界とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 区分 > の意味・解説 

かい【界】

[音]カイ(漢) [訓]さかい

学習漢字3年

空間分け区切り物事のさかい目。「境界結界限界分界臨界

範囲を区切った特定の場所。「界隈(かいわい)/外界各界眼界業界苦界(くがい)・下界財界三界(さんがい)・視界斯界(しかい)・世界政界租界俗界他界冥界社交界


かい【界】

区切り。境(さかい)。仕切り。「界を接する」

限られた社会範囲多く接尾語的に用いる。「社交界」「文学界

《(梵)dhātuの訳。部類要素基礎などの意》仏語

人間存在構成要素として類別範疇(はんちゅう)となるもの。六根六境六識それぞれを界として、十八界をたてる。

宇宙構成要素地・水・火・風・空・識の六大(ろくだい)のこと。六界

領域または世界欲界色界無色界三界

生物分類上の基本階級一つ。門の上位置し、従来最上位分類群とされていたが、現在は界の上ドメインという階級設けられている。

地質年代による地層区分最大単位年代区分の「代」に対応し、「系」をいくつか集合したもの古生代中生代新生代地層を、古生界中生界新生界とよぶ。


さかい〔さかひ〕【境/界】

土地土地との区切り。境界。「隣との―」「県―」

ものとものとが接する所。また、ある状態と他の状態と分かれ目区切り目境目。「空と海との―」「生死の―をさまよう」→境する

ある範囲の内。地域。場所。また、境遇

身体安逸の―に置くという事文明人の特権のように考えている彼は」〈漱石明暗

心境境地

「―に入りはてたる人の句は、此の風情のみなるべし」〈ささめごと


英訳・(英)同義/類義語:kingdom

生物の分類階級で最も上の階級。例:動物界植物界
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  生殖結節  甲殻類  甲皮類  界  異温動物  異質倍数体  異質四倍体



読み方:サカイsakai

所在 長崎県長崎市


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
さかい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 02:18 UTC 版)

(かい)

脚注


  1. ^ 「重力界」という用例はほとんど全くなく、もっぱら電磁関係のみ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:42 UTC 版)

発音

名詞・接尾辞

  1. (かい)生物分類基本階級一つで、一般的にはその最上単位。但し、近年ではさらにその上位に「ドメイン」のをおくこともある。-----()--()-

訳語

生物分類
多くが「王国」と同語彙。

参照

熟語

手書きの字形について

最終画の終筆ははねてもよい。[1]


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「界」の関連用語

界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS