境界線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 境界線の意味・解説 

きょうかい‐せん〔キヤウカイ‐〕【境界線】

読み方:きょうかいせん

土地さかいめの線。また、物事さかいめ。「純文学と大衆文学との間に—は引きにくい」


境界線

作者金井美恵子

収載図書金井美恵子短篇 2
出版社日本文芸社
刊行年月1992.3


境界線

作者伊集院静

収載図書昨日スケッチ
出版社講談社
刊行年月1996.10

収載図書昨日スケッチ
出版社講談社
刊行年月1999.11
シリーズ名講談社文庫


境界線

作者中谷真由

収載図書ある女医の手記
出版社新風舎
刊行年月2000.10


境界線

作者見延典子

収載図書家なんか建てなきゃよかった
出版社講談社
刊行年月2003.10

収載図書家を建てるなら
出版社講談社
刊行年月2007.1
シリーズ名講談社文庫


境界線

作者坪田文

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


ボーダーライン

(境界線 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 05:35 UTC 版)

ボーダーライン: borderline




「ボーダーライン」の続きの解説一覧

境界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:26 UTC 版)

フォッサマグナ」の記事における「境界線」解説

ハインリッヒ・エドムント・ナウマンHeinrich Edmund Naumann)はこの地構造異なライン糸魚川から静岡にまで至るのを発見し1885年論文ber den Bau und die Entstehung der japanischen Inseln"(「日本群島構造と起源について」)として発表した。但し、発表論文日本群島構造と起源について」のなかで同じものに "grosser Graben der Bruchregion" との表記使用しているが、翌1886年にはFossa Magnaフォッサマグナ)と命名した。この論文1893年初発表され論文名に初めて「フォッサマグナ」が登場した彼は南アルプス山系から八ヶ岳関東山地眺望した際、巨大な地溝帯存在思いついとされるフォッサマグナ内部地層褶曲していることはアルフレッド・ウェゲナーの『大陸と海洋の起源』において、陸地分裂衝突の証拠として紹介された。しかし、ナウマン考えたフォッサマグナは、伊豆地塊が日本に接近したことで日本列島割れた裂け目であった一方で原田豊吉は、旧富士火山帯とほぼ同一のラインシナ地塊サハリン地塊シベリア地塊)が衝突してできたものだとする富士帯説を発表両者の間で激し論争となったその後フォッサマグナ説が大方支持されるようになっていった。しかし、ナウマン考えていたフォッサマグナの東縁は新潟県直江津神奈川県平塚を結ぶラインであったが、新潟県柏崎千葉県銚子を結ぶライン提唱されるようになった。そして、1970年には山下昇柏崎千葉県千葉市を結ぶ信越房豆帯」説を発表1988年加藤芳輝が柏崎から銚子ライン北部修正した新潟県上越銚子を結ぶライン発表した後に北部大きく修正した新潟県新発田同県小出を結ぶライン新発田小出構造線)が提案された。このように、東縁については諸説出ており現在も結論揺れ動いている。 東縁が諸説出た背景にはフォッサマグナ南部関東山地長野県南東部山梨県埼玉県西部東京都西部神奈川県北西部)に西南日本東北日本同じ年代の地層を含む山塊ぽつんと取り残されて存在していて、混乱生じたことが挙げられる。この山塊後述のように、フォッサマグナ開いてから再び閉じ間に西南日本東北日本から切り離されてフォッサマグナ新し地層とともに圧縮され一体化したものと考えられている。

※この「境界線」の解説は、「フォッサマグナ」の解説の一部です。
「境界線」を含む「フォッサマグナ」の記事については、「フォッサマグナ」の概要を参照ください。


境界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/24 16:19 UTC 版)

ミッドシティ (ニューオーリンズ)」の記事における「境界線」解説

地域の境界線は、大まかな方角東側はオーリンズ・アベニュー、西側はポンチャートレイン・エクスプレスウェイ、南側はブロード・アベニュー、北側はシティー・パーク・アベニュー (通り隔てた向かい側にはシティー・パークがある) である。

※この「境界線」の解説は、「ミッドシティ (ニューオーリンズ)」の解説の一部です。
「境界線」を含む「ミッドシティ (ニューオーリンズ)」の記事については、「ミッドシティ (ニューオーリンズ)」の概要を参照ください。


境界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/02 15:15 UTC 版)

北緯16度線」の記事における「境界線」解説

第二次世界大戦後ベトナムはこの緯線を境にして北は中華民国軍、南はイギリス軍統治下置かれた。これが後に共産主義北ベトナム反共産主義南ベトナムとなったチャド・リビア紛争英語版中のチャド内戦では、1984年9月停戦北緯16度線対立する2派の支配領域境界("Red Line")となったそれ以前は、この境界北緯15度線であった

※この「境界線」の解説は、「北緯16度線」の解説の一部です。
「境界線」を含む「北緯16度線」の記事については、「北緯16度線」の概要を参照ください。


境界線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 16:11 UTC 版)

シルウァ・カルボナリア」の記事における「境界線」解説

4世紀ローマ帝国崩壊すると、ライン川沿いに住んでいたゲルマン人であるフランク人旧帝国領内に王国形成した主要なフランク人支族サリ族ナイメーヘン出発点とし、より人口多くローマ化進んでいたシルウァ・カルボナリア近辺マース川沿いに進出していった。彼らは「よそ者」(*walhōz)と呼ばれ、これがワロン人名の由来となったという説もある。かつてはこの地形的環境安易にロマンス語派ゲルマン語派の境界線と見なされたこともあった。 シルウァ・カルボナリアは、フランク人サリカ法典でも「フランク人の住む領域の境界線」として言及されている。6世紀には、シルウァ・カルボナリアクロヴィス1世率い西のフランク王国と、シギベルト跛王率い東のフランク王国首都ケルン)の間にまたがる国境地帯とされた。この状態507年クロヴィス1世勝利して東フランク併合するまで続いた。またこのシルウァ・カルボナリアを境とした東西差異は、メロヴィング朝を通じて残った人の手入っていない広大な森林は、修道院所有する土地とされた。シルウァ・カルボナリア中にはベネディクト修道会系のロッブ修道院成立し、またニヴェル近くのフォレ・ド・ソワヌにはSaint Foillan修道院成立した

※この「境界線」の解説は、「シルウァ・カルボナリア」の解説の一部です。
「境界線」を含む「シルウァ・カルボナリア」の記事については、「シルウァ・カルボナリア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「境界線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

境界線

出典:『Wiktionary』 (2021/09/05 00:09 UTC 版)

名詞

(きょうかいせん)

  1. 国境行政区域土地などの境界定めた

関連語


「境界線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



境界線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「境界線」に関係したコラム

  • FXのパリティとは

    FX(外国為替証拠金取引)のパリティ(parity)とは、通貨ペアの為替レートが1になることです。パリティは、日本語では「等価」といいます。パリティは、通貨ペアの為替レートが1を挟んで推移している場合...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

境界線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



境界線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーダーライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォッサマグナ (改訂履歴)、ミッドシティ (ニューオーリンズ) (改訂履歴)、北緯16度線 (改訂履歴)、シルウァ・カルボナリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの境界線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS