石垣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 石垣 > 石垣の意味・解説 

いし‐がき【石垣】

石を積み上げてつくった垣。石壁また、山や堤などの側面に石を積み重ねたもの。石崖(いしがけ)。

石垣の画像
滋賀県彦根城の石垣
石垣の画像

いしがき【石垣】


いしがき【石垣】

京都市石垣町のこと。東山区宮川町付近をいう。寛文10年(1670)鴨川に石垣で護岸工事をしたところからの名。色茶屋が多かった。いしがけまち


いし‐がけ【石崖/石垣】

いしがき」に同じ。


いし‐がき【石垣】

1 〔名〕 (「いしかき」とも) 石を積み上げて造った垣。石の塀。防衛風防土砂どめ、境界標示のために造るいしついじいしがけ

信長公記(1598)九「四月朔日より、当山大石を以て御構(おんかまへ)の方に石垣を築かせられ」

2

[一] 京都石垣町のこと。京都市東山区宮川町付近の町。水防のため、鴨川に石垣を築いたことによる。近世色茶屋陰間宿が多かった。

浮世草子西鶴置土産(1693)三「石垣(イシカキ)のおやまどもまま喰(くい)さしてはしり出」

[二] 沖縄県八重山諸島石垣島尖閣諸島からなる市。昭和二二年(一九四七)市制。→石垣島


いし‐がけ【石垣・石崖】

1 〔名〕 (「いしかけ」とも)

① =いしがき(石垣)(一)

鹿苑日録慶長二年(1597)三月二九日「飯後石懸之御普請大閤御一覧。予亦付驥尾

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文一一「ピラミドの石塔が〈略〉石垣(イシガケ)のやうに築(つき)立って」

② 「いしがけこもん石垣小紋)」の略。

雑俳柳多留一八(1783)「御所でだといって石かけはやる也」

2いしがき(石垣)(二)(一)

浮世草子好色一代女(1686)五「石垣(イシカケ)の恋(こひ)くづれ」


いわ‐かき いは‥ 【岩垣・石垣】

〔名〕 (後世は「いわがき」)

岩石自然に垣根のように取り巻いているところ。

重之女集(1009頃)「いはかきののどけきもわがごとやさらぬがほなる物はおもひし」

岩石で築いた垣根や塀、切り通しなど。

出雲風土記733秋鹿「即ち、彫(ゑ)り鑿(うか)てる磐壁(いはかき)三所有り


石垣

作者吉野せい

収載図書吉野せい作品集
出版社弥生書房
刊行年月1994.8


石垣

作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 7
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.6


石垣

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集11侘助引越やつれ
出版社筑摩書房
刊行年月1998.8


石垣

作者木屋

収載図書新樹山手樹一郎生誕102年記念
出版社小池書院
刊行年月2002.2


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 富山県魚津市


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 三重県鈴鹿市


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 沖縄県石垣市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

石垣

読み方:イシカキ(ishikaki)

所在 鹿児島県(JR指宿枕崎線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

石垣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 16:44 UTC 版)

石垣(いしがき、英語: stone fence、stone wall)は、を組み上げて作られた、もしくはのこと。「石積み」「石塁せきるい」も同様に用いられる。


  1. ^ 森本繁 『村上水軍全紀行』( 新人物往来社、 2009年) pp.54 - 55.甘崎城は、鎌倉期の島城で、瀬戸内海の水軍城としては、国内最古。
  2. ^ a b c d e 田淵実夫『石垣』(法政大学出版局、1975年)176頁
  3. ^ a b c d 田淵実夫『石垣』(法政大学出版局、1975年)177頁
  4. ^ Hyslop, John. Inca settlement planning. Austin: University of Texas Press, 1990. ISBN 0-292-73852-8 pp.11-12
  5. ^ Vergara, Teresa, “Arte y Cultura del Tahuantinsuyo”, p.317
  6. ^ Gasparini, Graziano and Margolies, Luize. Inca architecture. Bloomington: Indiana University Press, 1980. ISBN 0-253-30443-1 pp.78
  7. ^ 三ツ寺遺跡
  8. ^ 三浦正幸 『城のつくり方図典』 (小学館、 2005年)
  9. ^ 村田修三「中世城郭とは」(『講座 日本技術の社会史 第六巻 土木』日本評論社、1984年)
  10. ^ 中井均「織豊系城郭の画期-礎石建物・瓦・石垣の出現-」(村田修三編『中世城郭研究論集』新人物往来社、1990年)
  11. ^ 加藤理文編 『城の見方・歩き方』( 新人物往来社、 2002年)
  12. ^ 北川建次・関太郎・髙橋衞・ 印南敏秀・佐竹昭・町博光・三浦正幸編集委員『瀬戸内海事典』( 南々社、 2007年)
  13. ^ 日本の城づくり | Trace 「トレース」
  14. ^ 島原城石垣を正確に復元 12年に豪雨で崩落
  15. ^ 城郭石垣の断面形状と安定性評価
  16. ^ 城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害
  17. ^ 城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害”. 朝日新聞デジタル (2012年2月8日). 2012年2月9日閲覧。
  18. ^ 吉田城石垣のはらみ進行か”. 東日新聞 (2012年2月4日). 2012年2月9日閲覧。
  19. ^ 弘前城が動く


「石垣」の続きの解説一覧



石垣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石垣」の関連用語

1
94% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

石垣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石垣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石垣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS