ジャズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ジャズ > ジャズの意味・解説 

ジャズ【jazz】

19世紀末から20世紀にかけて米国南部黒人民俗音楽白人ヨーロッパ音楽とが融合してできた音楽オフビート独特のリズム感即興演奏などが特徴。ディキシーランドジャズ・スイングジャズ・モダンジャズ・フリージャズなどさまざまなスタイルがある。


Jaz

読み方:ジャズ
別名:Jaz drive

Jazとは、米Iomega社によって開発され外付け記憶装置シリーズ名である。

Jazの持つ記憶容量は1GB、あるいは2GBの2種類があるが、それまでIomega社の主力製品だったZip driveに比ると大幅な大容量化が実現されていた。Zip driveもJazもともに磁気記録方式採用していたが、Zip driveフロッピーディスク技術使用しており、Jazはハードディスク技術使用していた。Jazは日常的にデータバックアップを取るためには十分な転送速度記憶容量だったとされる

Jazのパソコンとの接続にはSCSI使用する他の機器との互換性持たない。なお、2003年12月をもってJazの出荷終了している。


参照リンク
Iomega Support & Downloads - (英文

ジャズ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 07:22 UTC 版)

ジャズ: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースラグタイムをルーツとしている[1][2][3]。1920年代のジャズ・エイジ以降、伝統音楽ポピュラー音楽における主要な表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったが、これは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽的表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある[4][5]


注釈

  1. ^ 戦前のブルース・マンにはロバート・ジョンソン、チャーリー・パットンらがいた。
  2. ^ 1920年の「メイプルリーフ・ラグ」を作曲。彼の友人が紹介した。
  3. ^ ドイツ人。相棒はフランシス・ウルフ。
  4. ^ 表題曲でマイルスはブルージーな即興演奏を披露している。
  5. ^ ジャンヌ・モローが出演したサスペンス映画。
  6. ^ 以下の3つの基準で禁止された。「1).旋律の美しさを失った騒擾的なるリズム音楽。2).余りに扇情的淫蕩的感情を抱かしめる音楽。3).怠惰感を抱かしめる様な退廃的或は亡国的なる音楽」[38]
  7. ^ 11PMオープニング・テーマ曲の作曲者。

出典

  1. ^ Jazz Origins in New Orleans – New Orleans Jazz National Historical Park”. National Park Service. 2017年3月19日閲覧。
  2. ^ Germuska. “"The Jazz Book": A Map of Jazz Styles”. WNUR-FM, Northwestern University. 2017年3月19日閲覧。
  3. ^ Roth, Russell (1952). “On the Instrumental Origins of Jazz”. American Quarterly 4 (4): 305–16. doi:10.2307/3031415. ISSN 0003-0678. JSTOR 3031415. 
  4. ^ Ferris, Jean (1993) America's Musical Landscape. Brown and Benchmark. ISBN 0-697-12516-5. pp. 228, 233.
  5. ^ Starr, Larry, and Christopher Waterman. "Popular Jazz and Swing: America's Original Art Form." IIP Digital. Oxford University Press, 26 July 2008.
  6. ^ a b Hennessey, Thomas (1973). From Jazz to Swing: Black Jazz Musicians and Their Music, 1917–1935 (Ph.D. dissertation). Northwestern University. pp. 470–473. https://books.google.com/books?id=nvskngEACAAJ 
  7. ^ Hennessey 1973は、いずれの形式もヨーロッパ系アメリカ人の音楽とアフリカ系アメリカ人の音楽を起源に持つと説明している。
  8. ^ 9シングズ・ユー・メイ・ノット・ノウ・アバウト・ルイ 2021年9月3日閲覧
  9. ^ Biography”. DukeEllington.com (Official site). 2021年7月8日閲覧。
  10. ^ 「リズム&ブルースの死」p.45 著者 ネルソン・ジョージ
  11. ^ “Jelly Rolled into Vancouver”. CBC Radio 2. http://www.cbc.ca/radio2/programs/2010/03/jelly-rolled-into-vancouver.html 2022年2月1日閲覧。 
  12. ^ 参考文献:小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』「ジャズ<語源>」(著・青木啓、2018年11月19日)
  13. ^ チャーリー・パーカー バイオグラフィBiography.com 2021年1月14日閲覧
  14. ^ The Beat Generation – Literature Periods & Movements. ビート・ジェネレーション2021年2月1日閲覧
  15. ^ Beat Down to Your Soul: What was the Beat Generation?| Charters Ann Penguin Books | isbn = 0141001518
  16. ^ ドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』より
  17. ^ 「フリー・ジャズ」の誕生と存在意義”. uDiscoverMusic. 2020年9月17日閲覧。
  18. ^ a b c d 斎藤真 他(監修)『アメリカを知る事典』(平凡社、1986年)pp. 210-217
  19. ^ http://www.nps.gov/jazz/learn/historyculture/bolden.htm
  20. ^ a b 岩浪洋三『これがジャズ史だ〜その嘘と真実〜』(朔北社、2008年)pp.65-68、291-292
  21. ^ https://www.allmusic.com/artist/count-basie-mn0000127044
  22. ^ http://www.jazzradio.com/bebop
  23. ^ http://www.allmusic.com/artist/charlie-parker-mn0000211758
  24. ^ http://www.npr.org/nat-king-cole-the-singer
  25. ^ 相倉久人『新書で入門 ジャズの歴史』(新潮社、2007年)pp.116-127
  26. ^ http://www.allmusic.com/subgenre/free-jazz-ma0000002598
  27. ^ 『フリー・ジャズ』レビュー(All Music Guide)
  28. ^ http://www.discogs.com/Billie-Holiday-Ella-Fitzgerald
  29. ^ 「ブラックミュージック」p.199。学研
  30. ^ a b 『音楽CD検定公式ガイドブック上巻』(音楽出版社、2007年)p.131, 220
  31. ^ http://www.allmusic.com/subgenre/fusion-ma0000002607
  32. ^ Chart Beat, Billboard, April 9, 2009
  33. ^ Gregory Porter: Prohibice by mi nevadila”. Novinky.cz. 2022年5月28日閲覧。
  34. ^ 田中まり 「第三帝国とジャズ」北陸学院短期大学紀要 32, 237-248, 2000-12-28
  35. ^ ジャズライブKOBE神戸とJAZZ|NHK神戸放送局(2015年8月24日閲覧)
  36. ^ 兵庫県/神戸県民局7月のメッセージ(神戸県民局長平野正幸)(2015年8月24日閲覧)
  37. ^ 流線型ジャズ~特別企画!作曲家・服部良一の世界~第七夜” (日本語). たけ平の名曲への招待・昭和編. 2020年12月31日閲覧。
  38. ^ 情報局・内務省共編「出版警察報」138号、1941年7月p64
  39. ^ みつとみ俊郎 『音楽ジャンルって何だろう』 新潮社〈新潮選書〉、1999年12月25日、p.40
  40. ^ 『jazzLife』(2010年7月号)p.57
  41. ^ 『jazzLife』(2010年7月号)p.55 ファンキー・ブームは世界のいくつかの国で起こり、フランスでのブームが最初。
  42. ^ 『jazzLife』(2010年7月号)p.56, 57 日本のミントンズ・プレイハウスといえるのだという。
  43. ^ 植草甚一のレコード、タモリが買い取る ”. 2020年9月17日閲覧。
  44. ^ ルパン三世×ジャズの魅力 ハードボイルドな世界構築”. NIKKEI STYLE. 2020年9月15日閲覧。
  45. ^ https://news-postseven.com 高木里代子
  46. ^ ジャジー[jazzy](音楽用語辞典)”. ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス. 2020年9月17日閲覧。
  47. ^ 山下洋輔「魂の音楽 ジャズの魅力」”. KEIO MCC. 2020年9月13日閲覧。
  48. ^ 坂本龍一インタビュー後篇 「音楽に力はあるか」”. WHAT’s IN? tokyo. 2020年9月17日閲覧。
  49. ^ ジャズに関する意識調査①”. ローソンエンターテインメント. 2020年9月12日閲覧。



「ジャズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ジャズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジャズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリJazの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジャズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS