弦鳴楽器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > 弦鳴楽器の意味・解説 

げんめい がっき -がくき [5] 【弦鳴楽器】

楽器分類用語。強く張った弦を衝撃(弾く・擦る・打つ)により振動させて音を発する楽器いわゆる弦楽器のほか、ピアノなどが含まれる

楽器分類学

(弦鳴楽器 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 23:17 UTC 版)

楽器分類学(がっきぶんるいがく)は、楽器を体系的に分類するための学問である。比較音楽学の一部である比較楽器学を基礎とする。現在は、ザックス=ホルンボステル分類をもとに、体鳴楽器膜鳴楽器弦鳴楽器気鳴楽器電鳴楽器の5つに分類するのが一般的である。同じような意味で「楽器分類法」ということばが用いられることもあるが、こちらは学問的考察によらず、歴史的な経緯で用いられている分類を意味する場合が多い。


  1. ^ クルト・ザックス(著) 柿木吾郎(訳)『楽器の歴史[上/下]』全音楽譜出版社 1966年
  2. ^ 下中直也 編『音楽大事典』全6巻 平凡社 1981年:「管楽器」の項目など。管楽器のうち、リップ・リード式のものを金管楽器と呼び、それ以外のエアリード式とリード式の管楽器は木管楽器に分類される。
  3. ^ ザックスも『楽器の歴史』の中で、brass instrument という言葉は避けるべきであると述べている。
  4. ^ 小川堅二. “オカリーナの部屋”. 2006年10月7日閲覧。
  5. ^ Suimin. “オカリーナの小道”. 2006年10月7日閲覧。
  6. ^ 表記はザックスとホルンボステルによる論文の英訳版 (Von Hornbostel, Erich M.; Curt Sachs (March 1961). “Classification of Musical Instruments: Translated from the Original German by Anthony Baines and Klaus P. Wachsmann”. The Galpin Society Journal (Galpin Society) 14: 3–29. doi:10.2307/842168. JSTOR 842168. ) に準ずる。
  7. ^ 下中直也 編『音楽大事典』など
  8. ^ 下中直也 編『音楽大事典』の「楽器学」の項目


「楽器分類学」の続きの解説一覧



弦鳴楽器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弦鳴楽器」の関連用語

弦鳴楽器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弦鳴楽器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楽器分類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS