三味線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 三味線 > 三味線の意味・解説 

さみ‐せん【三味線】


しゃみ‐せん【三味線】

日本弦楽器の一。四角形扁平木製の胴の両面猫またの皮を張り、胴を貫通してのびる棹(さお)に3本の弦を張ったもの。ふつう、いちょう形の撥(ばち)で弾く。棹の太さによって太棹中棹細棹分けられ、調弦法は本調子二上り・三下りなどがある。中国三弦起源とされ、永禄年間(1558〜1570)に琉球経由渡来した楽器日本独自の改良加えたもので、近世近代代表的邦楽器三弦さみせん

勝負事などで、相手の裏をかくために見せかけの言動をとること。「あれは彼一流の三味線だよ」

三味線の画像
三味線の画像
三味線の撥(ばち)
三味線の画像
三味線の駒(こま)
三味線の画像
三味線(1)

さみ‐せん【三味線】

〔名〕 =しゃみせん(三味線)①

仮名草子尤双紙(1632)下「小うたにのせてはさみせんをひく、平家に合てびわを引」


しゃみ‐せん【三味線】

〔名〕

和楽器一つ日本代表的弦楽器。やや丸みを帯び方形の胴に棹(さお)をつけ、その先端に海老尾(えびお)を設けたもの。三弦で、ふつう撥(ばち)で奏する。棹は紫檀(したん)・紅木(こうき)、胴は花梨(かりん)などで作り、胴には猫またなめし皮張る。棹の太さによって、太棹中棹細棹大別され、その大きさに応じて胴や撥の大きさ、駒の重さ、糸の太さなどが変わる。太棹義太夫中棹地歌常磐津清元細棹長唄小唄などに用いる。調弦法は、本調子二上がり・三下がりなど。永祿年間(一五五八‐七〇)琉球蛇皮(じゃび)線が大坂の堺に輸入され、琵琶法師によって改造されたという。さみせん三弦。しゃみ。さみ。ぺんぺん

三味線&wc1;の画像

御湯殿上日記天正八年(1580)二月一六日「御かはらの物、山しろといふ、しやみせんひかせらるる」

② 「しゃみせんぐさ三味線草)」の略。

③ 「しゃみせん(三味線)を弾(ひ)く」の略。

学校成績が甲であること。甲の字が三味線の形に似ているところから、学生などが言ったもの。〔新時代用語辞典(1930)〕


三味線

読み方:シャミセン(shamisen)

三本の弦を張った楽器


三味線

三味線の祖型は、中国三弦で、16世紀後半沖縄から本土にもたらされたと考えられている。当初盲人が扱う楽器であったが、民間にも普及し、江戸時代以降芸術音楽民俗音楽を問わず、日本音楽代表的楽器として親しまれてきた。木製四角両面に、皮膜を張った胴に長い棹が貫通させてある。一般的には、正座した右ひざの上に胴を置き、右腕胴当押さえ楽器安定させて構える。左手指で、弦の途中必要に応じて棹に押さえつけ(押える所を勘所またはつぼという)、右腕胴当の上に置いたまま、バチ回転させて打ち下ろし、棹に張られた3本の弦を撥奏するのが基本的弾き方である。三味線の調弦法を“調子”というが、基本的本調子二上り三下りのほかに、様々な派生的変則的調弦法がある。

三味線

作者松本清張

収載図書延命の負債
出版社角川書店
刊行年月1987.6
シリーズ名角川文庫


三味線

作者永原睦代

収載図書花ひらく心を永遠に
出版社偕成社
刊行年月1991.9
シリーズ名シルバーブックス


三味線

作者山下濶子

収載図書八月薔薇
出版社書房
刊行年月2007.9


三味線

読み方:しゃみせん

  1. 生徒通学簿に記入されたる学校成績が甲であることをいふ。甲の字は三味線の形によく似て居るからいつたもの。又は縄叩きともいふ。
  2. 学科成績が甲であること。甲の字一寸三味線の形に似てゐるからいつたもの。〔学生
  3. 学生間で学科成績が甲であることを云ふ。甲の字何処かちよつと三味線に似てゐるから云つたものであらう。「二学期鴛鴦ばかりで三味線がたつた一つしかなかつた」。
  4. 成績が甲のこと、甲の字が三味線の形に似ているところから出た語。

分類 学生

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

三味線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 14:33 UTC 版)

三味線しゃみせんは、日本の有棹弦楽器。もっぱらはじいて演奏される撥弦楽器である。四角状の扁平な木製の胴の両面にネコやイヌの革を張り、胴を貫通して伸びる棹に張られたを、通常、イチョウ形のばちで弾き演奏する[1]


  1. ^ a b 高橋栄水公式サイト
  2. ^ 動物皮使わない三味線/葛飾の工房開発 合成紙を代用欧米からの観光客に人気『読売新聞』朝刊2018年4月11日(都民面)[リンク切れ]
  3. ^ a b 田中 2009, p. 102
  4. ^ 復刻ダイジェスト版 無線と実験, p. 29
  5. ^ 三弦-海を越えてアジアから日本へDo楽(朝日新聞ホームページ)
  6. ^ 倉田喜弘「民衆歌謡:近世末期から近代への流れ」『日本の音楽・アジアの音楽』第2巻、東京書籍、1994年、 ISBN 4000103628
  7. ^ http://tokyotaito.blog.shinobi.jp/%E5%B0%8F%E5%B3%B6/%E4%B8%89%E5%91%B3%E7%B7%9A%E5%A0%80%E8%B7%A1



三味線

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 02:04 UTC 版)

名詞

  しゃみせん, さみせん

  1. 日本民族楽器で、三弦弦楽器イチョウをしたばち用い演奏する。また、共鳴胴には伝統的に猫の皮用いていた。

発音

しゃ↗みせんさ↗みせん

関連語


訳語




三味線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三味線」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
92% |||||


三味線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三味線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三味線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの三味線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS