Baronとは? わかりやすく解説

baron

別表記:バロン

「baron」の意味・「baron」とは

「baron」は、英語の単語で、主に貴族階級または地位を指す言葉である。特に、英国貴族階級では、公爵侯爵伯爵子爵に次ぐ5番目の位である。また、一部の国では、大土地所有者や大企業経営者を指す隠喩的な表現として使われる例えば、「石油バロン」は石油産業大きな影響力を持つ人物を指す。

「baron」の発音・読み方

「baron」の発音は、IPA表記では /ˈbærən/ となる。カタカナ表記では「バロン」と読む。日本人発音する際のカタカナ英語読み方も「バロン」である。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「baron」の定義を英語で解説

「baron」の定義は、"a member of the lowest order of the British nobility" または "a powerful person in a particular field" となる。前者は「英国貴族最下位階級一員」を意味し後者は「特定の分野強力な人物」を意味する

「baron」の類語

「baron」の類語としては、「nobleman」、「landowner」、「magnate」、「tycoon」などがある。「nobleman」は一般的な貴族を、「landowner」は土地所有者を、「magnate」や「tycoon」は大企業経営者産業界大物を指す言葉である。

「baron」に関連する用語・表現

「baron」に関連する用語表現としては、「baroness」、「baronet」、「barony」などがある。「baroness」は女性バロンを、「baronet」はバロンよりも一段階下の位を持つ男性を、「barony」はバロン領地やその地位を指す。

「baron」の例文

以下に、「baron」を用いた例文10例示す。 1. English example: "The baron owned a large estate in the countryside." (日本語訳:そのバロン田舎大きな領地所有していた。) 2. English example: "He is known as the baron of the software industry." (日本語訳:彼はソフトウェア業界バロンとして知られている。) 3. English example: "The baroness was respected by the local people." (日本語訳その女バロン地元人々から尊敬されていた。) 4. English example: "The baronet inherited his title from his father." (日本語訳その男爵は父からその称号継承した。) 5. English example: "The barony has a history of over 300 years." (日本語訳その男爵領は300年上の歴史がある。) 6. English example: "He is a baron in the world of finance." (日本語訳:彼は金融界バロンである。) 7. English example: "The baron's mansion was a symbol of his wealth." (日本語訳:そのバロン邸宅彼の富の象徴であった。) 8. English example: "He was a self-made baron in the real estate industry." (日本語訳:彼は不動産業界で自ら成功収めたバロンであった。) 9. English example: "The baron was known for his philanthropy." (日本語訳:そのバロン慈善活動知られていた。) 10. English example: "The baron's influence extended beyond his own country." (日本語訳:そのバロン影響力彼の国超えて広がっていた。)

バロン【baron】

読み方:ばろん

男爵。→バロネス


ナトリム

分子式C11H9Cl5O3
その他の名称バロンエルボン、ナトリム、ノベーグ、エルボン-R、Baron、Erbon、Natrim、Novege、Erbon-R、2,2-Dichloropropionic acid 2-(2,4,5-trichlorophenoxy)ethyl、Novon、Pentanate、ノボン、ペンタナート、2,2-Dichloropropionic acid 2-(2,4,5-trichlorophenoxy)ethyl ester
体系名:2,2-ジクロロプロピオン酸2-(2,4,5-トリクロロフェノキシ)エチル


Baron

名前 バロン; バローン

Bar-On

名前 バルオン

男爵

(Baron から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/26 06:02 UTC 版)

男爵(だんしゃく、: baron)は、爵位の一つである。近代日本で用いられ、子爵の下位に相当する[1]。ヨーロッパ諸国の最下位の貴族称号の日本語にも用いられ、イギリスbaronの訳にはこの語が用いられる。なお、イギリスには男爵の下位に準男爵という世襲称号があるが、準男爵は貴族ではなく平民である[2]


注釈

  1. ^ a b c d e f 後に子爵に陞爵。
  2. ^ 交代寄合ではないが、高家旗本の大沢家も3550石(実高5485石)の家禄を1万6石に「高直し」したことを政府に申告して堀江藩を立藩し華族に列していたが、明治4年に大沢家が増えたと主張していた4521石は浜名湖の水面だったことが発覚。大沢家は「浜名湖では魚が採れる」と弁明したが、認められず同年11月29日に華族の身分を剥奪されて士族に落とされ、当主大沢基寿は禁固1年、関与した3人の家臣が禁固1年半に処された[31]
  3. ^ 明治27年に爵位返上
  4. ^ 具体的には志水家(旧尾張藩家老)、山野辺家(旧水戸藩家老)、久野家(旧紀州藩家老)、横山分家(旧加賀藩家老)、本多分家(同)、登米伊達家(旧仙台藩一門)、亘理家(同)、石川家(同藩家老)、留守家(同)、茂庭家(同)、須古鍋島家(旧佐賀藩一門)、村田家(同)、神代家(同)の13家[35]
  5. ^ 明治維新後に僧侶の妻帯は自由とされたが、それ以前には「無戒」の立場が広く公認された真宗を除き、具足戒により僧侶が公に妻子を持つことはできなかった。

出典

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1774頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年) 1589頁参照。
  2. ^ 小川賢治 2009, p. 90.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-18.
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 21.
  5. ^ 浅見雅男 1994, p. 71-76.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 26.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 30.
  8. ^ 百瀬孝 1990, p. 242.
  9. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 56.
  10. ^ 小田部雄次 2006, p. 56/124-126.
  11. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 126-127.
  12. ^ 小田部雄次 2006, p. 56/128-129.
  13. ^ 百瀬孝 1990, p. 243-244.
  14. ^ a b c 百瀬孝 1990, p. 243.
  15. ^ a b c d e f 百瀬孝 1990, p. 244.
  16. ^ a b 浅見雅男 1994, pp. 57–58.
  17. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  18. ^ 百瀬孝, 1990 & p37-38.
  19. ^ 百瀬孝, 1990 & p37/38/243.
  20. ^ 小田部雄次 2006, p. 195-196.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 45.
  22. ^ 浅見雅男 1994, p. 116.
  23. ^ 百瀬孝 1990, p. 38.
  24. ^ 小田部雄次 2006, p. 184/191-195.
  25. ^ 小田部雄次 2006, p. 198.
  26. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 54.
  27. ^ 浅見雅男 1994, p. 12.
  28. ^ 大辞林 第三版 奈良華族 (コトバンク)
  29. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 43.
  30. ^ 浅見雅男 1994, p. 37-38.
  31. ^ 浅見雅男 1994, p. 39.
  32. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 36.
  33. ^ 浅見雅男 1994, p. 36/262.
  34. ^ a b 松田敬之 2015, p. 68.
  35. ^ a b c 松田敬之 2015, p. 15.
  36. ^ 浅見雅男 1994, p. 60.
  37. ^ 浅見雅男 1994, p. 58.
  38. ^ 小田部雄次 2006, p. 349-363.
  39. ^ 小田部雄次 2006, p. 352.
  40. ^ 小田部雄次 2006, p. 322-364.
  41. ^ 浅見雅男 1994, p. 149.
  42. ^ 小田部雄次 2006, p. 346.
  43. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 162.
  44. ^ 小田部雄次 2006, p. 163/166.
  45. ^ 小田部雄次 2006, p. 170-171.
  46. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 2-3.
  47. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 3.
  48. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 5.
  49. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 4.
  50. ^ 石黒ひさ子 2006, p. 6.
  51. ^ a b 石黒ひさ子 2006, p. 9.
  52. ^ 袴田郁一 2014, p. 86-87.
  53. ^ 袴田郁一 2014, p. 95.
  54. ^ 今堀誠二, p. 422-423.
  55. ^ 近藤申一 1970, p. 161-163.
  56. ^ a b 中村英勝 1959, p. 51.
  57. ^ a b c 近藤申一 1970, p. 164.
  58. ^ Heraldic Media Limited. “The Peerage of Scotland” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月4日閲覧。
  59. ^ Heraldic Media Limited. “Lords of Scotland” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月21日閲覧。
  60. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 420.
  61. ^ 田中亮三 2009, p. 61.
  62. ^ a b 坂東省次 2013, p. 68.
  63. ^ a b c d e f g Noble Titles in Spain and Spanish Grandees
  64. ^ 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 315.
  65. ^ a b 関哲行, 中塚次郎 & 立石博高 2008, p. 370.
  66. ^ https://www.boe.es/datos/pdfs/BOE//1931/153/A01122-01123.pdf
  67. ^ https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1948-3512
  68. ^ “バッハ会長は「ぼったくり男爵」米紙がIOC批判”. テレビ朝日. (2021年5月7日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000215349.html 2021年7月24日閲覧。 



Baron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:07 UTC 版)

爵位」の記事における「Baron」の解説

自由民を表す言葉で後に領主一般を指す言葉となり、最終的にViscount上の爵位持たない領主爵位男爵となったドイツ語圏やスコットランドでは男爵相当するものにFreiherrやLord of parliament使われ、Baronはそれより低い称号になっているスコットランド語でBaronyは荘園意味し荘園領主小規模領主にBaronが用いられた。

※この「Baron」の解説は、「爵位」の解説の一部です。
「Baron」を含む「爵位」の記事については、「爵位」の概要を参照ください。


BARON(バロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 02:40 UTC 版)

RIDEBACK」の記事における「BARON(バロン)」の解説

FUEGO同様TERYAN KADURO製のライドバック最新モデルオレンジ色操作方法等はFUEGOとほぼ同じである。琳が出場したライドバック全国大会FUEGOレギュレーションにより搭乗することができないので代わりに乗ったライドバックレース中に琳の操作についてこれなくなりまた、春樹ミスによりエンジンブロー起こしエンジン焼けた。なお、原作ではBARONII(バロンツー)も登場している。

※この「BARON(バロン)」の解説は、「RIDEBACK」の解説の一部です。
「BARON(バロン)」を含む「RIDEBACK」の記事については、「RIDEBACK」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Baron」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Baron」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Baron」の関連用語

1
バローン 外国人名の読み方
100% |||||

Baronのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Baronのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男爵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの爵位 (改訂履歴)、RIDEBACK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS