演芸とは? わかりやすく解説

えん‐げい【演芸】

読み方:えんげい

公衆の前で演じられる落語漫才講談浪曲曲芸奇術その他、庶民的な演劇・音楽舞踊などの芸。「—会」


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 02:20 UTC 版)

演芸(えんげい)は、観衆を前にして演じる芸能大衆芸能とも呼ばれる。個々の演芸の起源は様々だが、江戸時代中期に寄席と呼ばれる演芸のための常設の興行場が成立し、以降、演芸は体系化されていった。


  1. ^ 演芸情報を扱う『東京かわら版』の通巻1号には、寄席芸の1ジャンルとして、新内のコーナーがある


「演芸」の続きの解説一覧

演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 04:58 UTC 版)

笑点Jr.」の記事における「演芸」の解説

お笑い芸人が芸を披露するコーナー2009年平成21年11月8日から2010年平成22年3月7日まで放送芸歴長いベテラン芸人から注目若手芸人まで幅広くジャンル漫才漫談コントマジックなど多岐にわたっている

※この「演芸」の解説は、「笑点Jr.」の解説の一部です。
「演芸」を含む「笑点Jr.」の記事については、「笑点Jr.」の概要を参照ください。


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 09:59 UTC 版)

金曜夜席」の記事における「演芸」の解説

ゲストによる芸を披露するコーナー様々なゲスト出演していた。

※この「演芸」の解説は、「金曜夜席」の解説の一部です。
「演芸」を含む「金曜夜席」の記事については、「金曜夜席」の概要を参照ください。


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:20 UTC 版)

堀江六人斬り」の記事における「演芸」の解説

衝撃的なこの事件は早速市内小芝居茶番講釈浮かれ節見世物小屋など至る所演じられた。堀江明楽座では「六人紅染」、九条町繁栄座の角藤一座も「廓の夢」、稲荷社文楽座中村信濃一座は「堀江六人斬」講釈では「怪談六人斬の生人形」が演じられいずれも客足良かったという。

※この「演芸」の解説は、「堀江六人斬り」の解説の一部です。
「演芸」を含む「堀江六人斬り」の記事については、「堀江六人斬り」の概要を参照ください。


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:10 UTC 版)

自作自演」の記事における「演芸」の解説

ジャグリング行なうジャグラー (jongleur) には吟遊詩人のほか、旅芸人としての意味もあり、各地転々と移動し、道を往来する人々相手に芸を披露する大道芸多く演出方法自作自演ものがある現代においてはお笑い系のネタ多くは、芸人自らが日常生活から体験した事物ニュース等の出来事ヒントを得て意外性非日常テーマ自作自演される。著名な芸人過去十数年数百冊のネタ帳呼ばれるアイデア残して、常に持ちネタ途切れないように努めている。

※この「演芸」の解説は、「自作自演」の解説の一部です。
「演芸」を含む「自作自演」の記事については、「自作自演」の概要を参照ください。


演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:39 UTC 版)

笑点」の記事における「演芸」の解説

番組前半行われるオープニング後に司会者会場客席からゲスト紹介する5代目圓楽は「今日のはな(端=始めと「」を掛けている)」と紹介していた。また、歌丸昇太上方から登場するゲストの場合は上方からおいでの〜」などと紹介する登場するゲスト芸歴長いベテランから注目若手まで幅広くジャンル落語漫才漫談コントマジック物真似など多岐にわたっている毎回1組基本だが、40分番組だった時代ピン芸人の短いネタの場合、2組出演するケースもあった。また、オープニングにて司会者回答者の間で紹介されていたが、30分短縮されてからは省略された特大号では継続されたが、2022年より演芸開始時及びオープニングでの紹介寄席文字からゴシック体変更された。 通常のテレビ番組では放送される機会少ない演芸も含まれていることから、当コーナー出演映像他のバラエティ特番や、日本テレビニュース番組有名人訃報伝えられる際には、当番組に出演した際の映像使用されることが多い。 なお、控室貼り紙においては他の番組使われる〇〇様」ではなくキャリアを問わずに「〇〇先生」という敬称用いられている。 主な芸種類主な出演者次のとおり。 落語 - 東西の様な落語家が新作古典を問わず演じる(春風亭小朝春風亭柳昇など)。他に4代目桂米丸8代目橘家圓蔵20回以上出演している。 浪曲 - 玉川カルテット歌謡浪曲)、玉川太福など 講談 - 田辺一鶴一龍斎貞水夏季怪談話)、神田山陽神田伯山など 漫才 - 上方漫才宮川大助・花子横山ホットブラザーズ中田カウス・ボタン正司敏江・玲児人生幸朗・生恵幸子春日三球・照代オール阪神・巨人NONSTYLEなど)、東京漫才内海桂子・好江春日三球・照代星セント・ルイスナイツサンドウィッチマンなど) 漫談 - 牧伸二ウクレレ漫談)、ケーシー高峰医事漫談)、堺すすむギター漫談)、ぴろき(ギタレレ漫談)、柳家紫文三味線漫談)など 手品 - ナポレオンズマギー司郎最多出演)、マギー審司北見マキ松旭斎すみえ水芸含む)など 物真似声帯模写 - 江戸家猫八3代目4代目動物声帯模写)、桜井長一郎人物声帯模写)など コント - コント山口君と竹田君ゆーとぴあ東京03アンジャッシュなど パントマイム - カンジヤママイムがーまるちょば山本光洋など その他 - 曲芸海老一染之助・染太郎)、紙切り3代目林家正楽)、コミカルソング(テツandトモ)、音楽演奏浅草ジンタ)、南京玉すだれなど コーナー最多出演者マギー司郎で、2016年時点で49出演している。 星セント・ルイスツービートなど後の漫才ブームブレイクした漫才師たちも早い時期から演芸に出演していた。特にセント・ルイス1970年代半ばごろに収録間の時間つなぎをする「マエラク」を担当していた縁もあり、1977年昭和52年)の『NHK新人漫才コンクール』でセント・ルイス優勝する直後4カ月間に演芸に3回出演させ番組ぐるみでブレイク後押ししたその一方実際に漫才ブーム訪れた1980年代初期にはブーム中心となった漫才師らがほとんど出演しなかった。これは『笑点』から出たずうとるびを通じてブームそのものはかなさ怖さ知ったという当時プロデューサーが「ブーム便乗するブーム去った時に番組終わる」と判断し漫才ブームから距離を置く姿勢取っためである。また裏番組吉本興業制作していたヤングおー!おー!があったという事情もあった。ただし、漫才ブーム沈静化した後はセント・ルイスおぼん・こぼん西川のりお・上方よしおオール阪神・巨人今いくよ・くるよなどブーム中心担った漫才師も演芸に出演している。 5代目圓楽司会当時は毎年新年1回目の演芸で5代目圓楽落語披露されるのが恒例となっていた。現在では当番組内で落語放送することは滅多にないが、派生番組の『笑点 特大号』では落語不定期に放送している。また、2014年6月8日歌丸復帰回と10月19日木久扇復帰回は自身の病気療養期間中エピソードを、2016年9月4日にはたい平24時間マラソン挑戦した際のエピソード落語風にして披露したかつては地方収録の回で、大喜利メンバー落語披露することが多かった2000年代後半以降笑点メンバー演芸コーナー出演するコラボネーションネタも不定期に実施されており、木久扇&カンカラ木久扇たい平&鉄拳好楽&ヒロシ歌丸&ナイツ昇太&サンドウィッチマン6代目円楽テツandトモなどの組み合わせこれまでに行われている。2018年9月30日から10月28日には、5週連続笑点メンバーとのコラボ演芸が行われた(後述)。 2006年平成18年1月22日の第2000放送と、同年5月14日の「40周年スペシャル」では、(当時の)演芸最多出演者として、マジックナポレオンズ出演したナポレオンズ出演回数47回=2016年現在)。 2016年1月17日には司郎マジック特別出演として、日曜ドラマ臨床犯罪学者 火村英生推理』の主演である斎藤工窪田正孝出演した

※この「演芸」の解説は、「笑点」の解説の一部です。
「演芸」を含む「笑点」の記事については、「笑点」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「演芸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「演芸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

演芸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



演芸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの演芸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの笑点Jr. (改訂履歴)、金曜夜席 (改訂履歴)、堀江六人斬り (改訂履歴)、自作自演 (改訂履歴)、笑点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS