ダンドゥットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ダンドゥットの意味・解説 

ダンドゥット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 19:36 UTC 版)

ダンドゥットDangdut)とは、インドネシアのポピュラー音楽の1ジャンルを指す[1]


注釈

  1. ^ きっかけは、雑誌『アクトゥル(Aktuil)』でビリー・シラブミが蔑称として使ったことにあるという説もある[11]
  2. ^ マレーシアでは1960年以降に国民文化政策英語版(NCP)が導入されて公共空間でムラユ文化が拡大し、他方でインド文化と中国文化は移民文化として排除された。この状況ではムラユ音楽とは無関係なダンドゥットという呼称が普及に役立った[16]

出典

  1. ^ 田子内 1997, p. 136.
  2. ^ 田子内 1997, pp. 136–137.
  3. ^ 田子内 1997, pp. 136–139.
  4. ^ 田子内 2012, pp. 151.
  5. ^ a b 田子内 2012, pp. 149–151.
  6. ^ 田子内 1997, pp. 136–139, 152.
  7. ^ 田子内 1998, p. 357.
  8. ^ 田子内 1998, p. 360.
  9. ^ 田子内 1998, p. 370-372.
  10. ^ a b 田子内 1998, p. 356.
  11. ^ a b 田子内 2012, p. 148.
  12. ^ a b 田子内 2012, p. 149.
  13. ^ 田子内 2012, pp. 151–152.
  14. ^ 田子内 2012, pp. 152–153.
  15. ^ a b 田子内 2012, pp. 154–155.
  16. ^ 田子内 2012, pp. 175–176.
  17. ^ a b 田子内 2012, p. 175.
  18. ^ 田子内 2012, pp. 169–171.
  19. ^ 田子内 1997, pp. 152–153.


「ダンドゥット」の続きの解説一覧

ダンドゥット(DANGDUT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 16:59 UTC 版)

インドネシアの音楽」の記事における「ダンドゥット(DANGDUT)」の解説

詳細は「ダンドゥット」を参照 歌手ロマ・イラマスタイル確立し1970年代初頭から、おもに都市部若者中心にして人気を博すようになった大衆音楽である。マレーシアのムラユー音楽や、インドアラブの音楽ビートルズ始めとするロックンロールなどの影響吸収し演奏にはクンダン竹笛スリンタブラなどの伝統楽器とともにエレキ楽器導入され強烈なビート生んでいる。ダンス音楽として若者たち愛好され初期においては反体制的音楽見られていたが、徐々に市民権得てポップミュージック代表的なスタイルみなされるようになった。ダンドゥットがハウスミュージック融合したテンポが非常に速いダンスミュージックファンコット呼ばれる

※この「ダンドゥット(DANGDUT)」の解説は、「インドネシアの音楽」の解説の一部です。
「ダンドゥット(DANGDUT)」を含む「インドネシアの音楽」の記事については、「インドネシアの音楽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダンドゥット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  ダンドゥットのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダンドゥット」の関連用語

ダンドゥットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダンドゥットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダンドゥット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドネシアの音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS