イタリアでとは? わかりやすく解説

イタリアで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 21:55 UTC 版)

フラウィウス・オレステス」の記事における「イタリアで」の解説

アッティラ死後イタリア戻り西ローマ帝国の諸皇帝仕えて軍職累進した。 474年ユリウス・ネポスローマ皇帝グリケリウス追放して自ら新たな皇帝名乗ると、オレステスにはユリウス・ネポスよりパトリキ称号マギステル・ミリトゥム軍総司令官)の地位与えられた。翌475年年、オレステスユリウス・ネポス与えられたローマ軍団率いてガリアへと出発したが、急遽方向転じてラベンナ襲い8月28日までにラベンナ占領ラベンナ皇帝府を置いていたユリウス・ネポス戦わずしてダルマチア逃亡した10月31日オレステス息子ロムルスローマ皇帝として宣言した。しかし、この皇帝東ローマ帝国ローマ皇帝ゼノンからも、ゼノン対立皇帝であるバシリスクスからも承認されなかった。 オレステスネポスを倒す際に傭兵達イタリア3分の1領地として与えることを約束していたが、財政的窮乏からヘルール族スキリア族テューリンゲン族(英語版)の傭兵イタリア領土与えることを拒否した。これに不満を抱いた傭兵らは傭兵隊オドアケル下に集い476年8月23日オドアケルを王であると宣言して蜂起したオレステスパヴィーア逃亡しパヴィーア司教によって匿われた。しかしオドアケル傭兵らを率いてパヴィーア襲いパヴィーア火を放ちパヴィーアでは多くの建物灰燼に帰したオレステスパヴィーアから逃れイタリア北部駐留してた少数の生き残った部隊集めピアチェンツァ小さな軍隊組織した。しかし寄せ集め帝国軍オドアケル傭兵部隊とでは勝負にならず、オレステス8月28日捕らえられ処刑された。彼の息子ロムルス・アウグストゥルス数週間のうちにラヴェンナ捕らえられ廃位された。 この出来事18世紀歴史家エドワード・ギボンの『西ローマ帝国滅亡』というロマンチックな記述によって後の世紀の人々大きな意味が与えられた。しかし現代の学問見方においては、この出来事ローマ帝国分裂過程における重要な段階一つではあるものの、この出来事西ローマ帝国滅亡意味しているとは考えられていない一方でオレステス彼の息子敗北は、古代後期から中世初期への移行区切る出来事としては用いられている。

※この「イタリアで」の解説は、「フラウィウス・オレステス」の解説の一部です。
「イタリアで」を含む「フラウィウス・オレステス」の記事については、「フラウィウス・オレステス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イタリアで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イタリアで」の関連用語

イタリアでのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イタリアでのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフラウィウス・オレステス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS