ウィーンとは? わかりやすく解説

ウィーン【Wilhelm Wien】


ウィーン【Wien】


ウィーン

作者ロジェ・グルニエ

収載図書フラゴナールの婚約者
出版社みすず書房
刊行年月1997.11


ウィーン―狩人たちの午後の歌

作者辻邦生

収載図書夜ひらく
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


ウィーン

名前 WheenWienWein

維納

読み方:ウィーン(u^in)

作者 与謝野晶子

初出 大正3年

ジャンル 随筆


ウィーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 06:07 UTC 版)

ウィーン[注釈 1](標準ドイツ語: Wien  発音〈ヴィーン〉、バイエルン・オーストリア語: Wean〈ヴェアン〉、: Vienne  発音〈ヴィエンヌ〉、: Vienna 発音〈ヴィエナ〉)は、オーストリア首都。9つの連邦州のひとつ[2]で、都市州である。漢字による当て字では維納と表記される。


注釈

  1. ^ 日本語表記では主に「ウィーン」が用いられるが、標準ドイツ語でのWの発音は [v] であり、「ヴィーン」の表記が近い。バイエルン・オーストリア語ではWean(ヴェアン、ドイツ語#方言を参照)と発音される。

出典

  1. ^ Postlexikon”. Post AG (2018年). 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月2日閲覧。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典[どれ?][要ページ番号]
  3. ^ 和田奈津子・萩岩睦美『マリア・フォン・トラップ』集英社〈学習まんが 世界の伝記NEXT〉、2012年、14頁。
  4. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所 2018年7月19日閲覧。
  5. ^ Klimadaten von Österreich 1971 - 2000 - Wien-Hohe Warte” (German). Central Institute for Meteorology and Geodynamics. 2012年9月6日閲覧。
  6. ^ プライスウォーターハウスクーパースによる都市のGDP
  7. ^ オーストリア航空が日本撤退、ウィーンどう行く?
  8. ^ オーストリア航空、成田~ウィーン線を再開。2018年5月15日から週5便で トラベルWatch 2017年7月6日、2019年3月4日閲覧。
  9. ^ ANAが羽田~ウィーン線を来年2月に就航。ヨーロッパ直行便の路線と提携関係はこうなる 鳥海高太朗(Yahoo!ニュース) 2018年10月16日、2019年3月4日閲覧。


「ウィーン」の続きの解説一覧

ウィーン (声はない)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 02:19 UTC 版)

がんばれタッグス」の記事における「ウィーン (声はない)」の解説

「みなとがこおった日」に登場外国有名な客船で、冬のとても寒い日に港にやってきた。港が凍っていたため、沖合荷物積み下ろしをした後はすぐに引き返していった。また、『きかんしゃトーマス』ブレンダム港に『S.S.ロックスター』としてカメオ出演している。

※この「ウィーン (声はない)」の解説は、「がんばれタッグス」の解説の一部です。
「ウィーン (声はない)」を含む「がんばれタッグス」の記事については、「がんばれタッグス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウィーン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ウィーン

出典:『Wiktionary』 (2020/04/04 07:03 UTC 版)

固有名詞

ウィーン

  1. オーストリアオーストリア共和国)の首都

「ウィーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ウィーンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ウィーン」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウィーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウィーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのがんばれタッグス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウィーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS