コンゴ共和国の音楽とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コンゴ共和国の音楽の意味・解説 

コンゴ共和国の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/21 02:35 UTC 版)

コンゴ共和国(もしくはコンゴ=ブラザヴィル)は、隣国であるコンゴ民主共和国(DRC,コンゴ=キンシャサ)と密接な音楽的繋がりを持ったアフリカのネイション(国民/国家/民族)である。コンゴ民主共和国で生まれたポピュラー音楽であるスークースは国境を越えてポピュラーであり、ニノ・マラプやジャン・セルジュ・エッスーのような両国のミュージシャンはこの地域全体を流動的に移動してよく似た様式の音楽を演奏している。ブラザヴィルは1990音代後半の危機まで主要な音楽シーンを擁しており、スークースと他のコンゴのポピュラー音楽の様式の発展に不可欠の役割を果たしたBantous de la Capitaleのような、ポピュラーなバンドを生み出している[1]。ヒップ=ホップグループの"Bisso na Bisso"もまたコンゴ出身である。






「コンゴ共和国の音楽」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンゴ共和国の音楽」の関連用語

コンゴ共和国の音楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンゴ共和国の音楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンゴ共和国の音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS