フュージョン_(音楽)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フュージョン_(音楽)の意味・解説 

フュージョン (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 16:24 UTC 版)

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は、1970年代半ばに発生した、ジャズを基調にロックラテン音楽電子音楽、時にはクラシック音楽などを融合(フューズ)させた音楽ジャンルである。ジャズの派生ジャンルとされている[注釈 1]




注釈

  1. ^ 一般的な「フュージョン」(融合した物)という意味ではなく、この項の時期の音楽について呼ばれる。このため、ジャズを基調にしない融合した音楽はフュージョンとは呼ばない。
  2. ^ 72年から73年にかけて、アメリカでヒットし、日本のラジオでも、さかんにオンエアされた
  3. ^ 元クルセイダーズのギタリスト
  4. ^ ロックのバッキンガムスが歌詞つきの「マーシー・マーシー・マーシー」をヒットさせた
  5. ^ 「ビッチェズ・ブリュー」はエレクトリック・ジャズ・アルバムの代表作とみられている
  6. ^ 元サディスティック・ミカ・バンドのギタリストだった
  7. ^ デオダートの「ツァラトゥストラ」など多数の曲に参加
  8. ^ ブルース・アルバムも発表
  9. ^ T-SQUAREのメンバー
  10. ^ T-SQUAREのメンバー
  11. ^ カシオペアのメンバー
  12. ^ T-SQUAREのメンバー
  13. ^ カシオペアの元メンバー
  14. ^ カシオペアの元メンバー
  15. ^ カシオペアの元メンバー
  16. ^ カシオペアのメンバー
  17. ^ カシオペアのメンバー
  18. ^ カシオペアのメンバー
  19. ^ T-SQUAREのメンバー
  20. ^ カシオペアの元メンバー
  21. ^ カシオペアの元メンバー
  22. ^ 元プリズム。井上たか之バンド。

出典



「フュージョン (音楽)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フュージョン_(音楽)」の関連用語

フュージョン_(音楽)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フュージョン_(音楽)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフュージョン (音楽) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS