パンク・ロックとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > パンク・ロックの意味・解説 

パンク・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 23:33 UTC 版)

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代半ばから後半にかけて発生したロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることも多い。




  1. ^ http://www.allmusic.com/style/new-wave-ma0000002750
  2. ^ 2017年3月31日 NPRネット記事。マンダリット・デル・バルコ(Mandalit Del Barco)によるジョン・ライドン・インタビューより http://www.npr.org 2019年11月12日閲覧
  3. ^ パンクロックは取り締まり対象、愛好者を丸刈りに インドネシア AFP(2018年1月10日)2018年1月11日閲覧
  4. ^ http://nme-jp.com/news/11129/
  5. ^ Griffin, Jeff, "The Damned", BBC.co.uk. Retrieved on November 11, 2019.
  6. ^ 共同経営者は、美術大学時代の同級生で当時私的なパートナーでもあったヴィヴィアン・ウエストウッド。ニューヨーク・ドールズのライブ・ツアーで自ら売り込んでマネージャーを務めた経験がある。初めは普通のブティックだったが、後にSM専門のゴムや革の服を売る店に衣替えした。マルコムは、後にバウ・ワウ・ワウアダム・アンド・ジ・アンツのマネージャーも務め、さらには自分自身もミュージシャンとしてデビューしている。
  7. ^ 「アナーキー・イン・ザ・UK」「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などピストルズの多くの曲を作曲した
  8. ^ 腕を貫通するほどの重傷だったという
  9. ^ 解散後は「スタイル・カウンシル」を結成した
  10. ^ ホルガー・シューカイらがメンバーだった
  11. ^ Van Dorston, A.S., "A History of Punk", fastnbulbous.com, January 1990. Retrieved on December 2, 2019.
  12. ^ 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が全米チャートでもヒットした
  13. ^ ビキニ・キル 『プッシー・ホイップド』花の絵 2014年2月17日
  14. ^ 「ロック・アゲインスト・ブッシュ」のアルバムに参加している
  15. ^ 代表曲は「ヴィーナス」「マーキー・ムーン」など


「パンク・ロック」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンク・ロック」の関連用語

パンク・ロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パンク・ロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンク・ロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS