節とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

せち 【節】

呉音
時節季節。 「やよひの日数のうちに夏の-の来たる/経信母集」
季節の変わりめの祝いをする日。節日せちにち節供(せちく)。 「 -は五月にしく月はなし/枕草子 39
節会(せちえ) 」に同じ。 「さるべき節会など,五月の-にいそぎ参るあした/源氏 帚木
節日御馳走。特に正月振る舞い。 「ある所の御屛風正月-する/忠見集」 → お節(せち)

せつ [1] 【節】

ある事柄行われるとき。時期。おり。ころ。 「その-はお世話になりました
自分信念守り続けること。みさお。節操操守。 「 -を守る」
ほど。ほどあい節度。 「 -を越えない」
まとまったものをいくつか分けた,そのひとまとまり区切り助数詞的にも用いられることがある
文章詩歌音曲などの一つ段階。 「三つの-から成る論文」 「 -を改め書き継ぐ」 「第三第二-」
スポーツ試合期間の一区切り。 「第三-はのため未消化
季節時節。 「今は恰も少く草枯れたる-に属したれば/日光山の奥 花袋
二十四節気のこと。また,そのうち旧暦各月前半にくる節気をさす。 → 中気
君命を受けた使者将軍授かるしるし。 「持-将軍
生物分類群の階級の一。属と種の中間で,種をまとめる時に用いる。
植物ので,着生する部分。ふし。
クローズclause に同じ。
船の速度単位ノットknotに同じ。

【せつ】[漢字]

【 切 】 [音] セツサイ
きる。刃物できる。 「 切開切断切腹切磋琢磨(せつさたくま)
さしせまる。 「 切迫
ねんごろひたすら。 「 切諫せつかん切言切実切望懇切 ・親切 ・痛切
よく合う。 「 切要 ・適切 」
すべて。 「 一切(いつさい)
ある漢字の音を他の二字用いて示す法。 「 切韻反切
【 折 】 [音] セツ
おる。おれる。 「 九折曲折屈折骨折
くじく。 「 折衝折伏(しやくぶく)(せつぷく)) ・挫折(ざせつ)
責める。 「 折檻せつかん面折
わける。 「 折衷折半
死ぬ。 「 夭折ようせつ 」 〔「シャク」の音は慣用
【 刹 】 [音] セツサツ
寺。 「 《 サツ巨刹古刹仏刹名刹
きわめて短い時間。 「 刹那(せつな)
悪鬼の称。 「 刹鬼羅刹
梵語 ksetra音訳字。国。国土。 「 西刹
【 拙 】 [音] セツ
つたない。へた。 「 拙策拙速拙劣巧拙古拙稚拙
自己の謙称。 「 拙詠拙稿拙者拙僧拙宅拙著
【 泄[音] セツエイ
流れ出る。もれる。もらす。 「 漏泄ろうえいろうせつ) 」
不要のものを除く。だす。 「 排泄
【 窃 ( 竊 ) 】 [音] セツ
ひそかにぬすむ。 「 窃取窃盗剽窃(ひようせつ
ひそかに。 「 窃視窃笑
【 接 】 [音] セツショウ
まじわる。まじえる。つぐ。 「 接合接骨接種接続交接溶接連接接尾語
会う。もてなす。 「 接客接見接待接伴引接いんせつ(いんじよう)) ・応接面接
近づく。ふれる。 「 接眼 ・接近接写接触接戦接吻(せつぷん) ・間接 ・直接 ・密接 ・隣接
とる。 「 接受接収
【 設 】 [音] セツ
もうける。そなえつける作る。 「 設営設置設定設備設問設立開設仮設既設建設施設常設新設特設付設敷設
[音] セツ
ゆき。ゆきがふる。 「 雪害雪渓雪景雪原雪中蛍雪降雪残雪新雪積雪白雪氷雪風雪
ゆきのように白い。 「 雪白雪眉(せつび)
すすぐ。洗い清める。 「 雪冤せつえん雪辱
【 渫[音] セツ
さらう。水底のどろを取り除く。 「 浚渫(しゆんせつ)
【 摂 ( 攝 ) 】 [音] セツショウ
とる。もつ。すべおさめる。 「 摂取摂理摂受(しようじゆ)包摂
兼務する。代わって行う。 「 摂関摂行摂社摂政兼摂
やしなう。ととのえる。 「 摂生摂養
摂津(せつつ)国」の略。 「 摂州
【 節 ( 節 ) 】 [音] セツセチ
竹や草木のふし。また,物のつながっているところ。 「 関節結節体節
音楽の曲の調子。 「 曲節
物の区切り
詩歌文章楽曲などの一区切り。 「 楽節章節
言葉単位。 「 音節文節
信念をかたく守る。みさお。 「 節義節操節婦気節苦節忠節
ひかえめにする。ほどあい。 「 節倹節減節酒節水節制節度節約節用調節礼節
気候かわりめ時期。 「 節分季節時節当節
祝日。 「 節句節会(せちえ)節日せちにちせつじつ) ・佳節
他国への使者のしるし。わりふ。 「 使節符節
【 截[音] セツ
〔「サイ」と読むのは慣用〕 たつ。きる。たちきる。 「 截然截断断截直截半截
【 説 】 [音] セツゼイ
とく。筋道や意味をときあかす。 「 説教説得説法説明説諭説話演説解説概説詳説総説力説遊説ゆうぜい
考え意見理論。 「 異説一説学説言説高説自説社説新説俗説卓説定説論説地動説
はなし。物語。うわさ。 「 説話巷説こうせつ小説 ・伝説 ・風説
【 褻[音] セツ
けがれる。きたない。けがらわしい。 「 狎褻こうせつ猥褻わいせつ
はだぎ。ふだんぎ。 「 褻衣

ノット [1] 【knot】

船舶海流などの速さ単位一時間に一海里(1852メートル)進む速度をいう。記号kn または kt 〔「節」とも書く〕

【節・編

垣や(こも)などの編み目結い目。ふし。 「大君のみこの柴垣八-じまり/古事記

ふし [2] 【節】

竹・葦(あし)などの幹にあって,ほぼ一定間隔でややふくらんでいる部分
樹木生え出るところ。また,切り落とした跡。特に板や製材した際に残る跡。せつ。 「 -の多い木」 「 -を生かした床框(とこかまち)
骨と骨のつながっている部分関節。 「指の-を鳴らす」
糸・ひもなどの,途中太くなっているところ。 「 -糸」
物事区切りとなるような大切な箇所。ふしめ。 「人生の-」
箇所注目すべき点。 「思い当たる-がある」 「故意思われる-がある」
きっかけ。また,折(おり)機会。 「又,よき-なりとも思ひ給ふるに/源氏 帚木
歌の旋律。また,旋律の一まとまり曲節。 「一-歌って聞かせる」 「 -を忘れる」 「変な-をつけてせりふをいう」
(普通「フシ」と書く)浄瑠璃謡曲で,旋律のある部分。詞(ことば)に対していう。
〘物〙 定常波で,振幅が 0 になっているところ。 ↔
の身を縦に四つに割ったもの。また,それを加工した食品。また,特にかつおぶしのこと。
言いがかりなんくせ。 「よくいろ〱な-をつけるの/人情本梅児誉美 」 → ぶし(節)

ぶし 【節】

名詞,また,地名人名などの固有名詞の下に付いて複合語をつくる。
浄瑠璃流派民謡曲名などを表す。 「義太夫-」 「木曽-」 「ひえつき-」
人名の下に付けてその人独特の特徴のある話し方節回しなどの意を表す。
魚肉を煮て干した食物の意を表す。 「かつお-」 「なまり-」
地名の下に付けて,その地に産するかつおぶしの意を表す。 「土佐-」

【節

竹や葦(あし)の,節(ふし)と節との間。 「竹とるに,節(ふし)隔てて-ごとに金ある竹を見つくる事かさなりぬ/竹取」
転じて,節(ふし)。 「大なる竹の-を通して入道の口にあて/平治


節(せつ)

板寄せ銘柄取引午前数回午後に数回分けて立ち会いを行っています。その立ち会い一回一回が「節」と呼ばれていて、前場1節、2節、3節、後場1節、2節、3節、引け後節のように呼ばれています。

事実節または規則節。節は,頭部本体部とをもつ。

読み方:ふし

  1. 普通窃盗犯被害小額盗難ノ意-〔関東地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 窃盗或は盗難被害小額なるをいふ。〔関東方面
  3. 窃盗或いは盗難被害少額なことをいう。〔関東

分類 関東関東地方


読み方:ふし

  1. 竹篦様ノモノヲ使用シテ戸締施錠箇所ヲ捜シ求ムルヲ云フ。〔第三類 犯罪行為
  2. 竹箆様のものを持つて施錠箇所を捜し求め動作を云ふ。

読み方:ふし

  1. 鰹節をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/09 08:37 UTC 版)

(せつ、せち、ふし) 多くの場合「節目(ふしめ)」とも言う変化する箇所や時期など。




「節」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 08:31 UTC 版)

発音

名詞

  1. ふし)竹などの途中でふくらんだ部分
  2. ふし 特に和風の曲に関する旋律メロディ
  3. セツ文法上、従位接続詞関係詞が導く通常は、複文のなかで主節に対してそれを修飾したり、内部に含まれたりする従節従属節)のこと。→w:節 (文法)
  4. セツ階層単位。       
    1. 法律分類階層-------
    2. 生物の分類階層-----()--()-

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「節」の関連用語

1
100% |||||


3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||




10
78% |||||

節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ルードヴィヒ王のビアケーゼ

8000系

カルチベーター

レザック

90式戦車

ブレーキ

PC-9821V7/V10

防災行政無線システムの全体構成





節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2018 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
K-PrologK-Prolog
Copyright (C) 2018 K-Prolog All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS