2世とは? わかりやすく解説

に‐せい【二世】

読み方:にせい

同じ名をもって国王・皇帝教皇などの地位継いだ2代目。「エカテリーナ―」

芸能・芸術などで、その名跡継いだ2代目であること。また広く、親の職業などを受け継いだ人。「―市川猿之助」「―議員

親の跡を継ぐ男子息子。「―が誕生する

移民の子で、外国で生まれ、その国の市民権をもつ人。「日系―」


二世

(2世 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:59 UTC 版)

二世(にせい)とは、




「二世」の続きの解説一覧

2世(含準2世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 02:53 UTC 版)

日系ブラジル人」の記事における「2世(含準2世)」の解説

準2世とは幼少時家族に連れられてブラジルに渡りブラジルの文化影響をより強く受けている者を意味する正式な定義はないが、大体、10歳以下で渡伯し、国籍ブラジル帰化している者を指す場合が多い。最終的には1世か準2世かは、当人意識の問題と見られるバニア・イシイ - 柔道家チアキ・イシイ娘。 シゲアキ・ウエキ - 70年代鉱山動力大臣ブラジル国営の石油会社ペトロブラス最高責任者務めた大物当時軍事政権下での最高権力者一人。現在はコンサルタント会社経営アントニオ上野義雄 - 連邦下院議員連続30年偉業成し遂げた大岩オスカール - 画家。アーティストグループ「昭和40年会」のメンバー榎宮祐 - 漫画家イラストレーター小説家本名チアゴ・フルカワ・ルーカス。現在は日本の埼玉県在住Carlos K. - 作曲家セルジオ越後 - 元サッカー選手サッカー解説者。 ルイ・オオタケ(英語版ポルトガル語版)- 建築家東京駐日ブラジル大使館公邸大竹富江文化センターなど建築大竹富江長男2021年没。 リカルド・オータケ - デザイナー&キュレーター。元サンパウロ州文化長官大竹富江次男テツオ・オカモト - 日本名岡本哲夫読み同じ)。ブラジル水泳選手1952年ヘルシンキ夏季五輪三位入賞銅メダル獲得する。 ルイス・グシケン(英語版ポルトガル語版) - ブラジル左翼活動家政治家。元連邦下院議員元大統領広報行政調整長官2013年没。 アルフレッド・コジマ(フランス語版) - プログラマーWindow Maker作者ジョージ小林 - サッカー選手ジュンイチ・サイトウ - 日本名斎藤準一(読み同じ)。2008年3月ブラジル空軍大将から、空軍最高総司令官に就任した。 フラビオ・シロー(英語版ポルトガル語版) - 抽象画家札幌出身4歳で渡伯。ブラジル抽象絵画界の一人者パリサンパウロビエンナーレなどで受賞多数田中マルシオ敬三 - 社会人野球選手2013 ワールド・ベースボール・クラシック・ブラジル代表。 カシオ・タニグチ - 元クリチバ市長。現連邦下院議員ブラジルの州都で市長になった初の日系人。「全国市長好感度ナンバー・ワン」に選ばれたリョート・マチダ - 日本名町田龍太空手家総合格闘家。元UFC世界ライトヘビー級王者。 チヅカ・ヤマザキ(英語版ポルトガル語版) - 映画監督与那城ジョージ - サッカー監督選手時代帰化し日本代表として試合出場歴あり。 西ルイスひろし - 元パラナ州議員、現ブラジル下院議員吉村大志郎 - サッカー選手指導者選手時代帰化し日本代表として国際Aマッチ45試合出場ブラジル名はネルソン吉村

※この「2世(含準2世)」の解説は、「日系ブラジル人」の解説の一部です。
「2世(含準2世)」を含む「日系ブラジル人」の記事については、「日系ブラジル人」の概要を参照ください。


2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 02:49 UTC 版)

ジャンボこいのぼり」の記事における「2世」の解説

1996年2月完成その年5月から遊泳全長111m、重さ730 kg、綿製、と1世よりさらに大きくなった。 2002年5月遊泳中に破損し修復不可となったため引退している。

※この「2世」の解説は、「ジャンボこいのぼり」の解説の一部です。
「2世」を含む「ジャンボこいのぼり」の記事については、「ジャンボこいのぼり」の概要を参照ください。


2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 03:22 UTC 版)

若柳壽童」の記事における「2世」の解説

2世寿童(1921年8月11日 - 1989年7月17日)は、若柳流3世宗家家元本名竹内正次。2世家元初代若柳吉蔵師事し若柳正蔵名乗る1944年2代目吉蔵襲名すると共に3世若柳流家元となる。この時流派運営を巡る対立から、家元制若柳流理事制の正派若柳流分裂することになるが、吉蔵京都拠点移し若柳流勢力拡大努めた1975年に壽邦(じゅほう)と改名1988年長らく途絶えていた2代目寿童を襲名した墓所初世と同じ谷中霊園戒名は「至芸院殿燦晃寿童日正居士」。

※この「2世」の解説は、「若柳壽童」の解説の一部です。
「2世」を含む「若柳壽童」の記事については、「若柳壽童」の概要を参照ください。


2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 22:24 UTC 版)

茂山忠三郎」の記事における「2世」の解説

1848年11月19日 - 1928年8月21日京都小川立売出身本名は良豊。初世三男最初の名を吉次郎。 はじめ御所御用従事していたが維新後西南戦争従軍経て商売などで東京住んだこともあったが大阪定住

※この「2世」の解説は、「茂山忠三郎」の解説の一部です。
「2世」を含む「茂山忠三郎」の記事については、「茂山忠三郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2世」の関連用語

2世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日系ブラジル人 (改訂履歴)、ジャンボこいのぼり (改訂履歴)、若柳壽童 (改訂履歴)、茂山忠三郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS