硫酸塩とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 硫酸塩 > 硫酸塩の意味・解説 

りゅう さんえん りう- [3] 【硫酸塩】

硫酸分子含まれる二つ水素原子のうち一つまたは二つ金属などの陽イオン置換された塩。一般にに溶けやすいが、カルシウム塩・バリウム塩・鉛塩などは難溶各種金属の硫酸塩鉱物天然存在し、資源として有用
「硫酸塩」に似た言葉


硫酸

分子式H2O4S
その他の名称:BOVDipping acidSulfuric acidOil of vitriol、Vitriol brown oilSulfuric acid hydrogen
体系名:硫酸塩、硫酸、硫酸水素


硫酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/23 09:24 UTC 版)

硫酸塩(りゅうさんえん、: sulfate, sulphate)とは、硫酸イオン(りゅうさんイオン sulfate; SO42-)を含む無機化合物の総称である。




  1. ^ "The Atom and the Molecule" by Gilbert N. Lewis Journal of the American Chemical Society Volume 38, 1916, pages 762–785. See page 778
  2. ^ "The modern theory of valency" Linus Pauling J. Chem. Soc., 1948, 1461–1467, doi:10.1039/JR9480001461
  3. ^ C. A. Coulson, Nature, 221, 1106 (1969), doi:10.1038/2211106a0
  4. ^ K. A. R. Mitchell, Chem. Rev., 69, 157 (1969)doi:10.1021/cr60258a001
  5. ^ a b Cotton, F. Albert; Wilkinson, Geoffrey (1966). Advanced Inorganic Chemistry (2d Edn.). New York: Wiley.
  6. ^ a b Thorsten Stefan and Rudolf Janoschek: "How relevant are S=O and P=O Double Bonds for the Description of the Acid Molecules H2SO3, H2SO4, and H3PO4, respectively?". Journal of Molecular Modeling, Volume 6, Number 2 / February 2000, p. 282–288. doi:10.1007/PL00010730
  7. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  8. ^ 硫酸水素塩を重硫酸塩と呼ぶのは誤称(『岩波理化学辞典』)。
  9. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、116頁。ISBN 4-8181-8401-2


「硫酸塩」の続きの解説一覧



硫酸塩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「硫酸塩」の関連用語

硫酸塩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



硫酸塩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硫酸塩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS