防塁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 防塁の意味・解説 

ぼう‐るい〔バウ‐〕【防塁】

外敵を防ぐためのとりで。


防塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 02:24 UTC 版)

防塁(ぼうるい)は、日本のの一形態である。沿岸、国境線、尾根などに土塁石垣(石塁)、空堀水堀、さらに塹壕などを平行線状に築いた防御構築物である。




  1. ^ 萩における武家の子女が総動員で構築したという伝説があることから女台場ともいわれる
  2. ^ 下関戦争では敵軍が上陸して、防衛手段を持たない長州藩の砲台を占拠している


「防塁」の続きの解説一覧



防塁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「防塁」の関連用語

防塁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



防塁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防塁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS