非和声音とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > 声音 > 非和声音の意味・解説 

非和声音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 13:49 UTC 版)

非和声音(ひわせいおん、: nonchord tone, nonharmonic tone: Fremde Töne)または和声外音(わせいがいおん)とは、和音の構成音が隣接音度に移された音であり[1]、和音の構成音以外のすべての音である[2]




  1. ^ 日本語の「掛留音」という言葉は、この分類法における suspension および retardation を含んでしまうため、区別のため「サスペンション」とカタカナで表記した。
  2. ^ 二重刺繍音は日本の初歩的な分類ではあまり出てこないが、英語圏では初歩的な分類の中によく出てくる。
  3. ^ 日本語では Available Note Scale と呼ばれることが多い。
  4. ^ 原位という[1]
  5. ^ 日本語では、一般的に Tension Resolve と呼ばれることが多い(英文法的には正しくない)。
  6. ^ 脚注:「アプローチするapproach」という表現は、「ある音に到達する」、「解決音へ進行する(解決するresolve)」という意味で用いられる。
  7. ^ C major scale をただ第2音から始めれば D Dorian scale となるのは当然で、このような言い換えには意味がないと思われるかもしれない。しかしジャズでは、ある調のダイアトニック・コードその調の音階の音のみからできている和音)であったとしても、必ずしもその調の音階ばかりを使うとは限らない。たとえばハ長調の IM7 = CM7 だからと言って必ず C Ionian scale(これは C major scale と同一)ばかり使われるというわけではなく、C Lydian scale が用いられることもある。このため、アヴェイラブル・ノート・スケールの名前の前にその和音の根音を示す。
  8. ^ 伝統的な和声学で装飾音の還元[14] a harmonic reduction と呼ぶ過程とよく似ている。
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 池内友次郎柏木俊夫, 長谷川良夫, 丸田昭三, 石桁真礼生, 小林秀雄, 松本民之助, 三善晃, 矢代秋雄, 末吉保雄, 島岡譲, 佐藤真, 南弘明 「第4章 構成音の転位 (1)」『和声 理論と実習』3、音楽之友社〈和声 理論と実習〉、2013年1月31日(原著1967年7月30日)、第49刷、111, 113, 120, 122-127(日本語)。ISBN 4276102073
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小山大宣 「第7章 Melody Analysis と Phrasing」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、115-116, 117-119(日本語)。
  3. ^ 柏木俊夫 「第1部 二声対位法」『二声対位法 基礎からフーガまで』 柏木俊夫、東京コレギウム、2013年5月10日(原著1990年4月10日)、改訂増補版、12頁(日本語)。ISBN 978-4-924541-37-5
  4. ^ Jeppesen, Knud 「第1部 序章 第2章 技法上の諸特徴」『イェッペセン対位法』 皆川達夫柴田南雄訳、音楽之友社、2013年10月5日、初版、98-99頁(日本語)。ISBN 978-4-276-10553-9
  5. ^ 池内友次郎柏木俊夫, 長谷川良夫, 丸田昭三, 石桁真礼生, 小林秀雄, 松本民之助, 三善晃, 矢代秋雄, 末吉保雄, 島岡譲, 佐藤真, 南弘明 「本書の趣旨」『和声 理論と実習』1、音楽之友社〈和声 理論と実習〉、2013年1月31日(原著1967年7月30日)、第49刷、1頁(日本語)。ISBN 4276102073
  6. ^ a b c 池内友次郎柏木俊夫, 長谷川良夫, 丸田昭三, 石桁真礼生, 小林秀雄, 松本民之助, 三善晃, 矢代秋雄, 末吉保雄, 島岡譲, 佐藤真, 南弘明 「第9章 保続音」『和声 理論と実習』3、音楽之友社〈和声 理論と実習〉、2013年1月31日(原著1967年7月30日)、第49刷、343-344頁(日本語)。ISBN 4276102073
  7. ^ Frank, Robert J. (2010年5月15日). “Non-Chord Tones” (英語). 南メソジスト大学. 2013年9月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l J. Wood, Peter (2008年8月12日). “Non-Harmonic/Embellishing Tones (PDF)” (英語). Laidlaw Performing Arts Center, Department of Music, University of South Alabama. pp. 6-16. 2013年10月6日閲覧。. University of South Alabama.
  9. ^ a b c Burnette, Sonny (2012年12月12日). “MUS 112 Study Guide K (Chapter 11) Nonharmonic Tones I” (英語). Study on line, or print a hard copy of the desired study guide. Department of Music, Georgetown College. 2013年10月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g Burnette, Sonny (2012年12月12日). “MUS 112 Study Guide L (Chapter 12) Nonharmonic Tones II” (英語). Study on line, or print a hard copy of the desired study guide. Department of Music, Georgetown College. 2013年10月11日閲覧。
  11. ^ 池内友次郎柏木俊夫, 長谷川良夫, 丸田昭三, 石桁真礼生, 小林秀雄, 松本民之助, 三善晃, 矢代秋雄, 末吉保雄, 島岡譲, 佐藤真, 南弘明 「第3章 基本位置3和音の連結」『和声 理論と実習』1、音楽之友社〈和声 理論と実習〉、2013年1月31日(原著1967年7月30日)、第49刷、25-26頁(日本語)。ISBN 4276102073
  12. ^ a b Gutwein, Dan (2003年). “Rhythmic Figuration (HTML)” (英語). ウィリアム・アンド・メアリー大学. 2013年10月6日閲覧。. University of South Alabama.
  13. ^ 増田宏三 「第3章 変奏曲作曲実習 7.二重刺繍音、二重倚音、三重刺繍音、三重倚音」『変奏曲作曲実習』12、パンセ・ア・ラ・ミュージック〈作曲技法マスターシリーズ〉、2010年4月10日(原著2005年1月20日)、第2版(日本語)。ISBN 978-4-938986032
  14. ^ a b 島岡譲、野田暉暉, 尾高惇行, 川井學, 佐藤眞, 永冨正之, 南弘明, 浦田健次郎, 野平一郎 「実技編 章7章 転位・修飾」『総合和声―実技・分析・原理』 音楽之友社〈総合和声〉、2013年3月31日(原著1998年4月20日)、第17刷、159, 162, 164, 166。ISBN 978-4-276-10233-0
  15. ^ a b Kostka, Stefan; Payne, Dorothy; Almén, Byron (2013). “12”. In Holmes, Jessica (英語). Tonal Harmony: with an introduction to twentieth-century music. Connect Learn Succeed. Director: Freitag, Chris (Seventh Edition ed.). 1221 Avenue of the Americas, New York, NY 10020, US: The McGraw-Hill Companies Inc.. p. p.190. ISBN 978-0-07-802514-3. http://www.mhhe.com/socscience/music/kostka/animations/TonalHarmony6th/. 
  16. ^ a b 小山大宣 「第6章 Available Note Scale と Tension」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、92-93頁(日本語)。
  17. ^ Pilkington, Bob (2012年2月10日). “Jazz Species Counterpoint (HTML)” (英語). CP361 Jazz Counterpoint 1. バークリー音楽大学. 2013年10月7日閲覧。
  18. ^ a b Delamont, Gordon 「PART TWO セクショナル・ライティング 第5章 2声のハーモニー(デュエット)」『モダン・アレンジ・テクニック 編曲と作曲法』 林 雅諺訳、株式会社エー・ティー・エヌ〈Composing / Arranging〉(原著1965年)、第1版、58-59頁(日本語)。ISBN 4-7549-1324-8NCID BA30244358
  19. ^ 池内友次郎柏木俊夫, 長谷川良夫, 丸田昭三, 石桁真礼生, 小林秀雄, 松本民之助, 三善晃, 矢代秋雄, 末吉保雄, 島岡譲, 佐藤真, 南弘明 「第5章 構成音の転位 (2)」『和声 理論と実習』3、音楽之友社〈和声 理論と実習〉、2013年1月31日(原著1967年7月30日)、第49刷、196-197頁(日本語)。ISBN 4276102073
  20. ^ 島岡譲、野田暉暉, 尾高惇行, 川井學, 佐藤眞, 永冨正之, 南弘明, 浦田健次郎, 野平一郎 「実技編 章7章 転位・修飾」『総合和声―実技・分析・原理』 音楽之友社〈総合和声〉、2013年3月31日(原著1998年4月20日)、第17刷、164-165頁。ISBN 978-4-276-10233-0





非和声音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「非和声音」の関連用語

非和声音のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



非和声音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非和声音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS