パンク・ロックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パンク・ロックの意味・解説 

パンク‐ロック【punk rock】


パンク・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:29 UTC 版)

パンク・ロック(Punk Rock)は、1970年代半ばから後半にかけて発生したロックのスタイルの一つ。パンク略称されることも多い。


  1. ^ http://www.allmusic.com/style/new-wave-ma0000002750
  2. ^ 2017年3月31日 NPRネット記事。マンダリット・デル・バルコ(Mandalit Del Barco)によるジョン・ライドン・インタビューより http://www.npr.org 2019年11月12日閲覧
  3. ^ パンクロックは取り締まり対象、愛好者を丸刈りに インドネシア AFP(2018年1月10日)2018年1月11日閲覧
  4. ^ Stevie Chick (2011年6月13日). “The New York Dolls play 'mock rock' on British TV”. 2022年3月19日閲覧。
  5. ^ http://nme-jp.com/news/11129/
  6. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Suicide, 'Suicide' | Rolling Stone 2022年4月9日閲覧
  7. ^ Griffin, Jeff, "The Damned", BBC.co.uk. Retrieved on November 11, 2019.
  8. ^ 共同経営者は、美術大学時代の同級生で当時私的なパートナーでもあったヴィヴィアン・ウエストウッド。ニューヨーク・ドールズのライブ・ツアーで自ら売り込んでマネージャーを務めた経験がある。初めは普通のブティックだったが、後にSM専門のゴムや革の服を売る店に衣替えした。マルコムは、後にバウ・ワウ・ワウアダム・アンド・ジ・アンツのマネージャーも務め、さらには自分自身もミュージシャンとしてデビューしている。
  9. ^ 「アナーキー・イン・ザ・UK」「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などピストルズの多くの曲を作曲した。
  10. ^ 腕を貫通するほどの重傷だったという。
  11. ^ 解散後は「スタイル・カウンシル」を結成した。
  12. ^ ホルガー・シューカイらがメンバーだった。
  13. ^ Van Dorston, A.S., "A History of Punk", fastnbulbous.com, January 1990. Retrieved on December 2, 2019.
  14. ^ 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が全米チャートでもヒットした。
  15. ^ ビキニ・キル 『プッシー・ホイップド』花の絵 2014年2月17日
  16. ^ 「ロック・アゲインスト・ブッシュ」のアルバムに参加している。
  17. ^ 「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などパンクの歴史的な名曲を発表。
  18. ^ https://www.allmusic.com/artist/the-damned-mn0000138520
  19. ^ 「ホワイト・ライオット」「ロック・ザ・カスバ」などパンクの佳曲多数。
  20. ^ ビリー・アイドルは後に全米ヒットを何曲か獲得してロックスターになった。
  21. ^ パンクだけでなくモータウンなど多様な音楽性を持っていた。
  22. ^ 「ホンコン・ガーデン」はパワーポップ的な音楽性も示していた。
  23. ^ 代表曲は「ヴィーナス」「マーキー・ムーン」など。


「パンク・ロック」の続きの解説一覧

パンク・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 05:49 UTC 版)

オレゴン州の音楽」の記事における「パンク・ロック」の解説

ポートランドでは1980年代ハードコア・パンク隆盛し、太平洋岸北西部地域ではシアトルバンクーバー並び称される存在となったワイパーズとポイゾン・アイディアは、このジャンルにおける代表的なバンドである。特にワイパーズグランジ影響強く見られるこれらのバンドは、ザ・メット(現在はダンテズ)やザ・サティリコンといったクラブ演奏し、カルト・コメディアンのビル・ヒックスとも親交があった。1980年代活動したハードコア・バンドでは、ポイゾン・アイディア、ザ・ワイパーズの他、ロックジョー、ファイナル・ワーニング、ザ・ラッツなどが知られるホールリードボーカルであるコートニー・ラブポートランド育ち当時ポートランドのパンク・シーンで活動していた。ラブニルヴァーナカート・コベイン最初に知り合ったのは、1989年のサティリコン・クラブであった1990年代になるとディファイアンス、バグスカル、ディテステーション、トラジェディといったバンド台頭する2000年代初頭にはエクスプローディング・ハーツが、カルト古典として名声を博すが、その端緒デッド・ムーン呼ばれる1990年代初頭結成しガレージ=カントリー・パンクでカルト育てたバンドであった

※この「パンク・ロック」の解説は、「オレゴン州の音楽」の解説の一部です。
「パンク・ロック」を含む「オレゴン州の音楽」の記事については、「オレゴン州の音楽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パンク・ロック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パンク ロック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パンク・ロックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンク・ロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンク・ロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオレゴン州の音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS