膝栗毛とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 膝栗毛の意味・解説 

ひざ‐くりげ【膝×栗毛】

読み方:ひざくりげ

【一】膝を栗毛の馬代わりにして旅をすること。徒歩で旅行すること。

番組勤め済まして、あとを—で帰る途中であった」〈鏡花歌行灯

【二】十返舎一九作の滑稽本東海道中膝栗毛」、およびその続編の略称。


膝栗毛

読み方:ひざくりげ

  1. 徒歩にて旅行すること。膝を以て栗毛の馬代ふるの義なり。
  2. 長途旅行徒歩ですることをいふ。膝を栗毛の駒に代へるといふ意味から来たのである
  3. 徒歩旅行のこと、「弥次喜多の膝栗毛」から出た語。

膝栗毛

読み方:ひざくりげ

  1. 一定住所ナク諸方徘徊スルノ意。〔第四類 言語動作
  2. 諸方浮浪することを云ふ。
  3. 諸方浮浪することをいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

膝栗毛

読み方:ヒザクリゲ(hizakurige)

初演 安政2.3(江戸市村座)


膝栗毛

読み方:ヒザクリゲ(hizakurige)

初演 文政10.閏6(江戸河原崎座)


膝栗毛

読み方:ヒザクリゲ(hizakurige)

分野 滑稽本

年代 江戸後期

作者 英泉(渓斎英泉)


膝栗毛

読み方:ヒザクリゲ(hizakurige)

分野 滑稽本

年代 江戸後期

作者 十方一丸作・画


「膝栗毛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

膝栗毛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



膝栗毛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS