撥弦楽器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 音響機器 > 弦楽器 > 撥弦楽器の意味・解説 

はつげん‐がっき〔‐ガクキ〕【×撥弦楽器】

読み方:はつげんがっき

弦を指・つめ・ばちなどではじいて鳴ら楽器総称。ハープ・ギター・三味線など。


撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 09:55 UTC 版)

撥弦楽器(はつげんがっき)とは、何らかの方法でをはじく(撥)ことによって音を出す楽器弦楽器)の総称である。共鳴胴を利用して音を増幅させる構造の物が多い。ギターのように抱えて演奏するものや、のように置いた状態で演奏するものなどがあり、それぞれが地域によって改良・発展をしているためにバリエーションは多い。広義においては、鍵盤楽器であるチェンバロ等も含まれる。






「撥弦楽器」の続きの解説一覧

撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 00:24 UTC 版)

ベトナムの民族楽器」の記事における「撥弦楽器」の解説

ダン・バウまたはダン・ドック・フイェン(Đàn bầu、Đàn độc huyền) - ツィター属の単弦楽器。主にC3調弦される。しばしば他の調弦もされる。 ダン・ダイ(Đàn đáy) - 長棹リュート歌手用いる。胴は台形三つの弦はG3 C4 F4調弦される。 ダン・グエットまたはダン・キム(Đàn nguyệtnguyt cầm、đàn kìm、Quân tử cầm) - リュート属。月のような形の楽器二つの弦は完全四度完全五度、または短七度になるよう調弦される。ニャー・ニャック用いられるダン・サン(Đàn sến) - 二弦リュート属楽器調弦は様々。 ダン・タム(Đàn tam) - フレットのないリュート属楽器両面の皮が貼られた共鳴胴をもつ。三つの弦を F3 C4 F4調弦する。中国三弦に似る。ニャー・ニャック用いられるダン・チャイン(Đàn tranh) - 板型ツィター属長い楽器16弦の金属弦を持つ。 ダン・ティ・バ(Đàn tỳ bà、Đàn tyba) - 洋なしのような形のリュート属楽器四つの弦はC4 F4 G4 C5調弦される。ニャー・ニャック用いられるダン・トゥまたはダン・ドアン(đàn tứ、Đàn đoản) - 丸型または四角い形の四弦楽器。背は平らである。短棹リュート属C3 G3 D4 A4調弦される。 Guitar phím lõm (lục huyn cầm, ghi-ta phím lõm,Đàn ghita) - ベトナム仕様変えられた五弦アコースティックギター又はエレクトリックギター。主にcải lương現代ベトナム民族劇場)で用いられる調弦C3 F3 C4 G4 C5。 Đàn đáy と同じ形のベースギターダン・ティンまたはティン・タオ(Đàn tínhtinh tâu) - 長棹リュート属ひょうたんの胴と2、3本の絹の弦をもつ;タイー族ヌン族(Nung)、またタイ民族によって用いられるBro - ツィター属フレット付き竹の胴とひょうたんの共鳴器を持つ。中部高原少数民族用いる。 Goong - ツィター属。胴は竹の管でできている。中部高原少数民族用いる。 チョン・クアン(trông quân) - ベトナム北部ツィター Đàn tre - 撥弦楽器。Đàn tínhに似る。Nguyễn Minh Tâmによって作られた80センチ針金を弦として23持ち、それらはホースバンドによって竹の管の最上部のへりに固定される。4リットル長方形のオリーブオイル空き缶下部に取付けられ、これは共鳴器として機能する。この楽器ベトナム音楽洋楽演奏することが出来るオーストラリア国立博物館では、この楽器見物ならびに作者による演奏録音聞くことが出来る。 ダン・バウダン・ダイダン・チャインダン・ティ・バダン・トゥダン・ティンGoong

※この「撥弦楽器」の解説は、「ベトナムの民族楽器」の解説の一部です。
「撥弦楽器」を含む「ベトナムの民族楽器」の記事については、「ベトナムの民族楽器」の概要を参照ください。


撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 20:53 UTC 版)

ガムラン」の記事における「撥弦楽器」の解説

カチャピやシトゥル、チェレンプンが有名であるスンダのカチャピ・スリンは、日本の尺八と琴の二重奏とほぼ同一の演奏形態であり青銅楽器存在しないが、これもガムランである。

※この「撥弦楽器」の解説は、「ガムラン」の解説の一部です。
「撥弦楽器」を含む「ガムラン」の記事については、「ガムラン」の概要を参照ください。


撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:30 UTC 版)

タイの楽器」の記事における「撥弦楽器」の解説

グラヂャプピー (กระจับปี่) - 古代フレットリュート ヂャケー (จะเข้) - 型のフレット三弦ツィター ピン (พิณ) - 東北タイ地域用いられる三弦リュート ピンピヤ (พิณเพียะ) - 北タイ地域用いられる共鳴器ツィター スン (ซึง) - 北タイ地域リュート ピンハイ(พิณไห) もしくはハイソン (ไหซอง) - 大小異な素焼きの壷の口に輪ゴム渡したもの ヂャケー スン演奏者チェンマイ県メーオーン郡

※この「撥弦楽器」の解説は、「タイの楽器」の解説の一部です。
「撥弦楽器」を含む「タイの楽器」の記事については、「タイの楽器」の概要を参照ください。


撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 00:59 UTC 版)

管弦楽法」の記事における「撥弦楽器」の解説

管弦楽において使用される撥弦楽器は、主にハープ、マンドリンギターバンジョーツィターなどである。このうち最も一般的な楽器ハープである。 ハープマリー・アントワネット愛奏たように古典期から既に独奏楽器としての地位得ているが、演奏会純音楽としてオーケストラハープ編入され特徴的な活躍を見せるのは、ロマン派初期のベルリオーズの『幻想交響曲第2楽章最初期の例である。ワーグナー同時に6台ものハープ要求し音量補強した。またダブルアクション・ハープの発明により、近代以降ではより頻繁に使用されるようになった。また近代ではハープは2台が組になり交互に演奏することで、より拡張的な書法見せることも多い。また通常音色だけでなく、叩いたり擦ったハーモニクス奏法も、他の楽器組み合わせるのに好んで用いられるツィターオーストリア民族楽器であり、ヨハン・シュトラウス2世などのウィンナ・ワルツ編入楽器として用いられた。ただしソリストとして特徴的に扱われ伴奏に回ることは少ない。 バンジョー同様の理由で狂詩曲的な扱いであることが多くヨーロッパよりは楽器生まれた南北アメリカ大陸作曲家使用例が多い。珍しい例ではキューバ滞在したヘンツェ交響曲第6番用いられている。

※この「撥弦楽器」の解説は、「管弦楽法」の解説の一部です。
「撥弦楽器」を含む「管弦楽法」の記事については、「管弦楽法」の概要を参照ください。


撥弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 19:34 UTC 版)

弦楽器」の記事における「撥弦楽器」の解説

弦をはじく。はじくには、指、爪、またはそれに変わるもの義甲プレクトラムという)を使う。箏、三味線ギターエレキベースチェンバロなどがこうし音を出す

※この「撥弦楽器」の解説は、「弦楽器」の解説の一部です。
「撥弦楽器」を含む「弦楽器」の記事については、「弦楽器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「撥弦楽器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

撥弦楽器

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:26 UTC 版)

名詞

(はつげんがっき)

  1. ウクレレギターなどの弾いて鳴ら楽器

関連語


「撥弦楽器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



撥弦楽器と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

撥弦楽器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



撥弦楽器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの撥弦楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベトナムの民族楽器 (改訂履歴)、ガムラン (改訂履歴)、タイの楽器 (改訂履歴)、管弦楽法 (改訂履歴)、弦楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの撥弦楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS