カレットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > くず > カレットの意味・解説 

カレット

破砕された状態のガラスをいう。自治会地域団体自主活動酒販店小売店からの回収等のルートにて回収されるリターナブルびんとして再使用乗るびん以外は、最終的にカレットにて処理販売される。自治体による分別収集場合資源プラント搬入されたびんは白色、緑等にいろ選別されて、カレット商に引き取られた後、メーカーにてびんの原材料として使用される。

カレット

 ガラス原料として使用されるびんくず、ガラスくず全般をカレットという。

 ガラスびん生産するときに使用されるカレットの割合60程度となっている。最近では道路カラー舗装用材料として使われることもある。


カレット

名前 CaretteCarretto

カレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/23 00:50 UTC 版)

カレット:Cullet・→Glass recycling)とは、ガラス製品(ソーダ石灰ガラス)をリサイクルする際に、いったん破砕した状態の「ガラス屑」のことである。広義では、破砕される前の廃ガラス製品(空きびんなど)も指す。




「カレット」の続きの解説一覧



カレットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カレット」の関連用語

カレットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カレットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカレット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS