雨とは?

あめ【雨】

大気中の水蒸気冷えができ、雲の中成長した水滴地上落ちてくる現象また、その水滴氷晶を含むから降る冷たい雨のほか、熱帯地方などの氷晶含まないから降る暖かい雨もある。「雨が上がる

雨の降る日雨天。「明日は雨らしい」

絶え間なく降り注ぐ、または、落ちてくるもののたとえ。「涙の雨」「爆弾の雨」「血の雨を降らせる」

[補説] 書名別項。→雨


あめ【雨】

原題Rainモーム短編小説南洋小島上陸した宣教師が、降り続く雨の中理性崩壊させていくさまを描く。1921年刊行短編集木の葉のそよぎ」に収録


う【雨】

[音](呉)(漢) [訓]あめ あま

学習漢字1年

[一]〈ウ〉

あめ。「雨季雨滴雨天雨量甘雨降雨豪雨細雨慈雨秋雨驟雨(しゅうう)・小雨晴雨多雨梅雨白雨微雨風雨雷雨涼雨霖雨(りんう)・冷雨

雨のように降るもの。「雨飛砲煙弾雨

[二]〈あめ〉「雨風長雨涙雨俄雨(にわかあめ)・糠雨(ぬかあめ)・一雨

[補説] 「春雨(はるさめ)」「小雨(こさめ)」「霧雨(きりさめ)」などとも読む。

[三]〈あま〉「雨傘雨合羽(あまがっぱ)・雨具雨雲雨戸雨樋(あまどい)・雨水

名のり]さめ・ふる

難読五月雨(さみだれ)・時雨(しぐれ)・梅雨(つゆ)


あま【雨】

語素名詞などの上に付けて「雨(あめ)」の意を表わす。「雨具」「雨雲」「雨乞(あまごい)」「雨隠(あまごもり)」「雨だれ」「雨戸」「雨夜」など。

[補注]「あめ(雨)」の古形は「あま」であり、それが複合語中に残っている、という説がある。


あめ【雨・下米】

〔名〕

大気中の水蒸気冷え水滴となり、地上落下してくるもの。また、それが降る天候雨天

古事記(712)下・歌謡「大前(おほまへ) 小前(をまへ)宿禰が かなと蔭 かく寄り来ね 阿米(アメ)たちやめむ」

たえまなくたくさん落ちそそぐもの、身にふりかかるものをたとえていう。

(イ) 涙のあふれでるたとえ。

源氏100114頃)幻「せきがたき涙の雨のみ降りまされば」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「此上手を附けたら雨になりさうな」

(ロ) 物がたくさふりかかること、あるいは、身に及ぶ行為連続してくり返されることのたとえ

いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四一「最後拳固(げんこ)の雨」

芝刈(1921)〈寺田寅彦〉「弾丸の雨に吹き飛されて」

広くゆきわたって人々うるおすもののたとえ

謡曲芭蕉(1470頃)「花待ち得たる芭蕉葉の、み法(のり)の雨も豊かなる、露の恵み受くる身の」

④ (①が描いてあるところから) 花札一一月の

歌舞伎小袖曾我薊色縫十六夜清心)(1859)二幕「いや、雨(アメ)は真平だ。坊主消しやす」

(5) 映画などでフィルム古くなり、縦筋の傷が入って雨の降っているように見える状態。→あめ(雨)が降る。

[補注](1)「あめ(天)」と同源
(2)複合語前項として用いられる時は、「あま傘」「あま」のようにアマの形をとることが多く複合語後項として用いられる時は、「大あめ」「通りあめ」また「さめ」「氷(ひ)さめ」のようにアメ・サメの形をとる。


さめ【雨】

語素〕 雨(あめ)。複合語後項として用いられる。「春さめ」「秋さめ」「小さめ」「むらさめ」など。〔名語記(1275)〕

[語誌](1)母音ではじまる「あめ」が熟合する際、母音連続避け子音sが挿入された形と見る説が一般的であるが、ほかには「いね」が「うましね」になるくらいで、子音挿入される例はほとんどなく、「さめ」は「あめ」の古形だという説もある。
(2)はやさめ(早雨)」「はるさめ春雨)」「こさめ(小雨)」に対しては、「はやさあめ」「はるさあめ」「こさあめ」という形も平安時代見える。このことからするとサメの元の形はサアメだとも考えられるが、もしサアメ→サメだとすると、このサの説明がつきにくい。右の実例からは、サの前に立つのは、名詞形容詞語幹接頭語とさまざまだが、そのようなサという語は知られていない(「高さ」「早さ」などのサは形容詞語幹にのみ付くもので、別語考えられる)。サメ→サアメという変化したものか。
(3)「伎・牡丹平家譚重盛諫言)‐大詰」の「言ふ声さへも汐ぐもり、袖に涙の雨やさめ」のような表現もあるが、謡いものとしての殊なであろう


分野
に関する用語
用例
雨が降る(やむ)。(が)雨に変わる。
雨の日。雨の天気

早坂 文雄:雨

英語表記/番号出版情報
早坂 文雄:雨作曲年: 1947 年 

作者村松友視

収載図書三角砂糖ショートショート20人集
出版社講談社
刊行年月1986.10

収載図書三角砂糖ショートショート20人集
出版社講談社
刊行年月1989.10
シリーズ名講談社文庫

収載図書ヴィンテージ―酒の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1996.10


作者竹本恭子

収載図書ラブストーリーズ
出版社日本図刊行
刊行年月1993.8


作者森内俊雄

収載図書桜桃
出版社新潮社
刊行年月1994.1


作者赤川次郎

収載図書輪舞―恋と死のゲーム
出版社角川書店
刊行年月1994.7
シリーズ名角川文庫

収載図書悪夢の果てシリーズ闇からの声
出版社光文社
刊行年月2003.6
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書悪夢の果てシリーズ闇からの声
出版社光文社
刊行年月2006.7
シリーズ名光文社文庫



作者木山捷平

収載図書白兎苦いお茶無門庵
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文芸文庫


作者ルネ・ゴシニ

収載図書プチ・ニコラニコラ仲間たち 4
出版社偕成社
刊行年月1996.6
シリーズ名偕成社文庫


作者宮城谷昌光

収載図書玉人
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書玉人
出版社新潮社
刊行年月1999.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書宮城谷昌光全集 第1巻 短篇小説
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11


作者阿刀田高

収載図書東京ホテル物語 改版・〔文庫オリジナル版〕
出版社中央公論社
刊行年月1996.8
シリーズ名中公文庫


作者安岡章太郎

収載図書昭和短編 8版
出版社笠間書院
刊行年月1997.4


作者山口洋子

収載図書シンシン
出版社文芸春秋
刊行年月1997.7
シリーズ名文春文庫


作者立松和平

収載図書ふたつの太陽
出版社河出書房新社
刊行年月1986.11

収載図書立松和平自選短編集
出版社スコラ
刊行年月1991.3
シリーズ名WAHEI TATEMATSU SELECTION


作者宇野千代

収載図書大人の絵本
出版社角川春樹事務所
刊行年月1997.8


作者清水義範

収載図書本番いきまーす
出版社実業之日本社
刊行年月1998.5

収載図書間違いだらけのビール選び
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


作者トーベ・ヤンソン

収載図書聴く女
出版社筑摩書房
刊行年月1998.5
シリーズ名トーべ・ヤンソン・コレクション

収載図書トーベ・ヤンソン短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月2005.7
シリーズ名ちくま文庫


作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集27荻窪風土記鞆ノ津茶会記
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1


作者赤坂真理

収載図書コーリング
出版社河出書房新社
刊行年月1999.6

収載図書コーリング
出版社講談社
刊行年月2004.11
シリーズ名講談社文庫


作者織田作之助

収載図書織田作之助作品集 1
出版社沖積舎
刊行年月1999.12

収載図書織田作之助作品集 1
出版社沖積舎
刊行年月2008.8


作者黒羽カラス

収載図書闇鍋
出版社彩図社
刊行年月2000.1
シリーズ名ぶんりき文庫


作者加堂秀三

収載図書お小姓捕物帳
出版社徳間書店
刊行年月2000.9
シリーズ名徳間文庫


作者吉本ばなな

収載図書ひな菊の人生
出版社ロッキング・オン
刊行年月2000.11


作者広津柳浪

収載図書広津柳浪
出版社筑摩書房
刊行年月2001.10
シリーズ名明治文学


作者福永武彦

収載図書福永武彦全集 第2巻 小説 2
出版社新潮社
刊行年月1987.5


作者古川薫

収載図書秘剣「出撃」
出版社光文社
刊行年月2001.11
シリーズ名光文社時代小説文庫


作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 1 ねらわれた星
出版社理論社
刊行年月2001.11


作者平山夢明

収載図書怖い本 3
出版社角川春樹事務所
刊行年月2002.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


作者永井するみ

収載図書ボランティア・スピリット
出版社光文社
刊行年月2002.8

収載図書ボランティア・スピリット
出版社光文社
刊行年月2005.1
シリーズ名光文社文庫


作者張健次郎

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治台湾文学集成


作者林芙美子

収載図書戦後出発女性文学 第1巻 昭和2021年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


作者浅暮三文

収載図書アジアン怪綺―異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2003.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書実験小説
出版社光文社
刊行年月2005.7
シリーズ名光文社文庫


作者松本恵子

収載図書松本恵子探偵小説
出版社論創社
刊行年月2004.5
シリーズ名論創ミステリ叢書


作者葉月

収載図書月のかたちショートお話
出版社新風舎
刊行年月2004.9
シリーズ名新風舎文庫


作者広瀬隆

収載図書不完全犯罪
出版社集英社
刊行年月1988.12
シリーズ名集英社文庫


作者古川日出男

収載図書gift
出版社集英社
刊行年月2004.10

収載図書gift
出版社集英社
刊行年月2007.11
シリーズ名集英社文庫


作者谷口

収載図書谷口短編集 1
出版社西海出版
刊行年月2004.12


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 2
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者

収載図書
出版社文芸社
刊行年月2005.4


作者林京子

収載図書やすらかに今はねむり給え 青春
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


作者よしもとばなな

収載図書ひな菊の人生
出版社幻冬舎
刊行年月2006.4
シリーズ名幻冬舎文庫


作者Yoshi

収載図書翼の折れた天使たち
出版社双葉社
刊行年月2006.12


作者戸渡阿見

収載図書蜥蜴短篇小説集
出版社たちばな出版
刊行年月2007.9


作者青木健

収載図書朝の波
出版社鳥影社
刊行年月2007.10
シリーズ名季刊文科コレクション


作者小野晃

収載図書ショートショート・ストーリー
出版社文芸社
刊行年月2008.3


作者勝目梓

収載図書街のけもの道
出版社徳間書店
刊行年月1989.1
シリーズ名トクマ・ノベルズ

収載図書街のけもの道
出版社徳間書店
刊行年月1992.4
シリーズ名徳間文庫


作者

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


作者トマスH.クック

収載図書マンハッタン物語
出版社二見書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ザ・ミリテリ・コレクション


雨―節士悲

作者矢内英子

収載図書戊辰春遊
出版社武蔵野書房
刊行年月1996.8


作者池内紀

収載図書天のある人二十三の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1989.4


作者スティーヴン・ミルハウザー

収載図書バーナム博物館
出版社福武書店
刊行年月1991.9

収載図書バーナム博物館
出版社白水社
刊行年月2002.8
シリーズ名白水uブックス


作者戸川昌子

収載図書57人の見知らぬ乗客
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫


作者松谷みよ子

収載図書小説捨てていく話
出版社筑摩書房
刊行年月1992.11


...雨

作者合木顕五

収載図書フーコー短編小説傑作選 1
出版社フーコー
刊行年月1998.12


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 09:59 UTC 版)

(あめ)とは、大気から落下する現象で、降水現象および天気の一種[1][2]。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある[3]。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴がを形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるもの。ただし、成長の過程で一旦凍結氷晶を経て再び融解するものもある[4]。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与する他、農業水力発電などを通して人類の生活にも関与している[3][5]


注釈

  1. ^ 大きな雨粒は変形するため、それを球形に換算した半径のこと。

出典

  1. ^ 岩槻、p216
  2. ^ 気象観測の手引き、p61
  3. ^ a b c d e f g h i j k l グランド現代大百科事典、大田正次『雨』p412-413
  4. ^ 荒木、p42-43
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 世界大百科事典、内田英治『雨』p475-476
  6. ^ a b 荒木、p75-77
  7. ^ a b 岩槻、p112, p118-120
  8. ^ Robert Fovell (2004年). “Approaches to saturation (pdf)”. University of California in Los Angelese. 2015年4月7日閲覧。
  9. ^ 岩槻、p180-184
  10. ^ 小倉、p78-88
  11. ^ 荒木、p116-128
  12. ^ 小倉、p81, p85-92
  13. ^ 荒木、p77-82, p128-129
  14. ^ 武田、p31-34
  15. ^ 小倉、p87-88, 98
  16. ^ a b c d 荒木、p132-148
  17. ^ a b 小倉、p92-99
  18. ^ 気象観測の手引き、p61
  19. ^ 小倉、p86, 89
  20. ^ 荒木、p77-82, 129-131
  21. ^ 荒木、p23-38
  22. ^ 荒木、p103-104
  23. ^ 雨の強さと降り方 平成12年8月作成、平成14年1月一部改正」気象庁、2015年4月18日閲覧
  24. ^ a b 天気予報等で用いる用語 降水
  25. ^ 武田、p139-140, 142-153
  26. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「雨量の分布」
  27. ^ a b c d 武田、p142-153
  28. ^ 『キーワード 気象の事典』初版、p247、朝倉書店、2002年。ISBN 4-254-16115-8
  29. ^ 武田、p8-9
  30. ^ a b c 荒木、p77-82
  31. ^ a b 気象観測の手引き、p61
  32. ^ 荒木、p78-79
  33. ^ 武田、p24-25
  34. ^ 武田、p14-15
  35. ^ 小倉、p86, 89
  36. ^ a b c 地球と宇宙の化学事典、p154
  37. ^ 地球と宇宙の化学事典、p149
  38. ^ Daisy Yuhas. "Storm Scents: You Can Smell Oncoming Rain", Scientific American, 2012-07-18, 2015年4月20日閲覧
  39. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「珍しい雨」
  40. ^ 「原爆の記録 黒い灰・黒い雨」、長崎市、2015年4月19日閲覧
  41. ^ 宮澤清冶『最新天気図と気象の本-天気図を見るとき読むとき書くとき』、国際地学協会、1991年。ISBN 978-4771810068
  42. ^ a b c d 武田、p16-20
  43. ^ 地域気象観測システム(アメダス)」気象庁、2015年4月18日閲覧
  44. ^ 気象レーダー」気象庁、2015年4月18日閲覧
  45. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「降雨の記録」
  46. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「雨の観測と予報」
  47. ^ 地球と宇宙の化学事典、p151, p155
  48. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「雨と人間」
  49. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「人工増雨」
  50. ^ a b c d e f g 世界大百科事典、飯島吉晴、吉田敦彦『雨』p475-476
  51. ^ a b c d e f 日本大百科全書、竹内利美「雨の民俗」、板橋作美「世界の伝承と俗信」
  52. ^ 金星」、宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター、2015年4月20日閲覧
  53. ^ 土星の衛星」、宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター、2015年4月20日閲覧



雨…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 02:18 UTC 版)

雨…」(あめ)は、1978年11月に発売された、小柳ルミ子の27枚目のシングルである。






「雨…」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/04/04 00:31 UTC 版)

発音

名詞

  1. あめ。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



雨と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「雨」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雨」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||



検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雨 (改訂履歴)、雨… (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS