あまのじゃくとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > あまのじゃくの意味・解説 

あまのじゃく

別表記:天邪鬼

あまのじゃくとは、あまのじゃくの意味や対義語、英語

あまのじゃくとは、ひねくれた性格という意味のこと。人の意見反対したり人からの称賛を喜ばなかったり、などの態度をとる人のことである。漢字では天邪鬼と書き故意間違った答え自分本心とは違う言葉を言ったりすることから、対義語は素直となる。英語では orneriness、または cussednessとなり、他には perverse persontwisted person、contrary personとも表現される。

あまのじゃくの原因、治し方

あまのじゃくの原因は、低い自己肯定感よるもの多く、親からの愛情不足過干渉過保護などが背景にある。また、人に裏切られて傷付いたという経験を持つケースもあり、それらのことから自分に自信を持つことができず、人に対す不信感抱き、人と繋がることを恐れているという心理が働いている

あまのじゃくの治し方としては、認知行動働きかける精神療法一般的である。自己肯定感高めるためにも自分自分褒めたり、前向き言葉普段から使うようにしたりするなどの方法用いられる。しかし、あまのじゃくは精神的な病でもなければ心の病気でもない、マイナスの感情形成された性格である。よって、ありがとうやごめんなさい、などの言葉素直に伝えることができないため、周りの人に感謝謝罪言葉をかける自分本当の気持ちに目を向けて本音伝えることも有効である。

あま‐の‐じゃく【天の邪鬼】

2原義

わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがりひねくれ者

民間説話に出てくる悪い鬼。物まねがうまく、他人の心を探るのに長じるあまんじゃく

毘沙門天(びしゃもんてん)の鎧(よろい)の腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神踏みつけられている小鬼


あま‐の‐じゃく【天邪鬼】

〔名〕

民話などに悪役として登場する鬼。天探女(あまのさぐめ)に由来するといわれるが、瓜子姫(うりこひめ)の話に見えるものなど変形は多い。あまのざこあまのじゃきあまのじゃこあまんじゃく。〔俗語考(1841)〕

② (形動何事でも人の意にさからった行動ばかりをすること。また、そのようなさまやそのような人。ひねくれ者つむじまがり

評判記赤烏帽子(1663)中村蔵人「人のなせそといふことを、別而好まるるは、天(アマ)のじゃくの氏子にはなきかとおほさる」

仏像で、仁王四天王足下踏みつけられている小悪鬼。また、毘沙門(びしゃもん)の鎧の腹についている鬼面の名。

天邪鬼&wc3;〈多聞天像部分 西大寺蔵〉の画像

*壒嚢鈔(1445‐46)一〇「毘沙門の鎧の前に鬼面あり。其名如何 常には是を河伯面と云。〈略〉或書に云。河伯面、是を海若(アマノジャク)と云」


あまのじゃく 【天邪鬼】

アマンジャク中国では水鬼で、海若といわれ、毘沙門天腹部に、この面をつける。のち四天王が踏む鬼を日本で耐薫と呼んだが、アマノジャク読み方海若をそう読んだのによるらしい。日本では天探女という鬼女も天邪鬼と考えられ、両者重ねて考えられるようになった俗に人に逆らう者にもいう。天邪古とも。→ 四天王 天探女

あまのじゃく

作者川田啓治

収載図書待ってろ、ビリー
出版社文芸社
刊行年月2001.6


あまのじゃく

作者羊辻春雪

収載図書12時のパラダイム
出版社文芸社
刊行年月2007.12


天邪鬼

読み方:あまのじゃく

  1. 他人の言に従はず、必らずこれと反対のことをなす魂性の曲がれる者を云ふ。「あんな-を相手にするな」。
  2. 何事にでも人に反対して見たい性分の者をいふ。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天邪鬼

(あまのじゃく から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 10:04 UTC 版)

天邪鬼(あまのじゃく、あまんじゃく)は、悪鬼神もしくは小鬼、また日本妖怪の一種とされる。「河伯」、「海若」とも書く。


  1. ^ 寺島良安『和漢三才図会』6、島田勇雄他訳、平凡社東洋文庫〉、1987年、344-345頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ a b 村上 2005, pp. 19–21
  3. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 52頁。
  4. ^ a b 山崎 1977, p. 26
  5. ^ 民俗学研究所編『民俗学辞典』東京堂、1951年、11頁。NCID BN01703544
  6. ^ a b 大藤 1955, pp. 47–48
  7. ^ 『佐久口碑伝説集限定復刻版』長野県佐久市教育委員会昭和53年11月15日発行全351P中145P。
  8. ^ 天邪鬼 - コトバンク
  9. ^ 村上健司他編著『百鬼夜行解体新書』コーエー、2000年、13頁。ISBN 978-4-87719-827-5


「天邪鬼」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あまのじゃく」の関連用語

あまのじゃくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あまのじゃくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天邪鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS