スウィング・ジャズとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ジャズ > スウィング・ジャズの意味・解説 

スイング‐ジャズ【swing jazz】


スウィング・ジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 15:39 UTC 版)

スウィング・ジャズ(日本語仮名表記にはスイング・ジャズも見られる)は、1930年代から1940年代初めにかけて大流行した、白人が主体となって作られた大人数編成による戦前のジャズのジャンルの一つ。ベニー・グッドマンは黒人の演奏家も積極的に採用した。黒人ブラスバンドマーチングバンドと呼ばれるものとは、音楽的には直接の関係はないとされるが、ブラスバンドから発展したという説もある大人数のジャズ、ビッグバンドの形態をとっている。人気のビッグバンドとしては、ベニー・グッドマン[1]、デューク・エリントン[2]、カウント・ベイシー、グレン・ミラー[3]らのバンドがあげられる。




  1. ^ 「シング・シング・シング」が、黒人音楽の特徴を取り入れたスタンダードとして知られている
  2. ^ 「A列車で行こう」で有名
  3. ^ 「イン・ザ・ムード」「ラプソディー・イン・ブルー」が代表曲
  4. ^ [1]
  5. ^ 当時はSPレコードが中心である
  6. ^ Fletcher Henderson”. Musicians.allaboutjazz.com. 2020年1月6日閲覧。
  7. ^ 有名な演奏家にルイ・アームストロングがいる
  8. ^ Jazz History Part II”. 2020年8月5日閲覧。
  9. ^ 南部を中心にしたバンジョー、コルネットなども使用される初期のジャズ
  10. ^ 二つ以上の楽器を組み合わせた楽器のハーモニー


「スウィング・ジャズ」の続きの解説一覧



スウィング・ジャズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スウィング・ジャズ」の関連用語

スウィング・ジャズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スウィング・ジャズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスウィング・ジャズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS