男爵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 男爵の意味・解説 

だん‐しゃく【男爵】

読み方:だんしゃく

もと五等爵第五位。→爵

男爵芋」の略。


男爵

読み方:ダンシャク(danshaku)

華族最下位


男爵


男爵

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ・ユモレスカ
出版社新潮社
刊行年月2006.7

収載図書チェーホフ・ユモレスカ―傑作短編集 1
出版社新潮社
刊行年月2008.7
シリーズ名新潮文庫


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:26 UTC 版)

男爵(だんしゃく、: baron)は、爵位の一つである。近代日本中国とで用いられ、子爵の下位に相当する[1]。ヨーロッパ諸国の最下位の貴族称号の日本語中国語訳にも用いられ、イギリスbaronの訳にはこの語が用いられる。なお、イギリスには男爵の下位に準男爵という世襲称号があるが、準男爵は貴族ではなく平民である[2]


注釈

  1. ^ 交代寄合ではないが、高家旗本の大沢家も3550石(実高5485石)の家禄を1万6石に「高直し」したことを政府に申告して堀江藩を立藩し華族に列していたが、明治4年に大沢家が増えたと主張していた4521石は浜名湖の水面だったことが発覚。大沢家は「浜名湖では魚が採れる」と弁明したが、認められず同年11月29日に華族の身分を剥奪されて士族に落とされ、当主大沢基寿は禁固1年、関与した3人の家臣が禁固1年半に処された[31]

出典

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1774頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年) 1589頁参照。
  2. ^ 小川賢治 2009, p. 90.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-18.
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 21.
  5. ^ 浅見雅男 1994, p. 71-76.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 26.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 30.
  8. ^ 百瀬孝 1990, p. 242.
  9. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 56.
  10. ^ 小田部雄次 2006, p. 56/124-126.
  11. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 126-127.
  12. ^ 小田部雄次 2006, p. 56/128-129.
  13. ^ 百瀬孝 1990, p. 243-244.
  14. ^ a b c 百瀬孝 1990, p. 243.
  15. ^ a b c d e f 百瀬孝 1990, p. 244.
  16. ^ a b 浅見雅男 1994, pp. 57–58.
  17. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  18. ^ 百瀬孝, 1990 & p37-38.
  19. ^ 百瀬孝, 1990 & p37/38/243.
  20. ^ 小田部雄次 2006, p. 195-196.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 45.
  22. ^ 浅見雅男 1994, p. 116.
  23. ^ 百瀬孝 1990, p. 38.
  24. ^ 小田部雄次 2006, p. 184/191-195.
  25. ^ 小田部雄次 2006, p. 198.
  26. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 54.
  27. ^ 浅見雅男 1994, p. 12.
  28. ^ 大辞林 第三版 奈良華族 (コトバンク)
  29. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 43.
  30. ^ 浅見雅男 1994, p. 37-38.
  31. ^ 浅見雅男 1994, p. 39.
  32. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 36.
  33. ^ 浅見雅男 1994, p. 36/262.
  34. ^ 浅見雅男 1994, p. 60.
  35. ^ 浅見雅男 1994, p. 58.
  36. ^ 小田部雄次 2006, p. 349-363.
  37. ^ 小田部雄次 2006, p. 352.
  38. ^ 小田部雄次 2006, p. 322-364.
  39. ^ 浅見雅男 1994, p. 149.
  40. ^ 小田部雄次 2006, p. 346.
  41. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 162.
  42. ^ 小田部雄次 2006, p. 163/166.
  43. ^ 小田部雄次 2006, p. 170-171.
  44. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 2-3.
  45. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 3.
  46. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 5.
  47. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 4.
  48. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 6.
  49. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 9.
  50. ^ 袴田郁一 2014, p. 86-87.
  51. ^ 袴田郁一 2014, p. 95.
  52. ^ 今堀誠二, p. 422-423.
  53. ^ 近藤申一 1970, p. 161-163.
  54. ^ a b 中村英勝 1959, p. 51.
  55. ^ a b c 近藤申一 1970, p. 164.
  56. ^ Heraldic Media Limited. “The Peerage of Scotland” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月4日閲覧。
  57. ^ Heraldic Media Limited. “Lords of Scotland” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月21日閲覧。
  58. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 420.
  59. ^ 田中亮三 2009, p. 61.
  60. ^ a b 坂東省次 2013, p. 68.
  61. ^ a b c d e f g Noble Titles in Spain and Spanish Grandees
  62. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 315.
  63. ^ a b 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 370.
  64. ^ https://www.boe.es/datos/pdfs/BOE//1931/153/A01122-01123.pdf
  65. ^ https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1948-3512
  66. ^ “バッハ会長は「ぼったくり男爵」米紙がIOC批判”. テレビ朝日. (2021年5月7日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000215349.html 2021年7月24日閲覧。 



男爵(声:安原義人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 10:21 UTC 版)

海賊モア船長シリーズ」の記事における「男爵(声:安原義人)」の解説

モア船長となった後のアドヴェンチャー・ギャレーで、副船長操舵主となる。剣術射撃拳闘長け貴族然とした雰囲気を持っている。他人深く関わらない態度とっているが、モア代わりに船長推薦されることもあるなど、仲間内からは認められている。薔薇十字団への参加望み、団との繋がり疑われるブラッドレー関心を抱く

※この「男爵(声:安原義人)」の解説は、「海賊モア船長シリーズ」の解説の一部です。
「男爵(声:安原義人)」を含む「海賊モア船長シリーズ」の記事については、「海賊モア船長シリーズ」の概要を参照ください。


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 13:59 UTC 版)

薔薇子爵」の記事における「男爵」の解説

流星の降る夜にギデオン発見し育てた貴族

※この「男爵」の解説は、「薔薇子爵」の解説の一部です。
「男爵」を含む「薔薇子爵」の記事については、「薔薇子爵」の概要を参照ください。


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:16 UTC 版)

どうぶつ宝島」の記事における「男爵」の解説

シルバーの手下であるオオカミお調子者地図横取りして海賊評議会自分売り込もうとする。

※この「男爵」の解説は、「どうぶつ宝島」の解説の一部です。
「男爵」を含む「どうぶつ宝島」の記事については、「どうぶつ宝島」の概要を参照ください。


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 05:38 UTC 版)

星界の紋章」の記事における「男爵」の解説

領地地上世界持たず、また環境改造して居住可能とできる惑星持たない恒星エネルギー利用した反物質燃料ベーシュ)の生産や、無人惑星小惑星ガス惑星など)から鉱物資源ならびに推進剤(ヨーズ。使われる)を採掘し、それらを売ることで生計を立てる

※この「男爵」の解説は、「星界の紋章」の解説の一部です。
「男爵」を含む「星界の紋章」の記事については、「星界の紋章」の概要を参照ください。


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/16 17:30 UTC 版)

グリムノーツ」の記事における「男爵」の解説

プロメテウス行動を共にする男。何故かモリガン敵視している。

※この「男爵」の解説は、「グリムノーツ」の解説の一部です。
「男爵」を含む「グリムノーツ」の記事については、「グリムノーツ」の概要を参照ください。


男爵(バロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 19:32 UTC 版)

ヴァムピール」の記事における「男爵(バロン)」の解説

伶を『完全同化』できる理想身体として狙っているヴァムピール前の身体イングランドの貴族(男爵)で、本人記憶によると「何とか男爵」と呼ばれていたので、現在は男爵と名乗っている。本名忘れた。どんな詐欺師よりも口の立つメフィストフェレス呼ばれる

※この「男爵(バロン)」の解説は、「ヴァムピール」の解説の一部です。
「男爵(バロン)」を含む「ヴァムピール」の記事については、「ヴァムピール」の概要を参照ください。


男爵(だんしゃく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 08:23 UTC 版)

神様のカルテ」の記事における「男爵(だんしゃく)」の解説

一見すると40代にも50代にも見えるが、ふとしたときには少年のようなそぶりを見せ年齢不詳の男。職業絵描き。男爵というのはニックネーム桔梗の間住民

※この「男爵(だんしゃく)」の解説は、「神様のカルテ」の解説の一部です。
「男爵(だんしゃく)」を含む「神様のカルテ」の記事については、「神様のカルテ」の概要を参照ください。


男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 04:00 UTC 版)

朝鮮貴族」の記事における「男爵」の解説

尹用求朝鮮語版1912年12月6日爵位返上洪淳馨朝鮮語版1912年12月6日爵位返上金奭鎮朝鮮語版併合後、1910年10月10日麻薬阿片飲んで自殺する死去後襲爵手続せず。 韓昌洙朝鮮語版)(1862年併合後、李王職長官となる。奎章閣大提学(長官職)・韓章錫(1832-1894)の次男で、官立外国語学校長などを経て李完用内閣内閣書記官長務めた李王職長官時代には徳恵翁主後見人務めた韓相琦朝鮮語版)(1881-1934) 韓昌洙相続人1933年襲爵。昌洙の長男親戚韓相龍とともに陸軍士官学校成城学校学び北海道帝国大学農科卒。病気により早世韓相億朝鮮語版韓相琦相続人1934年襲爵。昌洙の二男チューリッヒ大学院にて経済学博士号。 李根湘朝鮮語版1920年1月20日死去李長薰朝鮮語版李根湘相続人1920年襲爵趙羲淵朝鮮語版1915年7月20日死去後爵位返上斉斌(朝鮮語版叙陽(朝鮮語版斉斌の相続人1922年襲爵1944年1月1日死去後襲爵手続せず栄典喪失。 成岐運(朝鮮語版) 成周絅(朝鮮語版) 成岐運の相続人1925年襲爵成一鏞朝鮮語版) 成周絅の相続人1938年襲爵金春熙朝鮮語版1924年8月19日死去金教莘朝鮮語版金春熙相続人1924年10月15日襲爵金正禄朝鮮語版金教莘相続人1932年襲爵趙同熙(朝鮮語版) 趙重献(朝鮮語版趙同熙の相続人1934年襲爵趙源世朝鮮語版) 趙重献の相続人1944年襲爵朴箕陽朝鮮語版1932年没。 朴勝遠朝鮮語版朴箕陽相続人1933年襲爵朴禎緖朝鮮語版朴勝遠相続人1939年襲爵金思濬朝鮮語版1915年11月9日爵位褫奪される。 張錫周朝鮮語版新聞記者出身張寅源朝鮮語版張錫周相続人1921年襲爵。 閔商鎬(朝鮮語版) 閔泳頊(朝鮮語版) 閔商鎬の相続人1933年襲爵趙東潤 併合前は侍従武官長併合後も朝鮮軍人として陸軍副将階級保持し続け1920年大正9年4月26日陸軍中将となる。1923年大正12年5月21日死亡する趙重九朝鮮語版趙東潤相続人1923年襲爵崔錫敏朝鮮語版1915年12月21日死去崔正源朝鮮語版崔錫敏相続人1916年3月20日襲爵韓圭卨 第二次日韓協約締結時の首相1912年12月6日爵位返上兪吉濬 併合抗議して1912年12月6日爵位返上。 南廷哲(朝鮮語版1916年6月30日死去 南章熙朝鮮語版) 南廷哲の相続人1916年9月30日襲爵李乾夏(朝鮮語版1913年11月7日死去 李範八朝鮮語版李乾夏の相続人1913年12月20日襲爵1919年1月25日死去 李完鍾朝鮮語版李範八相続人1919年襲爵容泰(朝鮮語版重桓(朝鮮語版容泰の相続人1922年襲爵1945年5月9日死去後襲爵手続せず。 閔泳達朝鮮語版1912年12月6日爵位返上閔泳綺朝鮮語版1858年京城府出身中枢院議官から度支部農商工部、法部各大臣などを務めた1908年には東洋拓殖副総裁となり、李王職長官務めた閔健植朝鮮語版閔泳綺相続人1927年襲爵閔丙億 閔健植相続人1944年襲爵李鍾健(朝鮮語版李豊漢(朝鮮語版李鍾健の相続人1931年襲爵李鳳儀(朝鮮語版1919年3月13日死去 李起元朝鮮語版李鳳儀の相続人1919年襲爵李康軾朝鮮語版李起元相続人1937年襲爵1939年11月18日死去 李弘宰朝鮮語版李康軾相続人1939年襲爵尹雄烈 別技軍左副領官となり新式軍隊による朝鮮国自存確保しようと願うが、壬午事変により一時期亡命余儀なくされる1911年9月22日死去尹致昊 尹雄烈相続人父の死去に伴い1911年襲爵1913年10月9日、失爵。貴族院朝鮮勅選議員根澔(朝鮮語版東薰(朝鮮語版根澔の相続人1923年襲爵金嘉鎮朝鮮語版1922年7月4日死去後襲爵手続せず栄典喪失鄭洛鎔朝鮮語版1914年2月1日死去鄭周永 (男爵)(朝鮮語版鄭洛鎔相続人1914年3月19日襲爵鄭斗和朝鮮語版鄭周永相続人1923年襲爵1939年5月1日死去後襲爵手続せず栄典喪失。 閔種黙(朝鮮語版1916年7月20日死去 閔哲勲朝鮮語版) 閔種黙の相続人1916年9月30日襲爵閔奎鉉朝鮮語版閔哲勲相続人1925年襲爵閔泰崑朝鮮語版閔奎鉉相続人1934年襲爵閔泰崙 閔泰崑相続人1944年襲爵李載克朝鮮語版1919年大正8年)に李王職長官となる。 李寅鎔朝鮮語版李載克相続人1931年襲爵李允用朝鮮語版李完用伯爵朝鮮貴族)の兄。興宣大院君娘婿李範晋内閣軍部大臣農商工部大臣務めた。甥に韓相龍李丙玉朝鮮語版李允用相続人1938年襲爵朝鮮語版能世(朝鮮語版相続人1923年襲爵。 金永哲(朝鮮語版) 金英洙(朝鮮語版) 金永哲の相続人1923年襲爵金容国朝鮮語版) 金英洙の相続人1943年襲爵容元(朝鮮語版1911年8月16日死去 李原鎬朝鮮語版元の相続人1911年10月19日襲爵李彰洙朝鮮語版李原鎬相続人1939年襲爵。 金宗漢(朝鮮語版) 金世顕(朝鮮語版) 金宗漢の相続人1932年襲爵1945年4月7日死去後襲爵手続せず。 趙鼎九朝鮮語版1913年5月3日爵位返上。 金鎮(朝鮮語版1917年12月13日死去 金徳漢朝鮮語版) 金鎮の相続人1918年襲爵1946年12月17日死去後襲爵手続せず。 容大(朝鮮語版経遠(朝鮮語版大の相続人1927年襲爵1947年4月4日死去後襲爵手続せず。 趙慶鎬朝鮮語版1912年12月6日爵位返上。 金思轍(朝鮮語版) 金奭基(朝鮮語版) 金思轍の相続人1935年襲爵金炳翊朝鮮語版1921年10月2日死去後襲爵手続せず栄典喪失。 鄭漢朝朝鮮語版1917年5月28日死去 鄭天謨朝鮮語版) 鄭漢朝相続人1917年8月20日襲爵冑栄(朝鮮語版1917年12月18日死去 李圭桓朝鮮語版冑栄の相続人1918年2月12日襲爵李卿雨朝鮮語版李圭桓相続人1931年襲爵閔炯植朝鮮語版1931年8月8日死去後襲爵手続せず栄典喪失李恒九朝鮮語版李完用の子1924年2月11日、男爵に叙される。 李丙周朝鮮語版李恒九相続人1945年襲爵

※この「男爵」の解説は、「朝鮮貴族」の解説の一部です。
「男爵」を含む「朝鮮貴族」の記事については、「朝鮮貴族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「男爵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「男爵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



男爵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

男爵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男爵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海賊モア船長シリーズ (改訂履歴)、薔薇子爵 (改訂履歴)、どうぶつ宝島 (改訂履歴)、星界の紋章 (改訂履歴)、グリムノーツ (改訂履歴)、ヴァムピール (改訂履歴)、神様のカルテ (改訂履歴)、朝鮮貴族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの男爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS