構えとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 構えの意味・解説 

かまえ〔かまへ〕【構え】

読み方:かまえ

造り構造また、家屋などの外観。「―の大きな家」「洋風の―の門」

予想される事態に対処するための備え。「和戦両用の―」

即座に有効な動きができるように整えた、からだの格好。特に、武道・格闘技での姿勢。「独特の―でバッターボックスに立つ」「上段の―」

漢字の部首の一。字の外郭をなす部分で、「門(もんがまえ)」「囗(くにがまえ)」などがある。

御構(おかま)い2

こしらえごとつくりごと計略

当座の―の言葉なり」〈曽我一〇


構え

読み方:かまえ

ア行下一段活用動詞「構える」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


構え

読み方:かまえ

ワ行五段活用動詞「構う」の命令形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:26 UTC 版)

山崎照朝」の記事における「構え」の解説

相手力量応じ、構えが変幻自在になる様は、円の受けと呼ばれた大きくゆったりと円心の構え」⇒「龍尾の構え」⇒「上下の構え」⇒「弓受けの構え。」⇒「足立ちの構え」と円を描きつつ変化させ、いつの間に間合い詰め相手自分のペースで技を出させない試合運びをした。第5回オープントーナメント全日本空手道選手権大会準々決勝までの対戦相手は、山崎が「円の受け」で追いつめて、相手攻撃待ちながら自らも攻撃をする。しかし対戦相手はほとんど技を出すタイミング逃し、まれに出して受けられ直後に攻撃される。この繰り返し対戦相手は、頻繁に場外逃げるはめになっていた。構えで山崎は「中心物理的な身体中央の急所集中するライン重心は首からまっすぐ下に落ちライン動きの要。重心安定しなくては戦えない」と中心重心を非常に重要視している。

※この「構え」の解説は、「山崎照朝」の解説の一部です。
「構え」を含む「山崎照朝」の記事については、「山崎照朝」の概要を参照ください。


構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 18:36 UTC 版)

西洋剣術」の記事における「構え」の解説

右手軽く肘を曲げ手の甲上にし、剣の指鐶に指を通してポンメル手首の裏当て切っ先相手の喉に狙いをつける。指を支点ポンメルは剣の重さ上に上がるため、剣先下がらず構えていても楽なのだ。この場合、刃は水平になるイタリアでポンメル手首当てる持ち方はせず、刃は垂直にかまえる。 左手は頬の前に垂直に立てて、手を左右に振って顔面防御をする。左腕犠牲にして急所を守る。なお、剣の防御近代フェンシングでは8番までだが、レイピアでは9番目まであり、その順序異なっている。これらはカットがまだ残る古い型である。例え5番頭上に水平に構えるのだが、これは現在ではサーブルの頭へのカットに対して防御見られるまた、イタリア式フランス式では順序異なる。たとえばイタリア式は腕を斜め上伸ばし切っ先斜め下(相手中心向けて1番切っ先位置変えず腕を右に2番そのまま時計方向腕を下に3番、左に肘を反るようにして4番となる。 よくある誤解で、「レイピア撓るといわれる。これは競技フェンシングの剣ではある程度当てはまる。競技フェンシング振込むことで先端撓り相手背後を突く正確には剣の先端当てる)ことができた。しかし、これは競技テクニックであり生死賭けるような剣術ではそのような攻撃ダメージ与えられないまた、撓ることで衝撃逃がし安全になる実際にレピアそれほど撓るものではない。撓る先端がぶれ、正確で鋭い突きできないからである。剣の見極め一つに剣を持って拳で握った手を叩く。良い剣は中心部がぶれても先端ぶれない。悪い剣は先端大きくぶれる。

※この「構え」の解説は、「西洋剣術」の解説の一部です。
「構え」を含む「西洋剣術」の記事については、「西洋剣術」の概要を参照ください。


構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 03:17 UTC 版)

なぎなた」の記事における「構え」の解説

通常最初左に構えるが5種類の構えは、それぞれ左右半身どちらでも構えることができる。 中段の構え 半身に構え、元手(石突の手)を後ろ足付け根に置き、切先相手鳩尾を狙うように構える。基本的な構えであり、攻撃にも防御にも転じやすい。 八相の構え 元手前足側の腰骨もう一方の手後ろ足側の耳の横に置き、なぎなた立てて構える。 もっとも攻撃的な構えであり、試合等でも頻用される。 下段の構え 元手後ろ足側の顔の横におき、刃筋上向きにして前足の脛を守るように構える。 相手足元攻めつつ自分を守る構え。 上段の構え なぎなた頭上にあげ、石突相手を狙うように構える。 攻撃的且つ気位のある構えである。 脇構え 両手をまっすぐ下ろし石突自分の正中守りつつ相手狙い水平に構える。 最もトリッキー変化に応じて打突できる構えである。

※この「構え」の解説は、「なぎなた」の解説の一部です。
「構え」を含む「なぎなた」の記事については、「なぎなた」の概要を参照ください。


構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 06:00 UTC 版)

けん玉」の記事における「構え」の解説

以下は主要なもの。 まっすぐ 玉やけんなどを真下垂らした状態、または玉をけん(けんを玉)に乗せて正面構えた状態。 ななめ 玉やけんなどを反対の手で持って体側引き寄せ地面に対し角度がついた状態。

※この「構え」の解説は、「けん玉」の解説の一部です。
「構え」を含む「けん玉」の記事については、「けん玉」の概要を参照ください。


構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 03:45 UTC 版)

デス バイ ディグリーズ」の記事における「構え」の解説

L1ボタンを押すことにより、ニーナが構えを取る。この際十字キー左右で構えの種類(コマンド技近接武器銃火器3つ)を、上下武器の種類切り替えることが可能でそれぞれに合わせてニーナが構えを取る。また、下の操作繰り出すことができる技は、戦闘中コンボ決めることで手にはいるスキルポイント」と交換することで増やすことが可能で、またレベルの上昇によって覚えられる技も増える

※この「構え」の解説は、「デス バイ ディグリーズ」の解説の一部です。
「構え」を含む「デス バイ ディグリーズ」の記事については、「デス バイ ディグリーズ」の概要を参照ください。


構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 00:58 UTC 版)

かめはめ波」の記事における「構え」の解説

か … 両手首を合わせて手を開いて体の前方から腰にもっていく(ここで「か」と発音) め … 腰付近に両手を持っていきながら(ここで「め」と発音) は … 体内の気を集中させ(このときに「は…め…」とゆっくり発音) め … 両手完全に後ろにもっていて、溜めにより気が満ちた状態。 波 … 気功波として両手から対象に向けて放つ(「はー!」と叫びつつ一気放つ掛け声間違っていたり、発しなくても撃つことはできる。忙しい時は「波!!」だけの時も。後述の通り発射後の射角変更可能だが、基本的に対象に向けて一直線に放つビームとしての性質を持つ。 足を大きく広げ腰を落とす型が基本だが、両手使わず片手だけ、手の代わりに足からでも、かめはめ波を撃つことができ、第23回天下一武道会孫悟空が足でかめはめ波放った際には、技を編み出した亀仙人驚いていた。また上記の構えでなくても、かめはめ波とされている技もある。熟練すると、発射した気功波自分の意思曲げることができるようになる込め気の度合いにより段階的に威力大きさ示されたり、前述の足から放った場合のように応用技変形技が多いのも特徴のひとつである。 鶴仙流どどん波など、同様の原理の技は作中多数登場。このことからかめはめ波は亀仙流独自の型による、数ある気功波放出のひとつといった位置づけにある。

※この「構え」の解説は、「かめはめ波」の解説の一部です。
「構え」を含む「かめはめ波」の記事については、「かめはめ波」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「構え」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

構え

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:15 UTC 版)

和語の漢字表記

(かまえ)

  1. かまえを参照

「構え」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



構えと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「構え」の関連用語

構えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



構えのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山崎照朝 (改訂履歴)、西洋剣術 (改訂履歴)、なぎなた (改訂履歴)、けん玉 (改訂履歴)、デス バイ ディグリーズ (改訂履歴)、かめはめ波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの構え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS