インドネシアの音楽とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > インドネシアの音楽の意味・解説 

インドネシアの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 19:48 UTC 版)

インドネシアの音楽(インドネシアのおんがく)では、今日のインドネシア国内で演奏されている音楽を一括して取り扱う。国内各地にそれぞれ固有の伝統的な音楽もあれば、ラジオテレビの普及によって全国的に流通しているような大衆音楽もある。ここでは大まかに「伝統音楽」と「大衆音楽」に大別して、インドネシアの代表的な音楽を紹介する。




  1. ^ 田村史「ゴング」、石井米雄監修、土屋健治・加藤剛・深見純夫編 『インドネシアの事典』、同朋社出版、1991年、179頁。
  2. ^ 語尾はいわゆる「ング」発音で、「ゴング」も「ゴン」と発音されているように聞える。
  3. ^ 日本でもよく知られる「ブンガワン・ソロ」は、「作曲者不詳のジャワ民謡」といわれてきたが、戦後、グサン・マルトハルトノ作曲であることが確認された。


「インドネシアの音楽」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インドネシアの音楽」の関連用語

インドネシアの音楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インドネシアの音楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドネシアの音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS