演芸とは?

えん‐げい【演芸】

公衆の前で演じられる落語漫才講談浪曲曲芸奇術その他、庶民的演劇音楽舞踊などの芸。「演芸会」


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 05:50 UTC 版)

演芸(えんげい)は、観衆を前にして演じる芸能大衆芸能とも呼ばれる。個々の演芸の起源は様々だが、江戸時代中期に寄席と呼ばれる演芸のための常設の興行場が成立し、以降、演芸は体系化されていった。


  1. ^ 演芸情報を扱う『東京かわら版』の通巻1号には、寄席芸の1ジャンルとして、新内のコーナーがある


「演芸」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「演芸」の関連用語

演芸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



演芸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの演芸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS