硫酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 液体 > 硫酸の意味・解説 

硫酸

読み方:りゅうさん

硫酸(りゅうさん)とは、化学式H2SO4化学物質である。一般には水溶液したものを硫酸と呼んでいる。化学工業の上では基礎原料一つで、金属製錬製鋼紡織製紙食料品工業肥料など、広い分野利用されている。また、化学実験用い試薬としても重要である。

粋なH2SO4無色粘稠ねんちゅう粘り気があって密度が濃い様子)の液体であり、融点は10.35。この物体熱すると290SO3三酸化硫黄)を放って分解する。

水溶液のうち、濃度の低いもの(約90未満)を希硫酸濃度の高いもの(約90%以上)を濃硫酸という。10%を超えて含有する溶液は、医薬用外劇物指定を受ける。不揮発性のため、仮に濃度の低い硫酸であったとしても、水分蒸発すると濃縮され、衣服に付いたもの放置すると 穴があきかねず、皮膚に付いたもの放置すると、火傷をする恐れがある

硫酸は、水溶液中では2段階電離し、強い酸性呈する電離の第1段階では硫化水素イオン(HSO4−、1価の陰イオン)、電離の第2段階では硫酸イオンSO4 2-)が生じる。硫酸イオンは、多く金属元素安定な塩(硫酸塩)を形成する。硫酸塩には、肥料用いられる硫酸カリウム(K2SO4)、石膏主成分である硫酸カルシウム (CaSO4)などがある。

硫酸を工業的に生産する場合亜硫酸ガス空気酸化してから吸収させて製造する。

歴史上、硫酸の発見者としては、イスラム社会2人人物の名が知られている。8世紀錬金術師 ジャービル・イブン=ハイヤーン9世紀医者錬金術師 イプン・ザカリア・アル・ラーズィーである。硫酸は古くは「緑礬油りょくばんゆ)」とも呼ばれた。日本国内の最初の硫酸製造工場は、1872年明治5年)に大阪造幣局設置されている。

りゅう‐さん〔リウ‐〕【硫酸】

無機酸の一。純粋なものは無色粘りけのある油状液体一般には水溶液をさし、濃度により希硫酸濃硫酸という。濃硫酸混合すると多量の熱を発生し、また脱水作用強く化合物中から水素酸素2対1割合で奪う。工業的には、二酸化硫黄接触法により酸化して三酸化硫黄とし、に溶かして作る化学工業の重要な基礎原料の一で、金属精錬紡織製紙食品染料肥料石油・合成樹脂などの分野広く用いられる。化学式H2SO4


りゅう‐さん リウ‥ 【硫酸】

〔名〕 (オランダ zwavelzuur の訳語無機酸一種化学式 H2SO4 無色粘り気のある重い液体硝酸次いで酸性が強い。吸収しやすいため水溶液煮つめただけでは純度九八・三パーセント上のものは得られないばかりでなく、有機物からも水の組成と同じ割合酸素水素を奪いとり、炭素遊離させる。製法には鉛室法接触法などがあり、硫黄またはその化合物酸化させ、吸収させて作る脱水剤酸化剤乾燥剤などとして用いられ、硫安火薬染料無機化学薬品製造有機化合物合成石油油脂精製など、工業上の用途きわめて広い。

遠西医方名物補遺(1834)七「硫酸を剖解すれば分れ硫黄酸素二物となる」

[語誌]→「たんさん炭酸)」の語誌


硫酸

分子式H2O4S
その他の名称:BOVDipping acidSulfuric acidOil of vitriol、Vitriol brown oilSulfuric acid hydrogen
体系名:硫酸塩、硫酸、硫酸水素


物質
硫酸
化学式
H2SO4
原子量
98.1
融点(℃)
10.4
沸点(℃)
338
密度(g/cm3
1.84


硫酸

英訳・(英)同義/類義語:sulfuric acid

H2SO4

硫酸

【仮名】りゅうさん
原文sulfuric acid

濃縮すると皮膚粘膜に対して極めて高い腐食性を示す、強い酸。肥料染料電気メッキ産業用の爆発物製造用いられる。

硫酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 09:47 UTC 版)

硫酸(りゅうさん、: sulfuric acid: Schwefelsäure)は、緑礬油(りょくばんゆ)、ビトリオール油としても知られており、硫黄酸素水素の元素からなる鉱酸である。分子式はH2SO4 で、無色、無臭の粘性のある液体で、水と混和する[2]


  1. ^ a b c 厚生労働省モデルSDS
  2. ^ a b Sulfuric acid safety data sheet”. arkema-inc.com. 2012年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。8/29/2021閲覧。 “Clear to turbid oily odorless liquid, colorless to slightly yellow.”
  3. ^ Sulfuric acid – uses”. dynamicscience.com.au. 2013年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。8/29/2021閲覧。
  4. ^ BASF Chemical Emergency Medical Guidelines – Sulfuric acid (H2SO4)”. BASF Chemical Company (2012年). 2019年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月18日閲覧。
  5. ^ Chenier, Philip J. (1987). Survey of Industrial Chemistry. New York: John Wiley & Sons. pp. 45–57. ISBN 978-0-471-01077-7. https://archive.org/details/surveyofindustri0000chen/page/45 
  6. ^ Hermann Müller "Sulfuric Acid and Sulfur Trioxide" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Wiley-VCH, Weinheim. 2000 doi:10.1002/14356007.a25_635
  7. ^ Sulfuric acid”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Sulphuric acid drain cleaner”. herchem.com. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ a b D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982)
  10. ^ M.J.Jorgentson, D.R. Hatter, J. Am. Chem. Soc., vol.85,878(1963).
  11. ^ a b シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年
  12. ^ a b c 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年
  13. ^ a b F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年, 原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980.
  14. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, A. (1997). Chemistry of the Elements, 2nd Edition, Oxford: Butterworth-Heinemann.
  15. ^ 湯川泰秀訳 『ストライトウィーザー有機化学解説(1)(第4版)』 広川書店、1995年
  16. ^ 国立天文台編『理科年表 平成25年』 p.388、丸善
  17. ^ 『造幣局百年史(資料編)』 大蔵省造幣局、1971年
  18. ^ 触媒懇談会ニュース No. 62 触媒学会シニア懇談会 January 1, 2014。2017年12月3日 閲覧 (PDF)
  19. ^ 三井造船技報 No. 200(2010-6)。2017年12月3日 閲覧 (PDF)
  20. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  21. ^ a b 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  22. ^ M. S. Schmøkel, S. Cenedese, J. Overgaard, M. R. V. Jørgensen, Y.-S. Chen, C. Gatti, D. Stalke and B. B. Iversen, Inorg. Chem., 51, 8607 (2012).
  23. ^ E. B. Robertson and H. B. Dunford, J. Am. Chem. Soc., 86, 5080 (1964).



硫酸

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:26 UTC 版)

名詞

りゅうさん

  1. 三酸化硫黄反応させて得られる粘性のある酸性液体化学式H2SO4で表される。酸化力脱水作用強く触れると火傷やけど起こす
  2. 1から劇物代名詞

翻訳




硫酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「硫酸」の関連用語

硫酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



硫酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硫酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの硫酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS