ハプスブルク家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ハプスブルク家の意味・解説 

ハプスブルク‐け【ハプスブルク家】


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/17 04:17 UTC 版)

ハプスブルク家ドイツ語: Haus Habsburgスペイン語: Casa de Habsburgo)は、オーストリア家( : Haus Österreich西: Casa de Austria)とも呼ばれる、ヨーロッパの歴史上最も著名で重要な王朝の一つである[1][2]


  1. ^ エティショは683年ごろ死亡したが、別名をエティヒョ、あるいはアダルリック(アダルリクス)またはアティックという。エティションは踊共二『図説 スイスの歴史』p17.では「エティコン家エティコーネン家)」または「エティヒョン家エティヒョーネン家)」と述べている。
  1. ^ The House of Austria – the Habsburgs and the Empire”. 2023年1月17日閲覧。
  2. ^ house of Habsburg | Rulers, Motto, History, Map, & Inbreeding” (英語). Encyclopedia Britannica. 2021年9月13日閲覧。
  3. ^ 英語での発音は、「Habsburg」:英語発音: [hæpsbɚːg](ハプスバーグ)。
  4. ^ 例としてスペイン生まれのルイ13世王妃はフランスでアンヌ・ドートリッシュ(オーストリアのアンヌ)と称された。
  5. ^ 962年 - 1806年
  6. ^ ハインリヒ2世(1014年 – 1024年)
  7. ^ "Habsburger-Gedenkjahr im Aargau", Neue Zürcher Zeitung, (page 17) 23 May 2008.
  8. ^ art-tv.ch
  9. ^ Kanton Aargau” (ドイツ語). 2008年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月16日閲覧。
  10. ^ Heinz-Dieter Heimann: Die Habsburger. Dynastie und Kaiserreiche. ISBN 3-406-44754-6. pp. 38–45.
  11. ^ a b ヨーロッパの王朝の断絶における近親婚(英語)
  12. ^ エティション家(エティショーネン家)のノルトガウ伯フーゴ3世の子と推測されている。グントラムの出自については瀬原、『スイス独立史研究』に詳しい考察がある。


「ハプスブルク家」の続きの解説一覧

ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:54 UTC 版)

モラヴィア君主一覧」の記事における「ハプスブルク家」の解説

モラヴィア辺境伯 (1526年1611年): ハプスブルク家№名前肖像画生年没年統治期間備考1 フェルディナンド 1503年3月10日 1564年7月25日 1526年1564年 神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の孫、ルドヴィーク戦死後その姉アンナを妻としていたことからボヘミア及びハンガリー王位の権利相続1526年1564年ボヘミア王1526年1564年ハンガリー王1521年1564年オーストリア大公1556年1564年神聖ローマ皇帝フェルディナント1世)。 2 マクミリアン 1527年7月31日 1576年10月12日 1564年1576年 フェルディナンド息子1562年1576年ボヘミア王1564年1576年ローマ王1563年1576年ハンガリー王1564年1576年オーストリア大公1564年1576年神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世)。 3 ルドルフ2世 1552年7月18日 1612年1月20日 1576年1608年 マクミリアンの息子1575年1611年ボヘミア王1575年1612年ローマ王1572年1608年ハンガリー王1576年1612年オーストリア大公ルドルフ5世)、1576年1608年神聖ローマ皇帝ルドルフ2世)。 4 マティアス2世 1557年2月24日 1619年3月20日 1608年1619年 マキミリアンの息子1611年1617年ボヘミア王1612年1619年ローマ王1608年1618年ハンガリー王1608年1619年オーストリア大公1612年1619年神聖ローマ皇帝マティアス)。 1611年マティアスモラヴィア辺境伯称号ボヘミア王の名に組み入れた

※この「ハプスブルク家」の解説は、「モラヴィア君主一覧」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「モラヴィア君主一覧」の記事については、「モラヴィア君主一覧」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 06:46 UTC 版)

ケルンテン公国」の記事における「ハプスブルク家」の解説

ルドルフオタカル撃退してローマ王即位すると、ケルンテンゲルツ伯(ゴリツィアチロル伯)マインハルト2世与えた1335年にこの家系最後の男子であるハインリヒ6世死去すると、皇帝ルートヴィヒ4世1335年5月2日リンツにて、ケルンテン公領とチロル南部をハプスブルク家に帝国封土として与えたこの時から1918年まで、ハプスブルク家がケルンテン公国支配者となった。ハプスブルク家のその他の構成国・地域と同様ケルンテン長きにわたって自前根本的な構造を持つ半ば自治国家であった。ハプスブルク家は、1379年ノイベルク条約の際と、1564年2度一族のうちで領土分割した。そのどちらの時も、ケルンテン公国はインナーエスターライヒ(内オーストリア)の一部となり、シュタイアーマルク公国クライン公国合同で治められていた。 女帝マリア・テレジア皇帝ヨーゼフ2世は、より単一化されたハプスブルク国家創設しようと試みた。そして1804年ケルンテン公国オーストリア帝国統合された1867年ケルンテンオーストリア=ハンガリー帝国西部チスライタニア(Cisleithen、現在のオーストリア部分)の皇帝直轄領となった。 数世紀にわたってケルンテン南部ではスロベニア語代わってドイツ語浸透した。しかし16世紀ケルンテン諸侯が、ケルンテンウィンド大公国、すなわちスロベニア人大公国呼んでいたという事実から、ケルンテン人が自身の古い、ゲルマン人以前ルーツ気づいていたことがわかる。

※この「ハプスブルク家」の解説は、「ケルンテン公国」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「ケルンテン公国」の記事については、「ケルンテン公国」の概要を参照ください。


ハプスブルク家(1581年 - 1640年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 18:07 UTC 版)

ポルトガル君主一覧」の記事における「ハプスブルク家(1581年 - 1640年)」の解説

1581年から1640年までの間、スペイン・ハプスブルク家フィリペ王朝)がポルトガル統治したアルカンタラ戦いでドン・アントニオ破ったフェリペ2世は、1580年12月リスボン入城しトマール開催されコルテスポルトガル王称したイベリア連合英語版)として知られる同君連合の下、ポルトガル自治権付与された。時代が進むにつれてスペインへの中央集権化進められポルトガルには財政軍事負担重くのしかかるポルトガル内では独立機運高まり1640年6月カタルーニャ反乱再独立運動後押しした君主生没年月日即位退位補足家系画像フィリペ1世慎重王 ポルトガル語: Filipe I 1527年5月21日 - 1598年9月13日 1581年3月25日 1598年9月13日 マヌエル1世の孫 ハプスブルク家 フィリペ2世ポルトガル語: Filipe II 1578年4月14日 - 1621年3月31日 1598年9月13日 1621年3月31日 フィリペ1世の子 ハプスブルク家 フィリペ3世ポルトガル語: Filipe III 1605年4月8日 - 1665年9月17日 1621年3月31日 1640年12月1日 フィリペ2世の子 ハプスブルク家

※この「ハプスブルク家(1581年 - 1640年)」の解説は、「ポルトガル君主一覧」の解説の一部です。
「ハプスブルク家(1581年 - 1640年)」を含む「ポルトガル君主一覧」の記事については、「ポルトガル君主一覧」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 06:00 UTC 版)

外交革命」の記事における「ハプスブルク家」の解説

1740年から1748年にかけてオーストリア継承戦争で、オーストリア=ハプスブルク家は、新興のプロイセン敗北してシュレージエン地方喪失した。この敗北による衝撃は、それまでイタリア戦争三十年戦争スペイン継承戦争などを通じて抗争続けてきたフランスより、主要な敵プロイセンであるという認識を当時オーストリア宰相カウニッツなどに抱かせることになったまた、それまで主要な同盟相手であったイギリスにも、この戦争における態度から不信感抱いたこれらのことが、オーストリア=ハプスブルク家フランス=ブルボン家接近を図る要因となった。このことが後にドイツ諸侯失望招きハプスブルク離れ遠因なるのである。

※この「ハプスブルク家」の解説は、「外交革命」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「外交革命」の記事については、「外交革命」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 05:10 UTC 版)

ブルゴーニュ伯」の記事における「ハプスブルク家」の解説

マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)1477年 - 1482年マリーの夫 フェリペ1世 (カスティーリャ王)1482年 - 1506年カール5世 (神聖ローマ皇帝)1506年 - 1558年フェリペ2世 (スペイン王)1558年 - 1598年フェリペ3世 (スペイン王)1598年 - 1621年フェリペ4世 (スペイン王)1621年 - 1665年カルロス2世 (スペイン王)1665年 - 1678年ナイメーヘンの和約により、1678年フランス王国併合された。 .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。

※この「ハプスブルク家」の解説は、「ブルゴーニュ伯」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「ブルゴーニュ伯」の記事については、「ブルゴーニュ伯」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 05:35 UTC 版)

カスティーリャ君主一覧」の記事における「ハプスブルク家」の解説

君主肖像画綽名統治の開始統治の終了備考フェリペ1世 美王 1506年7月12日 1506年9月25日 en:jure uxoris 王として妻のフアナ半分統治カルロス1世 1516年5月13日 1556年1月16日 母のフアナ幽閉され1555年から共同統治1556年最愛の息子譲位1558年9月21日死去以後君主スペイン君主一覧参考のこと。最初にスペイン国王称号用いたのはカルロス1世自身はカスティーリャアラゴン下その他スペイン領邦の王であった)の息子であるフェリペ2世である。それにも係わらずカスティーリャ王国スペイン連合王国内部で独自の権利有し、それはスペイン継承戦争後のボルボーン朝まで続いた

※この「ハプスブルク家」の解説は、「カスティーリャ君主一覧」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「カスティーリャ君主一覧」の記事については、「カスティーリャ君主一覧」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 23:06 UTC 版)

同君連合」の記事における「ハプスブルク家」の解説

ハプスブルク家は『戦は他人にさせておけ、幸いなるオーストリアよ、汝は結婚せよ』という言葉残されているほど、婚姻によって獲得した君主位、所領が非常に多かった基本的には(オーストリア大公国君主としての)「オーストリア大公となった者が神聖ローマ皇帝ハンガリー王ボヘミア王ブルゴーニュ公などを兼ねたが、時代によってはこれらの地位次期大公継承者などに与えていたこともある。 ハプスブルク家がこのように多くの王位爵位併せ持ったのは、ヨーロッパにおいて王国諸侯領の統治権がその王位爵位属しているという観念よるものである。合理的に(そして合法的に当該国地域統治権を得るために当該国地域王位爵位手に入れることが重要であった中国における王侯はこれに近く家柄血筋ではなく領土に付属す称号名乗ることが多かった。ただし複数称号帯びることは稀であった。また江戸時代以前における日本では領土家名独立しており、家名継承することが一般的であった以下にカール5世オーストリア=ハンガリー皇帝例を挙げるカール5世だけは神聖ローマ皇帝オーストリア大公)の他にスペイン王兼ねており、その他膨大な数称号を持っているが、有名無実なものも多い。その後、ハプスブルク家はオーストリア系スペイン系に分かれてそれぞれオーストリア大公位とスペイン王位を継承していく。オーストリア・ハプスブルク家東に勢力拡大しハンガリー王位、ボヘミア王位などを併せていく。なお、これらの王国18世紀末まで選挙王制であったため、婚姻関係被選挙権もたらすものでしかなく、加えて在地貴族層にいかに認められるかが重要であった神聖ローマ帝国解体以降はオーストリア君主号皇帝昇格させたため、オーストリア皇帝ボヘミア王ハンガリー王その他を兼任して継承したカール5世の例 神聖ローマ皇帝ローマ王イタリア王、全スペインの王およびカスティーリャ王アラゴン王レオン王ナバラ王グレナダ王トレド王、バレンシア王ガリシア王、マヨルカ王セビーリャ王、コルドバ王、ムルシア王、ハエン王、アルガルヴェ王、アルヘシラス王、ジブラルタル王、カナリア諸島の王、両シチリアおよびサルデーニャ王コルシカ王、エルサレム王東インド西インドの王、大洋島々君主オーストリア大公ブルゴーニュ公ブラバント公ロレーヌ公シュタイアーマルク公ケルンテン公カルニオラ公、リンブルク公ルクセンブルク公ヘルダーラント公、アテネ公、ネオパトラス公、ヴュルテンベルク公アルザス辺境伯シュヴァーベン公アストゥリアス公カタルーニャ公(prince)、フランドル伯ハプスブルク伯、チロル伯、ゴリツィア伯、バルセロナ伯アルトワ伯、ブルゴーニュ自由伯エノー伯ホラント伯ゼーラント伯、フェレット伯、キーブルク伯、ナミュール伯ルシヨン伯、サルダーニャ伯、ズトフェン伯、神聖ローマ帝国辺境伯、ブルガウ辺境伯オリスターノ辺境伯、ゴチアーノ辺境伯、フリジア・ヴェンド・ポルデノーネ・バスク・モリン・サラン・トリポリ・メヘレンの領主1519年 - 1556年オーストリア=ハンガリー帝国皇帝即位した帝位王位イメージ オーストリア皇帝ボヘミア国王 他… ハンガリー国王クロアチア国王 トランシルヴァニア大公

※この「ハプスブルク家」の解説は、「同君連合」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「同君連合」の記事については、「同君連合」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 08:41 UTC 版)

シュタイアーマルク公国」の記事における「ハプスブルク家」の解説

ルドルフ1世1278年 - 1282年アルブレヒト1世1282年 - 1308年ルドルフ2世1282年 - 1283年ルドルフ3世1298年 - 1307年フリードリヒ3世1308年 - 1330年レオポルト1世1308年 - 1326年アルブレヒト2世1330年 - 1358年オットー陽気公(1330年 - 1339年ルドルフ4世1358年 - 1365年アルブレヒト3世1365年 - 1379年レオポルト3世1365年 - 1386年レオポルトヴィルヘルム1386年 - 1406年エルンスト鉄公1406年 - 1424年フリードリヒ5世1424年 - 1493年) ※神聖ローマ皇帝としてはフリードリヒ3世アルブレヒト6世1424年 - 1463年マクシミリアン1世1493年 - 1519年カール1世1519年 - 1521年) ※神聖ローマ皇帝としてはカール5世 フェルディナント1世1521年 - 1564年カール2世1564年 - 1590年フェルディナント1世1590年 - 1637年以降はオーストリア君主一覧オーストリア大公一致する

※この「ハプスブルク家」の解説は、「シュタイアーマルク公国」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「シュタイアーマルク公国」の記事については、「シュタイアーマルク公国」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 15:29 UTC 版)

ドル (フランス)」の記事における「ハプスブルク家」の解説

1493年サンリス条約によって、フランスブルゴーニュ伯爵領神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世突進公のマリー女公の夫)へ返還したドルの町はゴシック様式再建された。ノートルダム教会この時代ものであるマリー嫡男フィリップ美公が死ぬと、フィリップの妹マルグリット公国治めた彼女はフランスと交渉行って貴婦人によるカンブレーの和約」で中立保ったマルグリット死後公領継いだのは甥で神聖ローマ皇帝スペイン王カール5世で、彼はドルフランス王立ち向かう能力を持つ軍事拠点として強化することにしたジェノヴァ人のプレシピアーノが、後のヴォーバンの様式が垣間見える円形要塞建設行ったフェリペ2世が父の事業完了させ、町を取り囲む堀にドゥー川引き入れたフェリペ2世死後南ネーデルラント総督およびフランドル伯フランシュ=コンテ監督者となったのは王女イサベル・クララ・エウヘニアであった。彼女の治世繁栄の時代で、多くの学生ひきつける大きな名声得ていた。卸売市場香辛料満ち溢れシトー会神学校イエズス会神学校といった教育機関増加した市立病院建設はジャン・ボワヴァンの設計案行われた1633年総督イサベル死去した後も、ドール繁栄続き商業発展し農業盛んで市場品揃え豊富であったが、危険は門の外にあった。

※この「ハプスブルク家」の解説は、「ドル (フランス)」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「ドル (フランス)」の記事については、「ドル (フランス)」の概要を参照ください。


ハプスブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 01:38 UTC 版)

選挙君主制」の記事における「ハプスブルク家」の解説

神聖ローマ帝国ハンガリー王国ボヘミア王国などは公式には選挙君主制維持していたが、後にハプスブルク家が君主位を独占するようになり実質的な世襲君主制として機能していた。神聖ローマ帝国は、選挙選ばれたローマ王ローマ赴いて教皇から戴冠されて帝位兼ね体制であったこのため皇帝帝位維持したままローマ王選挙嫡子選出させる方法利用された。ただし三十年戦争時のフリードリヒ冬王オーストリア継承戦争時のカール7世などハプスブルク家以外から選出された例もある。

※この「ハプスブルク家」の解説は、「選挙君主制」の解説の一部です。
「ハプスブルク家」を含む「選挙君主制」の記事については、「選挙君主制」の概要を参照ください。


ハプスブルク家(ハプスブルクけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:41 UTC 版)

境界線上のホライゾン」の記事における「ハプスブルク家(ハプスブルクけ)」の解説

M.H.R.R.の王族多産歴史再現のため、家系的な肉体改造行っている変身能力交配自由化無痛覚を目的とし、これは男性にも現れる

※この「ハプスブルク家(ハプスブルクけ)」の解説は、「境界線上のホライゾン」の解説の一部です。
「ハプスブルク家(ハプスブルクけ)」を含む「境界線上のホライゾン」の記事については、「境界線上のホライゾン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハプスブルク家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハプスブルク家」の関連用語

ハプスブルク家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハプスブルク家のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハプスブルク家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモラヴィア君主一覧 (改訂履歴)、ケルンテン公国 (改訂履歴)、ポルトガル君主一覧 (改訂履歴)、外交革命 (改訂履歴)、ブルゴーニュ伯 (改訂履歴)、カスティーリャ君主一覧 (改訂履歴)、同君連合 (改訂履歴)、シュタイアーマルク公国 (改訂履歴)、ドル (フランス) (改訂履歴)、選挙君主制 (改訂履歴)、境界線上のホライゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS