の解説の一部です。
「舞台(2006年)」を含む「長崎ぶらぶら節」の記事については、「長崎ぶらぶら節」の概要を参照ください。


舞台(2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 14:56 UTC 版)

長崎ぶらぶら節」の記事における「舞台(2008年)」の解説

東京芸術劇場中ホールにて、文学座公演として平淑恵渡辺徹主演により2008年3月4日から3月10日まで上演された。2005年文学座により舞台化された『赤い月』に続いてなかにし礼が自ら脚本手掛けている。 2012年1月から6月にかけて地方公演にて再演されている

※この「舞台(2008年)」の解説は、「長崎ぶらぶら節」の解説の一部です。
「舞台(2008年)」を含む「長崎ぶらぶら節」の記事については、「長崎ぶらぶら節」の概要を参照ください。


舞台(プロデュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 08:38 UTC 版)

岡本貴也」の記事における「舞台(プロデュース)」の解説

2008年1月キスしてほしい。」東京笹塚ファクトリー 2005年1月面接人達2006」(岩下貴子桜井聖荻原SET川口直人SET住吉玲奈大木凡人(映像出演)ら)東京中野劇場MOMO

※この「舞台(プロデュース)」の解説は、「岡本貴也」の解説の一部です。
「舞台(プロデュース)」を含む「岡本貴也」の記事については、「岡本貴也」の概要を参照ください。


舞台(作・演出・出演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:35 UTC 版)

米澤成美」の記事における「舞台(作・演出出演)」の解説

よね牛の一人でやってみた(仮)#1(2014年6月1日2日8日作・演出出演米澤成美新宿四谷三丁目劇場) ※6月8日追加公演 よね牛の一人でやってみた(仮)#2(2015年3月30日31日作・演出出演米澤成美Theaterah) よね牛の一人でやってみた#3 誕(2016年7月1日3日作・演出出演米澤成美Live space animaマグダラのマリア2017年4月16日作・演出出演米澤成美主催東京オリーブ教会) よね牛の一人でやってみた#4 迷(2017年11月24日26日作・演出出演米澤成美Live space anima) 青の寄り添う教会で(2017年12月22日23日作・演出米澤成美主催東京オリーブ教会マグダラのマリア2018年4月作・演出出演米澤成美主催東京オリーブ教会) よね牛の一人でやってみた#5 冒(2018年12月26日30日作・演出出演米澤成美北池袋新生シアター未来編過去編を各4公演行った よね牛の一人でやってみた#6 食(2019年10月22日27日作・演出出演米澤成美北池袋新生シアター) 「うつくしいこ」よね牛の一人でやってみた#7(2020年10月23日25日作・演出出演米澤成美北池袋新生シアター) 私を代わりに刑務所入れてください。(2021年7月2日4日原作野田詠、作・演出出演米澤成美主催:「私を代わりに刑務所入れてください舞台製作委員会後援法務省 矯正局 保護局社会を明るくする運動)/吉本興業新宿シアターサンモール) - 酒井るり 役 「∞ むげんだい」よね牛の一人でやってみた#8(2021年12月2日5日作・演出出演米澤成美北池袋新生シアター

※この「舞台(作・演出・出演)」の解説は、「米澤成美」の解説の一部です。
「舞台(作・演出・出演)」を含む「米澤成美」の記事については、「米澤成美」の概要を参照ください。


舞台(演出)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 05:31 UTC 版)

奥田啓人」の記事における「舞台(演出)」の解説

Bitter Cocoa Blues(1998) 冷たい月熱帯夜ひと夏4つ物語〜(1999) から騒ぎ ~Much Ado About Nothing~(2000) - 台本演出 春にまよう(2001) - 作・演出 リタルダンド(2002) - 原案演出 CRIMES OF THE HEART(2003) - 脚色演出 バーバー敷島 金魚ピンポン(2005) - 作・演出 だてうはゆっくりと砂をはむのだ。(2007) - 作・演出池袋演劇祭豊島新聞入賞 俺の屍を越えていけ(2010) 約三十の嘘(2017)

※この「舞台(演出)」の解説は、「奥田啓人」の解説の一部です。
「舞台(演出)」を含む「奥田啓人」の記事については、「奥田啓人」の概要を参照ください。


舞台(出演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 06:30 UTC 版)

エリザベス・マリー」の記事における「舞台(出演)」の解説

2000年 - 2007年子役ミュージカルTOKYOアリス」(2000年8月12日13日東邦生命ビルミュージカル「KIDDY2001」(2001年3月26日 - 29日銀座博品館劇場ミュージカル葉っぱのフレディ」(2001年8月18日19日五反田ゆうぽうと) (2001年8月22日大阪フェスティバルホールミュージカルココ・スマイル3」(2002年8月20日 - 27日銀座博品館劇場) - ハルミュージカルAnnie」 - ダフィ 役(2004年4月24日 - 5月9日青山劇場) (2004年8月20日 - 22日新潟りゅーとぴあ) (2004年8月27日 - 29日愛知県芸術劇場ミュージカル森は生きている」 - 女官 役(2005年7月8日 - 12日天王洲アートスフィア) (2006年7月27日 - 30日新宿全労済ホールスペース・ゼロ東京公演Aバージョン2007年8月2日 - 5日北千住シアター10102007年 CHAiroiPLIN×オーケストラ シェーンベルク浄夜」(2007年12月7日サントリーホール2008年 佐藤紀雄と愉快な仲間達×CHAiroiPLIN「信号機少女」(2008年4月20日調布市せんがわ劇場2009年 第23回おらほせんがわ夏祭りCHAiroiPLIN公演「ナツノキヲク」(2009年8月1日 - 3日調布市せんがわ劇場2010年 シアターキューブリック誰ガタメノ剣」(2010年1月20日 - 24日紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA) - アンサンブル TGF東京学生フェスティバルゲストパフォーマンス公演「わわわ」(2010年3月24日原宿アストロホール) 進戯団夢命クラシックス #10PROJECT傀儡】舞台「ku-gu-tu」(2010年12月22日 - 26日新宿シアターモリエール) - アンサンブル 2011年 セッションハウス20周年記念公演咲いた咲いたダンスvol.13market」(2011年1月10日神楽坂セッションハウスティンカーベル夏の夜の夢」(2011年2月23日 - 27日神楽坂ディ・プラッツ) Gフォースエンターテインメント「The Kingdom Of Entertainment」(2011年4月1日 - 3日保谷こもれびホール2012年 東京パノラマシアター「アダムとイブ椅子取りゲーム」(2012年1月12日 - 14日新宿FACECORNFLAKES雷神 -RAIJIN-」(2012年7月27日 - 7月31日俳優座劇場) - ダンサー ダンスがみたい!14崩れ身体~ CHAiroiPLIN公演ゆうびん屋」(2012年8月13日日暮里d-倉庫横浜SAAC「再演支援プロジェクト」リバイバル・チャレンジ#6 CHAiroiPLIN「あずき~乙な味弐~」(2012年9月28日 - 30日相鉄本多劇場) ゴブレイプロジェクト旗揚げ公演ミオジュリエット・・・」(2012年10月16日 - 21日池袋シアターKASSAI) - キャピュレット主演 ジュリ2013年 Freak boxFreak boxVol.12013年1月16日 - 20日、ギャラリー・ルデコ) - 特別パフォーマー19日のみ) Z団jr. 第2回公演私の嘘、僕の嘘」(2013年1月30日 - 2月4日千本桜ホール) - 主演 村瀬加奈子アリスインプロジェクトアリスインデッドリースクール オルタナティブ」(2013年3月20日 - 24日新馬場駅六行会ホール) - 光組 巣宮春菜Func A ScamperS 009 #09CLOUD NINE -クラウドナイン-」(2013年5月1日 - 5日新宿シアターサンモール) - 白雨姫君vol.3Freak box -RE:turns-』(2013年6月26日 - 30日池袋シアターグリーンBASE THEATER) - 猫人間(キャット・タム) 役 CHAiroiPLIN vol.4FRIEND」(2013年9月17日18日日暮里d-倉庫2014年 地球ゴージャスプロデュースVol.13「クザリアーナの翼」 - デッシュ民 役東京公演2014年1月8日 - 2月20日赤坂ACTシアター名古屋公演2014年2月26日 - 3月1日愛知県芸術劇場福岡公演2014年3月7日 - 12日キャナルシティ劇場大阪公演2014年3月18日 - 31日梅田芸術劇場) グリーンミュージカル 「LADYBIRD,LADYBIRD」(2014年5月2日 - 6日池袋・シアターグリーンBOX in BOX THEATER) - カブトムシゴキブリX-QUEST「ベニクラゲマン 実験都市マーベラス逆襲」(2014年6月11日 - 22日王子小劇場) - ミニクラゲマン 役 演劇集団イヌッコロ恋するアンチヒーロー」(2014年7月24日 - 28日中野劇場MOMO) - 戦隊モノピンク 役 ~次代を担う振付家発掘~『トヨタコレオグラフィーアワード2014』“ネクステージ”(最終審査会)「〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒」(2014年8月3日世田谷パブリックシアター龍平カンパニーTwelve」(2014年8月28日 - 9月7日青山円形劇場) - 7番 役 S.A.B.カンパニー劇団往来Life pathfinder 2014」(2014年9月13日 - 15日新国立劇場小劇場THE PIT) - 須磨英理 役 大人計画キレイ〜神様と待ち合わせした女〜」(2014年12月5日 - 30日Bunkamuraシアターコクーン) - アイダ2015年 ポップンマッシュルームチキン野郎独りぼっちのブルース・レッドフィールド」(2015年2月22日 - 3月1日新宿・シアターサンモール) - 政府高官娘 役 劇団6番シード「ザ・ボイスアクター」(2015年4月15日 - 21日西新宿新宿LIVE) - 大等一里片肌俱利迦羅紋紋一座振袖大火」(2015年7月15日 - 19日池袋シアターグリーンBIG TREE THEATER) - 橋立花魁 役 せたがやこどもプロジェクト2015ステージ編》「おどるマンガ鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが) 』」(2015年8月5日 - 9日太子堂・シアタートラム) - ウサギ 役 CHAiroiPLIN 踊る戯曲3「三文オペラ」(2015年10月24日 - 11月1日三鷹市芸術文化センター星のホール) - ポリー・ピーチャム 役 CHAiroiPLIN 踊る小説1「あばばばば」(2015年11月21日 - 22日神楽坂セッションハウス2016年 劇団6番シードメイツ!」(2016年1月27日 - 31日新馬場駅六行会ホール) - キョン 役 日共同制作プロジェクト三文オペラ」(2016年2月23日聖水アートセンター) - ポリー・ピーチャム 役 男音楽劇くるみ割り人形」(2016年3月25日 - 31日東京芸術劇場シアターウエスト) - クララ 役 ホットポットクッキング「失神タイムスリドル」(2016年4月29日 - 5月2日新宿LIVE) - センチメンタル・グローバル・ダイニングキッチン、土(つち) 役 □字ック荒川、神キラーチューン」 - シオリ東京公演2016年6月29日 - 7月3日東京芸術劇場シアターウエスト) 豊橋公演2016年7月9日 - 10日穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペース) 劇団6番シードLife is Numbers〜ライフイズナンバーズ〜」(2016年9月7日 - 11日中野ザ・ポケット) - 高橋四葉ジェットラグ私はスター」(2016年10月7日 - 18日新宿SPACE 雑遊) - 長谷川けめ子 役 2017年 Parco Produceミュージカルキャバレー」 - キットカットガール 役東京公演2017年1月11日 - 22日EXシアター六本木神奈川公演2017年1月26日 - 29日横浜KAAT神奈川芸術劇場大阪公演2017年2月3日 - 5日中之島フェスティバルホール仙台公演2017年2月10日 - 12日仙台サンプラザホール愛知公演2017年2月17日 - 19日刈谷市総合文化センター大ホール福岡公演2017年2月24日 - 26日福岡サンパレスホール劇団6番シード人生大事な部分ガムテ止まっている」(池袋シアターKASSAI現代編 (2017年4月5日 - 12日) - 綾川春姫大正時代編(2017年4月15日 - 23日) - 林きむ子劇団6番シードごめんなさい言えない人々」(2017年6月7日 - 11日池袋シアターKASSAI) - 浅宮・ステファニー亜希子朝劇 西新宿 Vol.2「恋の遠心力」(2017年7月12日GLASS DANCE 新宿店) - 日替わりゲスト 日本総合悲劇協会Vol.6「業音」 - 踊り子東京公演2017年8月10日 - 31日池袋・東京芸劇場シアターイースト) 福岡公演2017年9月16日 - 18日西鉄ホール松本公演2017年9月29日 - 30日まつもと市民芸術館実験劇場パリ公演2017年10月5日 - 7日パリ日本文化会館大ホール劇団6番シード「D・ミリガンの客」(2017年11月23日池袋シアターKASSAI) - 日替わりゲスト 郵便屋 役 CHAiroiPLIN「BALLOロミオとジュリエット~」(2017年12月2日 - 3日新大久保東京グローブ座舞台「文豪ストレイドッグス」 - アンサンブル横浜公演2017年12月22日 - 24日横浜KAAT神奈川芸術劇場ホール大阪公演2018年1月12日 - 13日森ノ宮ピロティホール東京公演2018年1月31日 - 2月4日AiiA 2.5 Theater Tokyo2018年 コンドルズ×あうるすぽっと可能性獣たち2018」(2018年2月11日 - 12日東池袋あうるすぽっと) キ上の空論「おかえりのないまち。色のない」(2018年3月10日 - 18日吉祥寺シアター) - トキ 役 CHAiroiPLIN「ERROR〜踊る小説4〜」(2018年4月21日 - 30日三鷹市芸術文化センター星のホール劇団6番シードTRUSH!」(2018年5月30日 - 6月3日六行会ホール) - ポイ 役 舞台「半神」 - 化け物東京公演2018年7月11日 - 16日天王洲 銀河劇場大阪公演2018年7月19日 - 22日松下IMPホール) CHAiroiPLIN としまアート夏まつり2018 子どもに見せたい舞台vol.12 おどる童話「THE GIANT PEACH」(2018年8月6日 - 12日東池袋あうるすぽっと) - てんとう虫DMF / ENG提携公演 vol.4メイカ 魔女幕末英雄』(2018年8月29日 - 9月2日シアターサンモール新宿御苑前)) - 言秀、イザナ 役 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」 - アンサンブル東京公演2018年9月22日 - 10月8日サンシャイン劇場大阪公演2018年10月13日 - 14日森ノ宮ピロティホール放課後ビアタイム~5次会~「おでん始めました。」(2018年11月2日 - 4日、ステージカフェ下北沢亭) - 役(4日のみ) 室蘭VOX10カモメのジョナサンハクチョウの湖」(2018年11月16日室蘭市市民会館劇団6番シード25周年記念公演第三弾67公演劇作家と小説家シナリオライター」(2018年11月30日 - 12月8日B日程】、池袋シアターKASSAI) - マイナス 役 2019年 CHAiroiPLIN 踊るシェイクスピアII「TIC-TAC〜ハムレット〜」(2019年1月25日 - 26日新大久保東京グローブ座) - レアティーズ 役 アリスインプロジェクトDance!Dance!Dance! オルタナティブ」(2019年2月10日11日14日16日池袋シアターKASSAI) - 斑鳩命 役 小川細川企画第二回公演「くるおしき綾、絢爛なれ」(2019年2月27日 - 3月3日池袋シアターKASSAI) - 海部里 役 朝劇 西新宿「愛の回転式」(2019年3月31日GLASS DANCE 新宿店) - 日替わりゲスト 舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」 - ルーシー・M 役岩手公演2019年6月8日 - 9日北上市文化交流センター さくらホール福岡公演2019年6月14日 - 16日久留米シティプラザ ザ・グランドホール愛知公演2019年6月21日 - 22日名古屋市公会堂大阪公演2019年6月27日 - 30日森ノ宮ピロティホール東京公演2019年7月3日 - 10日日本青年館ホール) 舞台「幽☆遊☆白書」 - 幻海木部夏子マサル喜多嶋麻弥、螢子の母、蔵馬母 役東京公演2019年8月28日 - 9月2日シアター1010大阪公演2019年9月4日 - 8日森ノ宮ピロティホール福岡公演2019年9月10日 - 13日ももちパレス愛知公演2019年9月20日 - 22日一宮市民会館) CHAiroiPLIN「マグカルシアター2019」(2019年10月23日神奈川県青少年センター・スタジオHIKARI) - 役 Bunkamura大人計画キレイ〜神様と待ち合わせした女〜」 - コロスダイズ反対主婦令嬢ダンサー誕生日パーティーの客、記者看護婦娼婦魔術団 役東京公演2019年12月4日 - 29日シアターコクーン福岡公演2020年1月13日 - 19日博多座大阪公演2020年1月25日 - 2月2日中之島フェスティバルホール2020年 CHAiroiPLIN おどる小説桜の森の満開の下」(2020年3月5日 - 8日中止】、東池袋あうるすぽっと) - 役 オンライン朗読劇葉桜と魔笛」(2020年6月15日) - 役 舞台「死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-」 - ヴァニタス東京公演2020年7月23日 - 8月2日サンシャイン劇場大阪公演2020年8月5日 - 9日梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ福岡公演2020年8月13日福岡サンパレス広島公演2020年8月15日上野学園ホール) CHAiroiPLIN 踊る戯曲三文オペラ」(2020年10月17日 - 25日三鷹市芸術文化センター星のホール) - ルーシー・ブラウン 役 舞台「幽☆遊☆白書其の弐 - 幻海目玉妖怪、ローズウィップ渡す妖精霊剣渡す妖精養殖人間BBC女 役東京公演2020年12月4日 - 12月15日品川プリンスホテル ステラボール大阪公演2020年12月18日 - 12月20日COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール京都公演2020年12月23 - 12月30日京都劇場)」 2021年 桜の森の満開の下2021年3月18日 - 3月20日あうるすぽっと) シブヤデアイマショウ(2021年4月18日 - 4月25日シアターコクーンミュージカル衛生東京公演2021年7月9日 - 7月25日TBS赤坂ACTシアター大阪公演2021年7月30日 - 8月1日オリックス劇場福岡公演2021年8月9日 - 8月11日久留米シティプラザ2022年 COCOON PRODUCTION 2022広島ジャンゴ 2022」(2022年4月5日 - 30日東京Bunkamura シアターコクーン/5月6日 - 16日大阪森ノ宮ピロティホール

※この「舞台(出演)」の解説は、「エリザベス・マリー」の解説の一部です。
「舞台(出演)」を含む「エリザベス・マリー」の記事については、「エリザベス・マリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「舞台」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「舞台」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



舞台と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舞台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舞台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの嬉野雅道 (改訂履歴)、白柳力 (改訂履歴)、有馬稲子 (改訂履歴)、宮田健吾 (改訂履歴)、春川芽生 (改訂履歴)、桂吉弥 (改訂履歴)、松本きょうじ (改訂履歴)、緒川凛 (改訂履歴)、千葉哲也 (改訂履歴)、風博士 (改訂履歴)、長崎ぶらぶら節 (改訂履歴)、岡本貴也 (改訂履歴)、米澤成美 (改訂履歴)、奥田啓人 (改訂履歴)、エリザベス・マリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS