アムステルダムとは? わかりやすく解説

アムステルダム【Amsterdam】


アムステルダム

名前 Amsterdam

アムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 20:39 UTC 版)

アムステルダムオランダ語: Amsterdam, 発音 [ˌʔɑmstərˈdɑm] ( 音声ファイル))は、オランダ首都北ホラント州基礎自治体ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である[6]。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。


注釈

  1. ^ アムステルダムにも王宮(英語版)はあるが、国王は常住していない。

出典

  1. ^ Kerncijfers voor Amsterdam en de stadsdelen”. os.amsterdam.nl. Research and Statistics Service, City of Amsterdam (2006年1月1日). 2007年4月4日閲覧。
  2. ^ Area, population density, dwelling density and average dwelling occupation”. os.amsterdam.nl. Research and Statistics Service, City of Amsterdam (2006年1月1日). 2008年8月13日閲覧。
  3. ^ a b Actueel Hoogtestand Nederland” (Dutch). 2008年5月18日閲覧。
  4. ^ Population (in Dutch)”. Themes. City of Amsterdam (2008年10月). 2009年3月8日閲覧。
  5. ^ Facts and Figures”. I amsterdam. 2011年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月1日閲覧。
  6. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  7. ^ 「ニシンが築いた国オランダ 海の技術史を読む」p149-150 田口一夫 成山堂書店 平成14年1月18日初版発行
  8. ^ 「オランダ史」p62-63 モーリス・ブロール著 西村六郎訳 白水社 1994年3月30日第1刷
  9. ^ 「オランダを知るための60章」pp79-80 長坂寿久 明石書店 2007年4月30日初版第1刷
  10. ^ オランダ政府、ロンドンへ移転(『東京朝日新聞』昭和15年5月15日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p368
  11. ^ ロッテルダム陥落、オランダ軍降伏(『東京朝日新聞』昭和15年5月16日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p368
  12. ^ Kerncijfers Amsterdam 2007 (PDF)” (Dutch). 2008年5月18日閲覧。
  13. ^ Openbare ruimte en groen: Inleiding” (Dutch). 2008年5月18日閲覧。
  14. ^ 「ビジュアルシリーズ世界再発見4 イギリス・中央ヨーロッパ」p58  ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷発行
  15. ^ Amsterdam in cijfers 2010 (PDF)”. 2012年4月25日閲覧。
  16. ^ Religie Amsterdam (PDF)” (Dutch). 2008年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  17. ^ Bureau of Onderzoek en Statistiek: 'Geloven in Amsterdam' (PDF)”. 2012年4月25日閲覧。
  18. ^ a b Read @Kearney: A question of talent: how human capital will determine the next global leaders” (英語). www.kearney.com. 2020年7月14日閲覧。
  19. ^ GFCI 27 Rank - Long Finance”. www.longfinance.net. 2020年7月14日閲覧。
  20. ^ [https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p170303.pdf 帝国データバンク 2020年3月12日閲覧 
  21. ^ オーバーツーリズムとは? 観光客の増え過ぎ問題、アムステルダムは規制強化へ”. トラベルボイス (2018年1月12日). 2018年11月3日閲覧。
  22. ^ アムステルダム市、赤線地区外での売春許可を検討 観光客対策で”. AFP (2018年11月3日). 2018年11月3日閲覧。
  23. ^ 「観光はよそへ行って」 アムステルダム、押し寄せる観光客に寛容も限界?”. CNN (2019年5月24日). 2019年5月24日閲覧。
  24. ^ Research and Statistics Division. “Introduction” (Dutch). Traffic and Infrastructure. City of Amsterdam. 2008年10月4日閲覧。
  25. ^ Research and Statistics Division. “Core Numbers in Graphics: Fewer Bicycle Thefts”. Safety and Nuissance. City of Amsterdam. 2008年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月4日閲覧。
  26. ^ Cycling in Amsterdam”. amsterdamtips.com. 2010年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月11日閲覧。
  27. ^ nrc handelsblad (2011 [last update]). “nrc.nl – International – Features – Amsterdam redefines town twinning as aid”. vorige.nrc.nl. 2011年7月2日閲覧。
  28. ^ Sister Cities of Istanbul”. 2009年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月1日閲覧。
  29. ^ Erdem, Selim Efe (2009年7月1日). “İstanbul'a 49 kardeş” (Turkish). Radikal. http://www.radikal.com.tr/haber.php?haberno=94185 2009年7月22日閲覧. "49 sister cities in 2003" 
  30. ^ Sister Cities”. Beijing Municipal Government. 2009年6月23日閲覧。


「アムステルダム」の続きの解説一覧

アムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/20 03:34 UTC 版)

セックスショー」の記事における「アムステルダム」の解説

オランダ、アムステルダムの赤灯地区英語版)デ・ワレン(英語版)には、セックスショー見せる場所として、3ヶ所のホステス・バー「Bananen Bar」、「Moulin Rouge」、「Casa Rosso」があり、それらの店に設えられた舞台上では性行為など様々な「ピンポン・ショーの類が披露されている。客には女性観光客も多いとされる2014年時点の「カーサ・ロッソ」では、全部で1時間ほどのセットとなるレズビアンショーや観客参加型ショー本番セックスなどを含む7演目が、夜7時以降繰り返し演じられていた。

※この「アムステルダム」の解説は、「セックスショー」の解説の一部です。
「アムステルダム」を含む「セックスショー」の記事については、「セックスショー」の概要を参照ください。


アムステルダム(Amsterdam)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:05 UTC 版)

スマートシティ」の記事における「アムステルダム(Amsterdam)」の解説

2009年始まったアムステルダムのスマートシティ構想は、現在、地域住民行政企業共同で開発した170以上のプロジェクトを含む。 これらのプロジェクトは、無線機器による相互接続プラットフォーム上で動作し都市のリアルタイム意思決定能力を向上させるアムステルダム市は、交通量削減エネルギーの節約公共の安全の向上をプロジェクトの目的としている。 住民取り組み促進するために、市は毎年Amsterdam Smart City Challenge」を実施し、市の枠組みに合ったアプリケーション開発提案受け入れている。 住民開発したアプリ例として駐車場所有者料金払って人々貸し出すことができる「Mobypark」がある。このアプリから生成されデータは、市がアムステルダムの駐車需要交通流れ把握するために利用することができる。多くの家庭でスマートエネルギーメーターが提供されており、これらに対するインセンティブ実際にエネルギー消費削減している。 このほか自治体街灯明るさ制御できるフレキシブル街灯(スマート照明)や、市が交通量リアルタイムで監視し特定の道路現在の走行時間に関する情報流して運転者最適なルート決定できるスマート交通マネージメントなどの取り組み行われている。

※この「アムステルダム(Amsterdam)」の解説は、「スマートシティ」の解説の一部です。
「アムステルダム(Amsterdam)」を含む「スマートシティ」の記事については、「スマートシティ」の概要を参照ください。


アムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:58 UTC 版)

コードギアス 反逆のルルーシュ」の記事における「アムステルダム」の解説

オランダ州の都市パリシテ島同様にゲットー設置されており、収容され日本人達の劣等感や不満が子供にも伝染した結果強者弱者迫害するという極めて劣悪な状態に陥っている。『亡国のアキト』に登場するワイヴァン隊成瀬ユキヤは、ここのゲットー出身者である。

※この「アムステルダム」の解説は、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の解説の一部です。
「アムステルダム」を含む「コードギアス 反逆のルルーシュ」の記事については、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の概要を参照ください。


アムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 10:20 UTC 版)

ベッド・イン」の記事における「アムステルダム」の解説

1969年3月26日31日アムステルダム・ヒルトン・ホテル702号室 1回目1969年3月26日31日オランダのアムステルダム・ヒルトン・ホテル702号室にて午前9時午後9時まで毎日世界中からの報道陣招き入れインタビュー答えた。その7日後、オーストリアウィーンでは、バギズムBagism)と呼ばれる記者会見行っている。また4月には世界各国平和の象徴としてドングリ郵送した。この一連の行動は「ジョンとヨーコのバラード」の歌詞の題材となっている。

※この「アムステルダム」の解説は、「ベッド・イン」の解説の一部です。
「アムステルダム」を含む「ベッド・イン」の記事については、「ベッド・イン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アムステルダム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アムステルダム

出典:『Wiktionary』 (2021/03/02 09:57 UTC 版)

固有名詞

  1. オランダ首都
  2. アメリカ合衆国ニューヨーク州都市

翻訳


「アムステルダム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アムステルダムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アムステルダム」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アムステルダム」の関連用語

アムステルダムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アムステルダムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアムステルダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセックスショー (改訂履歴)、スマートシティ (改訂履歴)、コードギアス 反逆のルルーシュ (改訂履歴)、ベッド・イン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアムステルダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS