音阿弥とは?

おんあみ 【音阿弥】 ○

1398~1467室町前期能役者。名は元重通称三郎世阿弥の甥。観世座三代目大夫とするが、実は四代目足利義教・義政の庇護をうけ、観世座勢力をいっそう確立させた。おんなみ

おんなみ 【音阿弥】 ○

おんあみ(音阿弥)

音阿弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/07 08:00 UTC 版)

音阿弥(おんあみ、またはおんなみ、応永5年(1398年)- 文正2年1月2日1467年2月6日))は室町時代猿楽役者。観世三郎元重観阿弥の孫、世阿弥の甥に当たる。三世観世大夫


  1. ^ 心敬『ひとりごと』
  2. ^ 『能脇侍所作鏡』
  3. ^ 梅原猛松岡心平『神仏のしづめ』角川学芸出版
  4. ^ 表章『観世流史参究』檜書店、77頁
  5. ^ 能勢朝次『能楽源流考』岩波書店
  6. ^ 『花伝』「第七別紙口伝」。なお、この世阿弥自筆本は直系子孫である観世宗家に現存している。
  7. ^ 香西精「元雅行年考――新・三郎元重養嗣子説――」(『続世阿弥新考』所収)
  8. ^ 『満済准后日記』
  9. ^ 看聞御記
  10. ^ 「桟敷事外下直」(『康富記』)
  11. ^ 『康富記』
  12. ^ 『糺河原勧進猿楽日記』
  13. ^ 『蔭涼軒日録』
  14. ^ 伊藤正義『金春禅竹の研究』赤尾照文堂、35頁
  15. ^ 『観世流史参究』に拠ると、何れの諱も後世の創作とされる。
  16. ^ 以下『観世流史参究』、116-124頁
  1. ^ 現在言う「ワキ」ではなく、大夫を補佐して共演、またその代理などを務めるナンバー2の役者を差す。
  2. ^ 「老而益健」とある。


「音阿弥」の続きの解説一覧



音阿弥と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音阿弥」の関連用語

音阿弥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音阿弥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音阿弥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS