無視とは? わかりやすく解説

む‐し【無視】

読み方:むし

[名](スル)存在価値認めないこと。また、あるものをないがごとくみなすこと。「人の気持ちを―する」「信号―」


無視

作者ロード・ダンセイニ

収載図書最後の夢物語
出版社河出書房新社
刊行年月2006.3
シリーズ名河出文庫


無視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 06:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「無視」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「無視」を含むページの一覧/「無視」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「無視」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



無視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 23:54 UTC 版)

算術オーバーフロー」の記事における「無視」の解説

最もよくある手法。しかし、結果不正になるだけでなく、セキュリティホール原因となることもある。

※この「無視」の解説は、「算術オーバーフロー」の解説の一部です。
「無視」を含む「算術オーバーフロー」の記事については、「算術オーバーフロー」の概要を参照ください。


無視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 08:23 UTC 版)

厚生労働省パワハラ相談員パワハラ事件」の記事における「無視」の解説

加害者は、被災者挨拶業務のために話しかけても、無視を繰り返していた。

※この「無視」の解説は、「厚生労働省パワハラ相談員パワハラ事件」の解説の一部です。
「無視」を含む「厚生労働省パワハラ相談員パワハラ事件」の記事については、「厚生労働省パワハラ相談員パワハラ事件」の概要を参照ください。


無視(flouted)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:41 UTC 版)

協調の原理」の記事における「無視(flouted)」の解説

実際の会話において格率無視することによって文字とおりの意味異なる意味を伝えることは可能である。しばしば会話において話し手語用論的に消極的な効果生じさせるために格率を無視することがあるからだ。これのことを嫌味や皮肉という。ある人質の格率について無視をする例として、ちょうど転んでしまったドジ友人に対して「君の優美さ印象的だったと言った場合があるこの場合ドジ友人に対して優美である評価したではなく実際は逆の意味合いとしてこのセリフ言っている。これと同じように量の格率無視した場合結果的に誇張表現(understatement)となり、関連性の格率無視した場合賞賛による非難となり、様式の格率無視した場合両義性持った皮肉になる。これらの格率の無視はコメディアン作家意図的に真実を隠すどの物語の効果として使われることが多い。 意図的に格率無視した発言をする人は、その裏にある含意聞き手理解させようとしている。先ほどの例でいえばドジ友人のことを話し手本当に褒めているわけではない可能性が高いそのため、協調の原理守られていると考えられる。つまり、グライスの協調の原理はそれに従った時も無視した時も効力を発揮する

※この「無視(flouted)」の解説は、「協調の原理」の解説の一部です。
「無視(flouted)」を含む「協調の原理」の記事については、「協調の原理」の概要を参照ください。


無視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 08:02 UTC 版)

チャベリ」の記事における「無視」の解説

見たくない発言繰り返ユーザーに対して自分の画面でのみ、発言を非表示する機能無視した相手には通知されない。また、無視した相手であっても自分の発言相手側表示される

※この「無視」の解説は、「チャベリ」の解説の一部です。
「無視」を含む「チャベリ」の記事については、「チャベリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無視」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

無視

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 12:54 UTC 版)

名詞

(むし)

  1. 見落としてしまうこと。認識できていないこと。
  2. ないものと見なすこと。取るに足らないとみなして考慮しないこと。
  3. 相手にしないこと。連絡や声掛け指示などを放置対応しないこと。ないがしろにすること。

類義語

対義語

動詞

  1. 存在しないと見なす無い物見なす相手にしない。

活用

類義語

  • なみする

翻訳


「無視」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



無視と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「無視」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDの不規則時系列分析とは

    株式やFX、CFDの不規則時系列分析とは、チャートを表示する際にy軸に価格、x軸に時間を取った時にx軸の時間の幅が一定でない分析を行うことです。一般的なテクニカル指標によるテクニカル分析では、時間足に...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無視」の関連用語

無視のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無視のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの算術オーバーフロー (改訂履歴)、厚生労働省パワハラ相談員パワハラ事件 (改訂履歴)、協調の原理 (改訂履歴)、チャベリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの無視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS