ダンスとは? わかりやすく解説

ダンス【dance】

読み方:だんす

舞踊。特に社交ダンスをいうこともある。「フォーク—」「ジャズ—」

[補説] イメージとらえた表現踊りを通して仲間とのコミュニケーション豊かにし、感じ込めて踊ったり自己表現したりすることに楽しさ喜び味わことのできる運動として、中学校・高等学校体育学習領域採用されている。創作ダンス・フォークダンス・現代的なリズムのダンスから選択地域学校実態に応じて社交ダンスなど他のダンスが採用されることもある。中学校で平成24年度2012)から必修となった


コント:ダンス

英語表記/番号出版情報
コント:ダンスnze

ダンス

作者黒島傳治

収載図書定本黒島傳治全集 第2巻 小説 2
出版社勉誠出版
刊行年月2001.7


ダンス

作者奥田英朗

収載図書マドンナ
出版社講談社
刊行年月2002.10

収載図書マドンナ
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文庫


ダンス

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


ダンス

作者Yoshi

収載図書翼の折れた天使たち
出版社双葉社
刊行年月2006.12


ダンス

名前 Dance

ダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 06:58 UTC 版)

ダンス: dans: danse西: danza: dance)は、伴奏に合わせて演じられる一連の動作のことで[1]、その様式は極めて多様であるため厳密な定義づけは容易でないが、遊戯的でリズミカルな動きの連続によってコミュニケーションや表現を行う文化をいう[2]


  1. ^ Grau 1999, p.8
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 活動の指針(第2部 提言の基礎)”. 日本ボールルームダンス連盟. 2019年6月17日閲覧。
  3. ^ a b Grau 1999, pp.2,8
  4. ^ a b c 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、267頁。
  5. ^ a b c 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、421-422頁。
  6. ^ 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、39頁。
  7. ^ a b 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、371頁。
  8. ^ 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、375頁。
  9. ^ 神野寛『現代舞踊の美学』中日本出版、1961年、378頁。
  10. ^ Put your brain to the challenge” (英語). Harvard Health (2021年5月1日). 2021年6月4日閲覧。



ダンス(Dunce)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 23:29 UTC 版)

Dumb Ways to Die」の記事における「ダンス(Dunce)」の解説

男性体色青色腎臓両方ともインターネット売ったため、縫い目が腰に残り紙幣を何持っている

※この「ダンス(Dunce)」の解説は、「Dumb Ways to Die」の解説の一部です。
「ダンス(Dunce)」を含む「Dumb Ways to Die」の記事については、「Dumb Ways to Die」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダンス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ダンス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:36 UTC 版)

語源

英語 dance

名詞

ダンス

  1. 踊り舞踊

発音(?)

だ↘んす

翻訳

おどり#翻訳 を参照


「ダンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ダンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDumb Ways to Die (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS