再利用とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 再利用の意味・解説 

さい‐りよう【再利用】

読み方:さいりよう

[名](スル)一度使用したものを、別の機会に再び利用すること。再使用。「裏紙メモ用紙として—する」→リユース

「再利用」に似た言葉

再利用(さいりよう)

廃棄物用途を問わず再び用いることをいう。

(例:製造工程使用済みとなった硫酸廃水処理の処理薬品として使用する。)


再使用

(再利用 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 00:11 UTC 版)

再使用(さいしよう)は、一度使用された製品、もしくは製品の一部のモジュールや部品をそのまま使うこと(修理を伴うことも含む)をいう。リユー (Reuse) ともいう[注 1]


注釈

  1. ^ [riju:s]であるのでリユーではない
  2. ^ 例 : IT機器
  3. ^ 例 : 旧車としての価値を持たない低年式車
  4. ^ 例としてはカーエアコンに利用されたフロンなど
  5. ^ 容器に商品となる液体を詰めなおすこと

出典

  1. ^ 一般社団法人日本リユース機構(JRO)日本リユース業協会(JRAA)一般社団法人ジャパンリサイクルアソシエーション(JRCA)の3団体



再利用(リユース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:50 UTC 版)

ビール瓶」の記事における「再利用(リユース)」の解説

日本の大手メーカー取り扱ビール瓶多くデポジット制リターナブル瓶であり、回収後に洗浄され再利用(リユース)される。再利用期間はおおむね8~10年ほどであり、使用耐えられなくなったリターナブル瓶は、使用済みのワンウェイ瓶と同様カレット加工され茶色瓶の原料として利用される。 同容量でも数種類の瓶が流通しており、大瓶アサヒビールサッポロビールサントリーが瓶を共同利用している。このために、たとえばアサヒの瓶にはラベルの少し上部の表面に、アサヒマークを模様した突起部位があるが、この瓶にサッポロサントリーラベル貼られて流通する現象もあった。 また、長年に渡り首位キープしていたキリンビールは、ラベル上部位に黄色字でカタカナ社名とキリンマークが印刷されていたり、瓶上部のくびれ部位すらっとした独自仕様の瓶を使い単独(決して他各社ラベル貼られることはなかった)で流通している。またこの独自路線象徴するように、ビールメーカとしては唯一の富田製壜工場1938年竣工2002年8月閉鎖山口県周南市)」を所有し自社供給していたが、缶ビール登場流通量激変したために現在は、独自の仕様変えることなく外部の製壜メーカーから供給されている。 そのほかに現代で主要五大メーカとして報道などでも名前の出る、主に沖縄県内で流通するオリオンビール瓶などがあり、各々異な回収ルート再利用される。またキリンハートランドビールや、サントリー小瓶アサヒのスタイニーボトルやスーパードライなどの専用瓶にも、リターナブル扱いものがある日本では液体商品満たした場合正しい量となるよう法令規格に従って製造された透明または半透明ガラス製容器を「特殊容器」といい、これらのリターナブル瓶ビール瓶も特殊容器とされている特殊な事例として、結婚式場ホテルなど慶事を催す事業体に向けては、特に新品の瓶を使用した商品配送する場合もある。なお、クラフトビールはほとんどがワンウェイ瓶である。

※この「再利用(リユース)」の解説は、「ビール瓶」の解説の一部です。
「再利用(リユース)」を含む「ビール瓶」の記事については、「ビール瓶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「再利用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

再利用

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:58 UTC 版)

名詞

 利用さいりよう

  1. 一度使用した物を再び利用すること。

発音(?)

さ↗いり↘よー

類義語

動詞

活用

サ行変格活用
再利用-する

「再利用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

再利用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



再利用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの再使用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビール瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの再利用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS