イングランド王とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > イングランド王の意味・解説 

イングランド君主一覧

(イングランド王 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 14:52 UTC 版)

最初にRex Anglorum(イングランド王)の称号を用いたのはマーシア王オファであるが、その権力は彼の後には生き延びることはなかった。9世紀にケント及びマーシアからサセックスを征服したウェセックスの王は次第にイングランド王国の他の王国に支配を及ぼすようになった。絶えることなく続くイングランド君主一覧は伝統的に829年のウェセックス王エグバートに始まる。アルフレッド大王 とその男子のエドワード長兄王は〝アングロ=サクソン国王〟の称号を用いた。アゼルスタンは927年にノーサンブリアを占領してからRex Anglorumの称号を採用した。ヘンリー2世の治世の開始時(1154年)に称号がRex Angliae(イングランド国王)になった。


  1. ^ Keynes, Simon (1999), “Offa”, in Lapidge, Michael, The Blackwell Encyclopedia of Anglo-Saxon England, Oxford: Blackwell, pp. 301–341, ISBN 0-631-22492-0  "The notion that Offa claimed to be 'king of the English', or 'king of the whole country of England', has been shown to depend, however, on charters forged in the tenth century. In his own day he was 'king of the Mercians', and proud enough to be so." (p. 341)
  2. ^ Wormald, Patrick (1982), “The Age of Offa and Alcuin”, in Campbell, James, The Anglo-Saxons, London: Phaidon, pp. 101–128, ISBN 0-14-014395-5  "Charlemagne, moreover, saw England as if it were ruled by two kings only; Æthelred ruling Northumbria, and Offa everything to the south." (p. 101)
  3. ^ a b The Earliest English Kings, D.P. Kirby[リンク切れ]
  4. ^ a b c d Burke's Peerage & Gentry. Retrieved 7 September 2007.
  5. ^ Yorke, Barbara. Bishop Æthelwold. His Career and Influence. Woodbridge, 1988. p. 71
  6. ^ Textus Roffensis
  7. ^ a b c d thePeerage.com – Æthelbald, King of Wessex and others”. 2007年10月24日閲覧。
  8. ^ King Egbert”. 2007年10月24日閲覧。
  9. ^ Weir, Alison (1999), Britain's Royal Family: A Complete Genealogy, London, U.K.: The Bodley Head, p. 6 
  10. ^ a b Alfred (the Great) @ Archontology.org. Retrieved 15 March 2007.
  11. ^ Catholic Encyclopedia: Alfred the Great. Retrieved 14 March 2007.
  12. ^ Alfred the Great. Retrieved 14 March 2007.
  13. ^ a b EADWEARD (Edward the Elder) @ Archontology.org. Retrieved 15 March 2007.
  14. ^ There are various references listing Edward the Elder's birth as sometime in the 870s, being the second child of a marriage of 868. There are no sources listing his birth as after 877. Anglo-Saxons.net : Edward the Elder. Retrieved 15 March 2007.
  15. ^ English Monarchs – Kings and Queens of England – Edward the Elder. Retrieved 21 January 2007.
  16. ^ a b c Aethelstan @ Archontology.org[リンク切れ]. Retrieved 15 March 2007.
  17. ^ a b c EADMUND (Edmund) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  18. ^ English Monarchs – Kings and Queens of England – Edmund the Elder. Retrieved 17 March 2007.
  19. ^ EADRED (Edred) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  20. ^ BritRoyals – King Edred. Retrieved 17 March 2007.
  21. ^ a b c EADWIG (Edwy) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  22. ^ Catholic Encyclopedia: Edwy. Retrieved 17 March 2007.
  23. ^ EADGAR (Edgar the Peacemaker) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  24. ^ The Ætheling. Retrieved 17 March 2007.
  25. ^ a b EADWEARD (Edward the Martyr) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  26. ^ a b c d Æthelred the Unready was forced to go into exile in the summer of 1013, following Danish attacks, but was invited back following Sweyn Forkbeard's death. AETHELRED (the Unready) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  27. ^ a b Schoolnet Spartacus: Ethelred. Retrieved 17 March 2007.
  28. ^ a b English Monarchs – Kings and Queens of England – Ethelred II, the Redeless. Retrieved 17 March 2007.
  29. ^ English Monarchs”. 2007年10月27日閲覧。
  30. ^ Sweyn (Forkbeard) - Archontology.org”. 2007年10月27日閲覧。
  31. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10242”. 2007年10月27日閲覧。
  32. ^ thePeerage.com – Person Page 102175. Retrieved 25 March 2010.
  33. ^ a b c d EADMUND (Edmund the Ironside) @ Archontology.org. Retrieved 17 March 2007.
  34. ^ a b English Monarchs – Kings and Queens of England – Edmund Ironside. Retrieved 17 March 2007.
  35. ^ Edmund II (king of England) @ Britannica.com. Retrieved 25 March 2010.
  36. ^ a b c d CNUT (Canute) @ Archontology.org. Retrieved 21 March 2007.
  37. ^ a b thePeerage.com – Person Page 10219. Retrieved 25 March 2010.
  38. ^ a b c Harold was only recognised as king north of the River Thames until 1037, after which he was recognised as king of all England. Harold (Harefoot) - Archontology.org”. 2007年10月27日閲覧。
  39. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10220”. 2007年10月27日閲覧。
  40. ^ Harthacnut - Archontology.org”. 2007年10月28日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g h thePeerage.com – Person Page 10218”. 2007年10月26日閲覧。
  42. ^ a b After reigning for approximately 9 weeks, Edgar the Atheling submitted to William the Conqueror, who had gained control of the area to the south and immediate west of London (Eadgar (the Ætheling) - Archontology.org”. 2007年10月26日閲覧。).
  43. ^ a b thePeerage.com – Person Page 9”. 2007年10月26日閲覧。
  44. ^ a b c d e f g thePeerage.com – Person Page 10203”. 2007年10月25日閲覧。
  45. ^ a b c d e f g thePeerage.com – Person Page 10204”. 2007年10月25日閲覧。
  46. ^ STEPHEN (of Blois) - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  47. ^ a b Matilda ruled at the same time as Stephen, but her reign was disputed. thePeerage.com – Person Page 10204”. 2007年10月27日閲覧。
  48. ^ MATILDA (the Empress) - Archontology.org”. 2007年10月27日閲覧。
  49. ^ a b c d e f g h thePeerage.com – Person Page 10202”. 2007年10月25日閲覧。
  50. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10201”. 2007年10月25日閲覧。
  51. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10193”. 2007年10月25日閲覧。
  52. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10191”. 2007年10月25日閲覧。
  53. ^ a b c d Edward II was officially deposed by Parliament on 25 January 1327, having been imprisoned on 16 November 1326. thePeerage.com – Person Page 10094”. 2007年10月25日閲覧。
  54. ^ The date of Edward II's death is disputed by Ian Mortimer in his book "The Perfect King: The Life of Edward III, Father of the English Nation," in which argues that he may not have been murdered, but held imprisoned in Europe for several more years: ISBN 009952709X
  55. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10188”. 2007年10月25日閲覧。
  56. ^ a b c d Richard II was deposed, and became a prisoner of Henry Bolingbroke, who usurped the throne from the prior claims of the issue of his father John of Gaunt. thePeerage.com – Person Page 10206”. 2007年10月25日閲覧。
  57. ^ a b c d e f g thePeerage.com – Person Page 10187”. 2007年10月25日閲覧。
  58. ^ HENRY IV - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  59. ^ Biography of HENRY V - Archontology.org. Retrieved 28-11-2009
  60. ^ a b c d e f g h Edward IV usurped the throne in 1461 after years of civil war. Henry VI was restored for about five months in 1470 before being deposed again permanently. thePeerage.com – Person Page 10186”. 2007年10月25日閲覧。
  61. ^ a b c d e f g h Edward was briefly deposed during his reign by Henry VI. thePeerage.com – Person Page 10164”. 2007年10月25日閲覧。
  62. ^ a b Edward V was deposed by Richard III, who usurped the throne on the grounds that Edward was illegitimate. EDWARD V - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  63. ^ thePeerage.com – Person Page 10165”. 2007年10月25日閲覧。
  64. ^ RICHARD III - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  65. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10163”. 2007年10月25日閲覧。
  66. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10142”. 2007年10月25日閲覧。
  67. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10148”. 2007年10月25日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j thePeerage.com – Person Page 10150”. 2007年10月25日閲覧。
  69. ^ a b c Jane was deposed in favour of Mary I. thePeerage.com – Person Page 10152”. 2007年10月25日閲覧。
  70. ^ Lady Jane Grey: Marriage”. 2007年10月25日閲覧。
  71. ^ Philip was not meant to be a mere consort; rather, the status of Mary I's husband was envisioned as that of a co-monarch during her reign. See Philip II of Spain's reign in England. However the extent of his authority and his status are ambiguous. An Act of Parliament, 1 Mar. stat. 2 c. 2, says that Philip shall have the title of king and "shall aid her Highness ... in the happy administration of her Grace’s realms and dominions," but elsewhere says that Mary shall be the sole Queen.
  72. ^ 1 Mar. stat. 2 c. 2
  73. ^ a b Louis Adrian Montrose, The subject of Elizabeth: authority, gender, and representation, University of Chicago Press, 2006
  74. ^ A. F. Pollard, The History of England – From the Accession of Edward VI. to the Death of Elizabeth (1547–1603), READ BOOKS, 2007
  75. ^ Wim de Groot, The Seventh Window: The King's Window Donated by Philip II and Mary Tudor to Sint Janskerk in Gouda (1557), Uitgeverij Verloren, 2005
  76. ^ Richard Marks, Ann Payne, British Museum, British Library; British heraldry from its origins to c. 1800; British Museum Publications Ltd., 1978
  77. ^ American Numismatic Association, The Numismatist, American Numismatic Association, 1971
  78. ^ en:Treason Act 1554
  79. ^ Robert Dudley Edwards, Ireland in the age of the Tudors: the destruction of Hiberno-Norman civilisation, Taylor & Francis, 1977
  80. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10137”. 2007年10月25日閲覧。
  81. ^ http://philorthodox.blogspot.com/2009/01/saint-charles-of-england-king-and.html
  82. ^ a b c d thePeerage.com – Person Page 10138”. 2007年10月25日閲覧。
  83. ^ a b c d Oliver Cromwell 1599–1658”. 2007年10月25日閲覧。
  84. ^ Oliver Cromwell – Faq 1”. 2007年10月25日閲覧。
  85. ^ New Page 1”. 2007年10月25日閲覧。
  86. ^ a b c Richard Cromwell, Lord Protector, 1626–1712”. 2007年10月25日閲覧。
  87. ^ CROMWELL, Richard - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  88. ^ Britannia: Monarchs of Britain
  89. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10139”. 2008年11月30日閲覧。
  90. ^ a b c d e f g thePeerage.com – Person Page 10136”. 2007年10月25日閲覧。
  91. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10141”. 2007年10月25日閲覧。
  92. ^ WILLIAM III - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  93. ^ Anne (England) - Archontology.org”. 2007年10月25日閲覧。
  94. ^ a b c thePeerage.com – Person Page 10134”. 2007年10月25日閲覧。
  95. ^ Welcome parliament.uk. Retrieved 7 October 2008.
  96. ^ After the personal union of the three crowns, James was the first to style himself King of Great Britain, but the title was rejected by the English Parliament and had no basis in law. The Parliament of Scotland also opposed it. Croft, p67; Wilson, pp249–252. See also the early history of the Union Flag.



イングランド王 (声優:佐々木誠二)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 10:05 UTC 版)

BLADESTORM 百年戦争」の記事における「イングランド王 (声優佐々木誠二)」の解説

黒太子の父である関係からエドワード3世であると思われる強力なカリスマ性によって国を統率した王である。

※この「イングランド王 (声優:佐々木誠二)」の解説は、「BLADESTORM 百年戦争」の解説の一部です。
「イングランド王 (声優:佐々木誠二)」を含む「BLADESTORM 百年戦争」の記事については、「BLADESTORM 百年戦争」の概要を参照ください。


イングランド王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 02:25 UTC 版)

ヘンリー」の記事における「イングランド王」の解説

ヘンリー1世 (イングランド王) ヘンリー2世 (イングランド王) 若ヘンリー王 - ヘンリー2世息子共同君主ヘンリー3世 (イングランド王) ヘンリー4世 (イングランド王) ヘンリー5世 (イングランド王) ヘンリー6世 (イングランド王) ヘンリー7世 (イングランド王) ヘンリー8世 (イングランド王)

※この「イングランド王」の解説は、「ヘンリー」の解説の一部です。
「イングランド王」を含む「ヘンリー」の記事については、「ヘンリー」の概要を参照ください。


イングランド王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 09:33 UTC 版)

クヌート1世 (イングランド王)」の記事における「イングランド王」の解説

クヌートはほぼ20年間にわたってイングランド治めた。彼がヴァイキング攻撃——その多く彼の指揮下にあった——に対して与えた保護が、980年代ヴァイキングの襲撃再開され以来、ますます損なわれていた繁栄回復させた。同様にイングランド人は、彼がスカンディナヴィア大部分支配確立するための手助けもした。彼の支配下イングランドは、外部からの深刻な襲撃遭うことはなかった。

※この「イングランド王」の解説は、「クヌート1世 (イングランド王)」の解説の一部です。
「イングランド王」を含む「クヌート1世 (イングランド王)」の記事については、「クヌート1世 (イングランド王)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イングランド王」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イングランド王」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イングランド王」の関連用語

イングランド王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イングランド王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイングランド君主一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBLADESTORM 百年戦争 (改訂履歴)、ヘンリー (改訂履歴)、クヌート1世 (イングランド王) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS