石垣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 石垣 > 石垣の意味・解説 

いし‐がき【石垣】

読み方:いしがき

石を積み上げてつくった垣。石壁また、山や堤などの側面に石を積み重ねたもの石崖(いしがけ)。

石垣の画像
滋賀県彦根城の石垣
石垣の画像

いしがき【石垣】


いしがき【石垣】

読み方:いしがき

京都市石垣町のこと。東山区宮川町付近をいう。寛文10年(1670)鴨川に石垣で護岸工事をしたところからの名。色茶屋多かったいしがけまち


いし‐がけ【石崖/石垣】

読み方:いしがけ

いしがき」に同じ。


石垣

作者吉野せい

収載図書吉野せい作品集
出版社弥生書房
刊行年月1994.8


石垣

作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 7
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.6


石垣

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第11巻 侘助引越やつれ
出版社筑摩書房
刊行年月1998.8


石垣

作者木屋

収載図書新樹山手樹一郎生誕102年記念
出版社小池書院
刊行年月2002.2


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 富山県魚津市


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 三重県鈴鹿市


石垣

読み方:イシガキ(ishigaki)

所在 沖縄県石垣市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

石垣

読み方:イシカキ(ishikaki)

所在 鹿児島県(JR指宿枕崎線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

石垣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 16:44 UTC 版)

石垣(いしがき、英語: stone fence、stone wall)は、を組み上げて作られた、もしくはのこと。「石積み」「石塁せきるい」も同様に用いられる。


  1. ^ 森本繁 『村上水軍全紀行』( 新人物往来社、 2009年) pp.54 - 55.甘崎城は、鎌倉期の島城で、瀬戸内海の水軍城としては、国内最古。
  2. ^ a b c d e 田淵実夫『石垣』(法政大学出版局、1975年)176頁
  3. ^ a b c d 田淵実夫『石垣』(法政大学出版局、1975年)177頁
  4. ^ Hyslop, John. Inca settlement planning. Austin: University of Texas Press, 1990. ISBN 0-292-73852-8 pp.11-12
  5. ^ Vergara, Teresa, “Arte y Cultura del Tahuantinsuyo”, p.317
  6. ^ Gasparini, Graziano and Margolies, Luize. Inca architecture. Bloomington: Indiana University Press, 1980. ISBN 0-253-30443-1 pp.78
  7. ^ 三ツ寺遺跡
  8. ^ 三浦正幸 『城のつくり方図典』 (小学館、 2005年)
  9. ^ 村田修三「中世城郭とは」(『講座 日本技術の社会史 第六巻 土木』日本評論社、1984年)
  10. ^ 中井均「織豊系城郭の画期-礎石建物・瓦・石垣の出現-」(村田修三編『中世城郭研究論集』新人物往来社、1990年)
  11. ^ 加藤理文編 『城の見方・歩き方』( 新人物往来社、 2002年)
  12. ^ 北川建次・関太郎・髙橋衞・ 印南敏秀・佐竹昭・町博光・三浦正幸編集委員『瀬戸内海事典』( 南々社、 2007年)
  13. ^ 日本の城づくり | Trace 「トレース」
  14. ^ 島原城石垣を正確に復元 12年に豪雨で崩落
  15. ^ 城郭石垣の断面形状と安定性評価
  16. ^ 城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害
  17. ^ 城の石垣、木の根で崩落 各地で膨らみ押し出す被害”. 朝日新聞デジタル (2012年2月8日). 2012年2月9日閲覧。
  18. ^ 吉田城石垣のはらみ進行か”. 東日新聞 (2012年2月4日). 2012年2月9日閲覧。
  19. ^ 弘前城が動く


「石垣」の続きの解説一覧

石垣(いしがき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 22:53 UTC 版)

ハンマーセッション!」の記事における「石垣(いしがき)」の解説

男子生徒柔道部所属している。練習熱心だが、成績は悪い。

※この「石垣(いしがき)」の解説は、「ハンマーセッション!」の解説の一部です。
「石垣(いしがき)」を含む「ハンマーセッション!」の記事については、「ハンマーセッション!」の概要を参照ください。


石垣(いしがき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 16:44 UTC 版)

占守型海防艦」の記事における「石垣(いしがき)」の解説

仮称第12号艦」。1941年昭和16年2月15日三井造船玉野竣工1944年昭和19年5月31日アメリカ潜水艦ヘリング」の雷撃を受け沈没

※この「石垣(いしがき)」の解説は、「占守型海防艦」の解説の一部です。
「石垣(いしがき)」を含む「占守型海防艦」の記事については、「占守型海防艦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「石垣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「石垣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



石垣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石垣」の関連用語

1
94% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

石垣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石垣のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2023 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石垣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハンマーセッション! (改訂履歴)、占守型海防艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS